お金を借りるところを”ぜんぶ”紹介!お金を借りる方法を簡単に探せる完全攻略MAP

お金を借りたいと考えている方へ、最適な方法を見つける方法について解説します。

突然お金が必要になってしまったものの、「どこから」「どのように」「どんな条件で」お金を借りれば良いのかがわからない、と頭を抱えているのではないでしょうか?

結論からお伝えすると、お金を借りるための方法は数多く存在します。
例えば、収入証明不要で即日融資をしてもらえるカードローンは、今回この記事でご紹介するお金を借りる方法の1つです。

「お金を借りるための最適な方法はなんだろう?」

「自分の条件で問題なくお金が借りられる方法を知りたい」

「いますぐ現金が必要なんだけど、どの方法が最適かな?」

お金の借り方に関して、このような悩みを徹底的に解決する記事になっています。

この記事でわかること
  • お金を借りるための最適な方法
  • 種類別!お金を借りる方法と条件
  • 最短即日で融資を受けるための方法
  • 申し込みの成約率をあげるためのコツ
  • 無職でもお金を借りることは可能?可能です
お金借りる編集部

ご自身の状況にぴったりなお金を借りる方法について、わかりやすく解説していきます。

目次

お金を借りる方法を徹底的に紹介!5つ全ての特徴を解説

お金を借りる方法は数多く存在します。

大きく分けると下記の通り、5種類程度に分けることができます。

  1. 担保ありの借入
  2. カードローン
  3. クレジットカード付帯のキャッシング枠
  4. 国からお金を借りる公的融資制度
  5. 親族や友達に頼み込む

このようなお金を借りる方法は、それぞれの定められた条件のもと融資を行っています。

例えば「連帯保証人を立てること」「審査に通ること」「収入証明ができること」など、条件はそれぞれ違います。

それでは、上記5つの方法に関する条件を詳しくみていきましょう。

即日でお金を借りられるのは2種類の方法だけ!

お金の借入をするためには、審査を受ける必要があることがほとんどです。
審査には一般的に1〜2週間程度かかり、即日で融資を受けるのは難しいことが多いです。

即日でお金を借りられる方法は、2種類です。

  1. 担保ありの借入
  2. カードローン

それぞれに特徴があり、状況によって借入しやすさや利用しやすさが変わります。

担保ありの借入とカードローンについて、順番に詳しく紹介していきます。

担保ありの借入は審査なし・連帯保証人は必須

担保ありの借入は、価値のあるものを担保として預けることで、かわりにお金を貸してもらう仕組みです。

「担保ありで借入をする方法」は、主に下記の3種類があげられます。

  • 質屋:ブランド品や貴金属等の価値の高いものを担保にする
  • 郵便局:担保定期貯金、担保定額貯金を担保にする
  • 保険:生命保険や学資保険、養老保険の解約金を担保にする

このような方法でお金を借りる場合は、審査を受ける必要がありません。

例えば、価値のあるバッグを質屋に預ける代わりにお金を貸してもらうことができます。
お金を返せば、バッグを返してもらうことができる仕組みになっています。

そもそも価値のあるものを持っていることが「担保ありで借入をする方法」の条件になります。

とは言え、借入できる金額は商品の価値の8割り程度であることが一般的です。
つまり、15万円のバッグを質屋に預けても、借りられるのは11〜12万円程度になることが予想されます。
ほとんどの場合に大きくても10万円前後までの借入が可能になるので、大きな額を借りる必要がないときに便利な方法になります。

無職や金融関係に問題がある人でもお金を借りることは可能?

お金を借りる場合、必ず審査があるものだと思っているかもしれません。
実は、担保ありの借入をする場合、審査無しでもお金を借りることができます。

つまり、無職の人や金融関係に問題を抱えているような、社会的に信頼度が低いと判断されてしまう人でもお金を借りることは可能です。

担保ありの借入をする際の特徴は以下の通りです。

担保ありの借入の特徴
  • 年収や勤続年数を確認されない
  • 借入まで時間がかからない(最短当日中も可能)
  • 損害は担保により保証される

担保をして借入をする場合、万が一お金が返済できなくなった場合にも担保が保証の役割を担います。

担保があるため収入証明をする必要がないのが、担保ありで借入をすることの特徴です。

ただし、年収などを気にする必要がないのがメリットである一方、連帯保証人をたてる必要がある部分が注意点と言えます。

担保ありでお金を借りる場合:連帯保証人とは?

連帯保証人とは、借主がどうしてもお金を返せなくなった場合に肩代わりをして借入金を返済する人のことです。

万が一借入した本人が逃げてしまった場合や、何らかの理由で返済が不可能になった場合に備えて連帯保証人をたてます。

質屋など審査なしでお金を借りる場合には、親や兄弟、友人などに連帯保証人になってもらうようにお願いをする必要があります。

他人を勝手に連帯保証人にすることはできないので、借金をすることが必ずバレてしまうのが懸念点です。
連帯保証人に関する相談をしたことがきっかけで相手と不仲になってしまうなどの可能性も考えられるので、担保をしてお金を借りる場合には慎重に行動に出るようにしましょう。

お金を借りるポイント
  • 連帯保証人をたてる必要がなく、即日融資が可能な方法としてはカードローンがあります。

一定額以内であれば審査がないものも多いので、審査があると難しいという人はカードローンから考えてみることをオススメします。

担保ありの借入は、最終手段として覚えておくと良いです。

カードローンについては下記で詳しくお伝えしています。

生命保険/終身保険/養老保険を担保にお金を借りる

生命保険に加入している人は、生命保険として積み立ててきた解約返戻金でお金を借りることができます。

このような契約者貸付制度では、解約返戻金の範囲内でお金を借りることが可能です。

つまり、支払った金額によって借りられる金額が決定します。

契約者貸付制度の特徴
  • 借りられる金額は支払った保険料の範囲内
  • 積み立てたお金から借りるため審査はなし
  • 連帯保証人が必要
  • ほとんどの場合ネットから手続き可能
  • 保険会社から余計な連絡がくることもない

支払った金額内で契約者貸付制度を利用することになるため、審査を受ける必要はありません。

一方で、連帯保証人をつける必要があるため、家族や友人に頼れる人がいない場合には難しいでしょう。

窓口以外にもネットや電話、郵送での申し込みが可能な保険会社は多いです。

このように、多くの保険会社がネットからの借入申し込みに対応しています。

郵便物などが届く心配もないため、家族に黙って借入をすることも可能です。

インターネットから簡単に契約者貸付の手続きができるようになっているため、自宅や勤務先から借入を開始できます。

ただし、連帯保証人がいない場合には契約者貸付の手続きはできません。
下記でご紹介するカードローンは、連帯保証人が不要で、条件によっては審査も不要になるので、ご検討下さい。

いますぐお金を借りられるのはカードローンだけ!

「即日でお金が必要」という人や、「融資まで1週間も待てない」という人は、カードローンを選択するのが最適です。

他の借入方法では、即日で融資を受けるのは難しいです。

お金借りる編集部

まずはカードローンについて詳しくお伝えしていきます。

カードローンとは?

カードローンでは、担保ありで借入をする場合とは違い、連帯保証人をたてる必要がありません。
他人に迷惑をかけることもなければ、他人に見つかることもなくお金を借入できるのがカードローンの特徴です。

カードローンを運営している企業(消費者金融)からお金を借り入れ、返済していく流れになります。

下記でご紹介する「クレジットカード付帯のキャッシングサービス」よりも金利が低いため、返済する金額をおさえることができるのがメリットです。(金利については下記で詳しく説明しています)


また、クレジットカード付帯のキャッシングサービスでは即日利用ができません。

カードローンの特徴
  • クレジットカード付帯のキャッシングサービスより金利が低い
  • 即日、最短30で審査が完了する
  • 申し込みから最短1時間後にはお金を借入できる
  • スマホ1台で申し込みから借入まで完結できる

消費者金融の例としては、CMでもおなじみの

などがあげられます。

  • 消費者金融は取り立てがこわい、などのイメージがある方もいるかもしれませんが、現代ではそのような心配は必要ありません。
  • 消費者金融は「賃金業法」に従って経営をする必要があるため、法外と言われる行為により取り立てが来ることはありません。

心配な方は、上記のような利用者が多い大手のカードローン会社を利用することで、安心して借入ができるのでオススメです。

金利とは?

お金の借入には、「金利」について知っておくことは必要不可欠です。

預金や貸し借りした資金に対する利子や利息の割合のこと。

引用:日本証券業協会

お金は無料で借りられるわけではありません。
お金を借りるということは、借りる額や期間に対して利子や利息を支払う必要があります。

利子とは?

それでは、利子とはなんでしょうか?

お金を貸したり、預けたりする際に生じる対価のこと。金融機関に預貯金としてお金を預ける場合や債券へ投資する場合等に発生する。

日本証券業協会

つまり、お金を借りることに対する感謝料を支払う必要があるということです。

利子はお金を返済する際に、借りた金額に上乗せして返す必要があります。

お金を借りる上では、金利の率が低く、利子が少ない方が、負担なく返済ができるというわけです。

カードローンでお金を借りるために必要なもの

本人確認や収入証明が必要になります。

それぞれ該当するものをご紹介していきます。

カードローンで「本人確認」に必要な書類

一般的に本人確認に必要な書類は下記の通りです。

本人確認に必要な書類
  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票/納税証明書/公共料金領収書
  • 顔写真付個人番号カード
  • 年金手帳
  • 顔写真付住民基本台帳

基本的にはこの中のうち1点、あるいは2点を求められることが多いです。
申し込みを決めたら、まずは上記の書類を最低でも1つは用意しましょう。

カードローンで「収入証明」に必要な書類

カードローンの場合、借入希望額によっては収入証明が必要になります。

下記のどちらかに該当する場合には、収入証明が必要となります。

収入証明が必要な場合
  • 借入希望額が50万円を超える場合
  • 他社借入額と合計で100万円を超える場合

ほとんどのカードローン会社が50万円を超える借入をする場合に収入証明を必要とします。

50万円に満たない額を借入したい場合には、収入証明をする必要はないことがほどんどです。

また、他社との合計で100万円を超える借入をする場合にも収入証明を用意する必要があります。
つまり、他社から40万円、新たに40万円を借入したい場合には合計で80万円の借入となるため、収入証明は必要ありません。

借入の件数や額については「個人信用情報機関」に情報が登録されています。
信用金融機関は、審査時に個人信用情報機関に登録されている情報を確認するため、虚偽の申請をしてもバレてしまいます。
複数のカードローン会社から49万円ずつ借りていてもバレない、という考えには意味がないので、嘘偽りのない額を記載して下さい。
尚、虚偽が発覚した場合にはブラックリストに入り、借入ができなくなります。

カードローンの収入証明として必要な書類を紹介します。
下記のうち1点を用意しておきましょう。

カードローンの収入証明に必要な書類

スクロールできます
源泉徴収票勤め先の会社から12月〜1月に発行されることの多い収入証明
給与明細勤め先の会社から受け取る収入証明。勤務先の名前、発行年月日や本人の氏名、月収が記載されています。
所得証明書市区町村役場あるいは税務署で取得できる収入証明。
確定申告
青色申告書
収支内訳書
1月〜3月に税務署に提出する書類。
市民税県民税額決定通知書勤め先の会社あるいは市区町村役場から主に5~6月に交付される収入証明。

ただし、必要な収入証明は申し込み先のカードローン会社によって規定が違います。
それぞれ利用希望のカードローン会社の指示に従って下さい。

事前に余裕を持って用意をしておくようにしましょう。

お金を借りるまでの流れと成約率をあげるポイント

お金を借りるためには、まず申し込みをする必要があります。
申し込みには複数の方法があります。

  • ネットで申し込む
  • 店頭で申し込む
  • 郵送で申し込む
  • 電話で申し込む

郵送以外の方法では即日融資も可能です。
ただし、店頭で申し込む場合には足を運ぶ時間が取られたり、審査が行われる時間を店頭で待つ必要があるため、ネットでの申し込みが一番効率的な方法だと言えます。

営業店に足を運ぶ場合や電話で申し込みをする場合には、営業時間を確認してから行くようにしましょう。
ネットでの申し込みの場合には24時間365日受付対応がされているので、ご自身のタイミングで利用しましょう。

郵送での申し込みは、手間がかかる上、融資がスタートできるようになるまでに時間がかかるのでオススメしません。

即日融資が必要な場合のポイント

当日中に融資が必要な場合、まずは落ち着いてネットから必要な個人情報を入力しましょう。

ネットでの申し込みが終わった後には、窓口に電話をして急ぎである旨・即日融資が必要な旨を伝えることで、優先的に審査をしてもらえる可能性が高いです。


はじめから電話申し込みをするのも良いですが、個人情報を口頭で伝える必要があるため、正確性に欠ける点や、途中で気が変わった場合にキャンセルしにくいなどの懸念点があります。

また、話をすることに慣れていない場合、話し方で不信感を持たれてしまうとマイナスポイントに繋がってしまうことも予想できます。

申し込み方法に迷ったら、WEB完結のネット申し込みをオススメします。

それでは具体的に、お金を借りるまでの流れを確認していきましょう。
ステップは多くないので、落ち着いて進めてみて下さい。

ネット申し込みの際の流れは以下の通りです。

  1. 申し込みをする
  2. 返済方法と本人確認
  3. 本審査の結果を待つ
  4. お金を引き出す/振り込んでもらう
STEP
ネット申し込みでお金を借りる流れ①:申し込みをする

申し込みたいカードローン会社のホームページにアクセスし、申し込みを開始します。

企業により、申し込み時に必要な書類や条件が違うので、自分にぴったりなカードローンを選びましょう。

選んだら、「ネット申し込み」や「カードローンえ申し込み」のボタンをクリックして進みます。

STEP
ネット申し込みでお金を借りる流れ②:返済方法と本人確認

申込者の情報を記入していきましょう。

  • 名前
  • フリガナ
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号
  • メールアドレス

このような一般的な内容を記入した後は、審査に関わる内容の記入をしていきます。

主に必要な情報は以下の通りです。

  • 住まい形態(一軒家・アパート・賃貸マンションなど)
  • 居住年数
  • 家賃/住宅ローン
  • 家族構成
  • 反社会的勢力に関する事項

尚、申し込み情報は審査時に重要です。
数字が間違っていると審査に落ちる原因になってしまうので、間違えないようにしましょう。

その後、勤務先についても情報を入力していきます。

  • 勤務先の名前
  • 勤務先電話番号
  • 勤務形態(パート/正社員など)
  • 年収
  • 給料日

審査に関わる重要な内容ですので、嘘偽りのない内容を記入する必要があります。

カードローンの申し込み時に勤務先や収入などの嘘の申告をしてしまうと、申し込みブラックの扱いを受けてしまいます。今後お金の借入ができなくなってしまう可能性があるので、必ず事実だけを申請しましょう。

申し込みカードローンの希望できる内容は以下の通りです。希望したい場合は必ず伝えるようにしましょう。

  • 利用限度額
  • 借入の受け取り住所
  • 利用の目的
  • 支払い口座
  • 返済日
  • 融資希望額
STEP
ネット申し込みでお金を借りる流れ③:本審査の結果を待つ

カードローン会社にもよりますが、申し込み後30分で審査が完了する場合もあります。

本審査では勤務先に電話がくるので、待機しておきましょう。
尚、勤務先が定休日で確認が取れない場合には、無職と同様であると判断されてしまいます。
会社が休みの日に申し込みをしたい場合には、勤務先の確認が不要なカードローンを利用することをオススメします。
職場の同僚や上司に借入を知られたくないという場合にも便利なので、在籍確認の不要なカードローンを検討してみましょう。
ただし、在籍確認をしない場合には審査が長引いてしまう可能性があります。


勤務先に電話がきても問題がないという場合であれば、在籍確認のある借入をするのも得策です。
在籍確認をされることで、審査がよりスピーディーに進みます。

審査結果はメールで来ることが多い

審査の結果はメールで届くことがほとんどですが、申し込み内容に確認事項がある場合には電話がかかってくる場合もあります。

審査に通過すれば、カードローンの利用が開始できます。

STEP
お金を借りる流れ④:お金を引き出す/振り込んでもらう

カードローンを利用すると、基本的に「お金を引き出す」ことと、「振り込んでもらう」ことができるようになります。

審査通過後には、カードを受け取れるようになるのが一般的です。

カードローン会社によってはカード無しで利用が開始できるWEB完結型カードローンもあります
このような場合には、指定の口座に希望した額が振り込まれます。
振り込まれたら、通常通り銀行からお金を引き出せるようになります。

カードを受け取る場合には、基本的に指定の住所に郵送される、あるいは店舗まで受け取りに行くことが多いです。

即日でお金を借りるためのコツを紹介!成約率を上げよう

「いますぐお金を借りたい」

「当日中に現金が必要」

という場合におさえておきたいコツがあります。

お金借りる編集部

事前に確認をして、確実に融資をしてもらいましょう。

即日でお金を借りるなら:午前中には申し込みを終わらせる

急いでいる場合には、午前中にネット完結申込みを住ませるのがコツです。
午後や1日の終わりに申し込みをするのは避けましょう。

自分の他に審査を受けたい人との兼ね合いで、混み合っている可能性も考えられます。

夜間にネット申し込みをする場合や、店舗営業のギリギリに駆け込んで申し込みをする場合、翌日にまわされてしまうのも無理はありません。

最短で30分で審査が可能なカードローン会社もありますが、必ず短時間で審査が終わるとは限りません。

お金借りる編集部

状況によっては最短で翌日になってしまうことも考慮して、午前中にサクッとネット完結申し込みを済ませてしまいましょう。

即日でお金を借りるなら:ネット申し込みが最適

当日中にお金を借りる必要がある人は、ネット完結の申し込みをするのが最適です。

ネット完結の申し込みには、スコアリングシステムと呼ばれる審査方法を導入し、時間を最小限に短縮して実行されます。
スコアリングシステムにより、AIが申し込み者の年収などの情報を数値化するため、人が手作業で判断するよりもスピーディーに審査が完了します。

お金借りる編集部

ネット申し込みをすることで、当日中に審査が完了する可能性が上がります。

即日でお金を借りるなら:電話で急いでいることを伝える

ネット完結申し込みが完了したら、そのまま電話にてオペレーターに急ぎである旨を伝えましょう。

多くのカード会社が、「急いでいると連絡をされた場合には優先して審査をおこなう」ことを明記しています。

例えばアイフルでは、「お急ぎのときの流れ」として下記を明記しています。

お申込みが完了後、【アイフル】カード申込・受付完了メールが届きましたら、お電話ください。

優先して審査を開始します。

オススメのカードローン会社5選

即日に利用できること、勤務先に在籍確認の電話がこないこと、ローンカードが自宅に送られてこないことなど、カードローンを利用するときに気になる部分は人それぞれ違うと思います。

このような点をふまえ、オススメのカードローン会社をご紹介していきます。

【アイフル】WEB申し込みなら郵送物無しで借入可能!

アイフルはカードローン会社の中でも申し込みが簡単で、申し込みから借入まで最短1時間で完了させることができるのが特徴です。

他社から融資を受けていない場合、50万円以下の融資なら収入証明は不要です。

アイフルの特徴
  • 融資時間:最短1時間〜
  • 審査時間:最短30分〜
  • 振り込み:24時間対応
  • 融資可能額:800万円以下
  • 無利息期間:最大30日間
  • 土日祝対応:可能
  • 金利:3.0%〜18.0%


無利息期間が30日間用意されているため、他社と比べても比較的おトクに借入ができます。

WEB申し込みをする場合には郵送物が届くこともなく、カードなしで借入ができるようになります。

借入をしていることが家族にバレたくない、という場合にもぴったりです。

最短60分で融資を受けることができるのも、大きな魅力の1つであると言えます。

【SMBCモビット】ネット申し込み後の電話で即日対応可能!

SMBCモビットでは下記の通り、急ぎ・即日融資をご希望の方に向けて明記しています。

最速での融資の流れ

ネットでお申込後、コールセンターへお電話ください

可能な限りスピーディーに融資を受けたいという方は、ネット申し込みの後に電話連絡で最短審査を受けられることを明記しているアイフルやSMBCモビットから申し込みしてみてはいかがでしょうか?

SMBCモビットの特徴
  • 融資時間:即日
  • 審査時間:最短30分
  • 振り込み:24時間対応
  • 融資可能額:800万円以下
  • 無利息期間:無し
  • 土日祝対応:可能
  • 金利:3.0%〜18.0%

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

お金を借りる場合、審査時に勤務先へ電話確認を必要とするカードローン会社も多いです。

しかし、SMBCモビットでは一定の条件を満たすことで、電話確認なしでカードローンをスタートさせることができます。

勤務先への電話確認が無しになる条件

  • 三井住友銀行/三菱UFJ銀行/みずほ銀行/ゆうちょ銀行いずれかの口座を保有している
  • 社会保険証/組合保険証など勤務先を証明できる
  • 免許証またはパスポートのコピーを提出できる
  • 源泉徴収票や確定申告などにより収入証明ができる

上記の条件をクリアしている場合、勤務先への電話確認が無しの「WEB完結申込」が可能になります。

満たせない場合には、勤務先への確認の電話がかかってくる一般的な申し込みをすることになります。

【プロミス】上限金利が低くて安心!

上限金利が17.8%と、他社と比べて低く設定されています。

金利が低いと返済額をおさえることができるため、気にしておきたいポイントの1つです。さらに、最大30日間の無利息期間を好きなタイミングで利用できるのが魅力です。

無利息ということは言葉の通り、期間中に返済すれば利息がなしになるということ。

一般的なカードローン会社では、契約を開始してから30日間の無利息期間が自動的に始まってしまいます。

返済できるタイミングに無利息期間を適応させることができるため、お金を借りても損を最小限におさえることができます。

プロミスの特徴
  • 融資時間:最短1時間〜
  • 審査時間:最短30分〜
  • 振り込み:24時間対応
  • 融資可能額:500万円以下
  • 無利息期間:最大30日間
  • 土日祝対応:可能
  • 金利:4.5%〜17.8%

無利息期間を自由に設定できるため、契約をしてからすぐに焦り始める必要がありません。
特に無利息期間中の30日以内に返済できる予定がある人は、ひとまず契約をしておいて問題がないと言えます。

また、成約率も44%以上と、ほとんどアイフルと並んでいます。
利用者も130万人以上の実績を誇っていることもあり、安心して審査を受けられるカードローンです。

アプリも充実しており、ローンカードがなくてもアプリを持っているだけで簡単に申し込みから返済を完了することができます。

【アコム】圧倒的な利用者の数を誇るカードローン!

三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にあたるアコムのカードローンは、CMでも知られている通り「はじめてのアコム」として、カードローンを初めて利用する方でも始めやすいのがポイントです。

借入前の簡易3秒診断」を用意しているため、借入が可能かどうかをその場で診断できるのも魅力です。

アコムの特徴
  • 融資時間:最短1時間〜
  • 審査時間:最短30分〜
  • 振り込み:24時間対応
  • 融資可能額:800万円以下
  • 無利息期間:最大30日間
  • 土日祝対応:可能
  • 金利:3.0%〜18.0%

アコムの利用者数は148万人と業界の中でもトップをほこり、多くの人が使っているカードローンを利用したいという人にもオススメです。
はじめてのカードローン会社として選ばれることが多いということもあり、審査の通過率は44%以上と、約2人に1人が通過しているのもポイントと言えます。

全国には900以上のアコム店舗があり、自動契約機「むじんくん」もからすぐにカードを発光できるように工夫がされています。
即日発行が可能なだけでなく土日祝日も対応しているので、審査に通った後にも利用しやすいのがメリットです。

【レイクALSA】無利息期間が長いのが魅力!

無利息期間が全額に対して最大で60日間、5万円以下であれば最大で180日間と、業界最長の無利息期間を誇っています。

ネットからの申し込みは24時間対応可能で、初回の借入であれば審査を通過した後にそのままスマホで振り込み融資を受けることができるのもポイントです。
ネット申し込みなら、審査時間も最短30分に短縮されるため、即日で借入がしたい人にもオススメのカードローンです。

レイクALSAの特徴
  • 融資時間:最短1時間〜
  • 審査時間:最短15秒で簡単審査の結果表示可能
  • 振り込み:24時間対応
  • 融資可能額:500万円以下
  • 無利息期間:最大60日間(全額)あるいは180日(5万円まで)
  • 土日祝対応:可能
  • 金利:4.5%〜18.0%

無利息期間については、自分で決めることができます。
利用額や返済回数によって、より損のない借り方が変わります。

例えば5万円を借りる人であれば、180日間利息0円サービスを選択することで、無駄を最小限におさえられます。

最大60日間利息0円を選択することもできるので、ご自身のプランにぴったりなものを選んでみて下さい。

どのプランを選べば良いのかわからない!という人に向けて、「無利息シュミレーション」が用意されています。

ご自身の借入予定額を入力し、最適なプランを見つけてみて下さい。レイクALSAは少額の借入を考えている人が利用をするのにぴったりなカードローンです。

※尚、即日対応が可能と記載がされていても、状況によって翌日以降の対応になる可能性があります。

お金借りる編集部

即日で必要な場合には、当日の午前中までには申し込みを済ませることを強くオススメします。

タイプ別!利用すべきカードローン社

結局自分にはどのカードローンが最適なのかがわからない、という人に向けて、タイプ別にお伝えしていきます。

  • SMBCモビット:周りの人に借入がバレたくない人
  • プロミス:利息を可能な限りおさえたい人/スマホだけで借入を完結させたい人
  • アイフル:年収が低い人/職が安定していない人/消費者金融で滞りがあった人
  • アコム:クレジットカードもあわせて発行したい人
  • レイクALSA:比較的長期間で無理なく返済していきたい人

ご自身にぴったりだと思うカードローンの審査を受けてみて下さい。

どうしても迷ってしまうという方は、プロミスを選ぶことをオススメします。

プロミスを選ぶ理由
  • 最高金利が低いので少額から安心して借りられる
  • 最大30日間無利息になる
  • 審査が最短で30分で完了する
  • カードは三井住友銀行のローン契約機で簡単発行が可能
  • 女性にはレディースキャッシングサービスあり

プロミスには、大手カードローン会社の中で唯一「ポイント」が貯められます。

利用をした結果、損をしないカードローンが組めるのは、プロミスにしかないおトクポイントです。

ポイントはポイントサービスへお申し込みをしてログインしたり、プロミスから定期的に来るお知らせを確認するだけで溜まっていきます。

お金借りる編集部

プロミスは最大30日間の無利息サービスがついているため、定期的にお金を借りる予定という人にもオススメです。

銀行カードローンでお金を借りることも可能

上記では消費者金融(カードローン会社)からお金を借りる方法をみてきました。
消費者金融以外にお金を借りやすい方法としては、「銀行カードローン」があります。

銀行カードローンの特徴
  • 低金利で融資が受けられる
  • 利息が増えにくい
  • 即日での利用ができない

消費者金融での金利は3.0%〜18%であることが多いことに対し、銀行カードローンの場合には1.5%〜15.0%と、適用利率が低いことが特徴です。

銀行カードローン金利
三井住友銀行1.5%~14.5%
三菱UFJ銀行1.8%~14.6%
楽天銀行1.9%~14.5%
みずほ銀行2.0%~14.0%
りそな銀行3.5%~13.5%

他の借入方法と比べて金利が低く、おトクに借りられるのが何よりのメリット部分であると言えます。

ただし、銀行カードローンを利用する場合に注意したい事項もあります。

銀行カードローン利用時の注意点
  • 即日利用ができない
  • 審査が難しい

現在、銀行は審査をする際、警視庁のデータベースを参考にするようになりました。

新規の個人向け融資に関する審査を厳しくすることを決めたのと同時に、即日での融資を取りやめました。

これにより、審査が厳しくなっただけでなく、融資をスタートしてもらうまでに時間がかかるようになりました。

例えば、みずほ銀行が融資を考えている場合、申込日から数えて7日を必要とします。
他の銀行の場合には、最短で翌営業日に融資が開始できるようになっているため、土日祝日の融資は不可となります。

オススメは楽天銀行スーパーローン!最短翌日に融資可能

「翌日に融資をしてもらえるなら、金利の低い銀行カードローンが良いな」と思っている方なら、オススメは「楽天銀行スーパーローン」です。

楽天銀行スーパーローンは24時間365日、WEB完結で申し込みを受け付けています。

金利は1.9%~14.5%と、下限と上限ともに低めに設定されています。

楽天銀行スーパーローンの特徴
  • 融資限度額:10万円〜800万円
  • 郵便物:無し
  • 無利息期間:最大30日間
  • 担保や連帯保証人:不要
  • 土日祝日の申し込み:可能
  • 融資までの時間:最短翌日
  • 審査時間:最短翌日

消費者金融が即日に融資可能なことをふまえると、最短の融資可能日が翌日である部分がマイナス点と言えます。

ただし、融資が翌日以降になっても構わないなど、緊急性を要していない場合は、金利が低く安定している楽天銀行スーパーローンはオススメの選択肢です。

最短翌日の融資はWEB申し込みをすることで対応しています。

入会金も無料、ATMから借入が可能なので、スムーズに利用し続けることができます。

消費者金融のカードローンと銀行カードローンどっちがオススメ?

消費者金融の提供するカードローンと銀行カードローンは、利用者のニーズにより最適な選択肢がわかれます。

状況に応じて、より自分にぴったりな方を選択してみてください。

消費者金融のカードローンがオススメな人
  • 可能な限りはやく融資を受けたい人
  • 今まで滞納をしたことがある人
  • 土日にも融資を受けたい人
  • 可能な限り高確率で融資を受けたい人


消費者金融のカードローンは銀行カードローンと比較すると、金利が高めに設定されているのは懸念点です。

しかし、今すぐに融資が必要な場合や、土日祝日に融資が必要な場合、今まで家賃や携帯料金を滞納をしてしまった場合には、銀行カードローンから融資を受けるのは難しいと言えます。

このような場合には、金利の低めな消費者金融によるカードローンを利用するのが良いでしょう。

銀行カードローンがオススメな人
  • 収入が安定していると判断される自信がある人
  • 即日に融資を受ける必要はない人
  • 今まで滞納をしたことがない人
  • 他の銀行や消費者金融から融資を受けていない人
  • 厳しい審査でも通過する自信がある人

銀行カードローンは低金利でおトク感の強い借入方法の一つと言えます。

今すぐに融資を受ける必要がない人や、安定して収入がある人、厳しい審査基準でも通過する自信のある人は、金利の低い銀行カードローンを利用することをオススメします。

お金を利用する用途も自由なので、遊ぶためのお金を借りたいという場合にも利用しやすいです。

クレジットカード付帯のキャッシング枠

クレジットカードの「キャッシング枠」を利用して、現金をおろすことも可能です。

キャッシング枠は、通常利用するショッピング枠とは別に設けられているため、キャッシング枠専用の審査に通過していない場合は利用できません。

一般的なクレジットカードの利用方法は、ショッピング時のキャッシュレス決済を目的としていると思います。

これは、クレジットカードの「ショッピング枠」を利用していることになります。

このような利用目的のクレジットカードの場合、キャッシング枠を設定していない場合にはクレジットカードから現金をおろすことはできません。

一方で、クレジットカードのキャッシング枠を準備しておくことで、ATMからお金をおろすことが可能になります。

多くのクレジットカードにキャッシング枠が用意されているので、審査に通過することで誰でもキャッシングを使って現金をおろせるようになります。

クレジットカード付帯のキャッシング枠とは?

クレジットカード付帯のキャッシング枠は、なぜ審査を受けなくては利用できないのでしょうか?

理由は、賃金業法により基づいて融資を行う必要があるからです。

貸金業法とは

貸金業法は、消費者金融などの貸金業者や、貸金業者からの借入れについて定めている法律です。

近年、返済しきれないほどの借金を抱えてしまう「多重債務者」の増加が、深刻な社会問題(「多重債務問題」)となったことから、これを解決するため、平成18年、従来の法律が抜本的に改正され、この貸金業法がつくられました。

引用:金融庁

つまり、借金をしすぎて返せなくなってしまう利用者が出ないように、カード会社から利用者を守るための法律として定められていることがわかります。

このような賃金業法により、キャッシング枠の審査を受けることで借入金の上限が定められます。

審査では、利用者の今までの支払い状況や属性をもとに、限度額を定めていきます。

クレジットカード付帯のキャッシング枠の上限とは?仕組みについて解説

クレジットカード付帯のキャッシング枠に定められる上限は、ショッピング枠のなかに設けられます。

例えば、クレジットカードのショッピング枠に定められた上限が100万円で、ショッピングに60万円を利用してしまった場合、キャッシングで利用できるのは残りの40万円になります。

逆に、キャッシングで60万円を利用した場合には、ショッピングができる額が40万円までになる仕組みです。

クレジットカード付帯のキャッシング枠を利用することのメリット

クレジットカード付帯のキャッシング枠は、どんな人の利用が適しているでしょうか?

クレジットカード付帯のキャッシング枠を利用するメリット
  • 審査を通過していればいつでもキャッシング利用ができる
  • 少額が必要になったときに引き出せる
  • クレジットカードしか持っていないときに現金が必要になっても安心
  • 海外でもATMから現地通貨を引き出せる

特徴についてそれぞれ解説をしていきます。

クレジットカード付帯のキャッシング枠の特徴①:審査を通過していればいつでもキャッシング利用ができる

クレジットカード付帯のキャッシング枠の審査を通過していれば、急に現金が必要になった場合にもキャッシング枠を利用することができます。

焦って審査を受け、ハラハラして結果を待つ必要がありません。

普段は利用する予定がなくても、万が一のときのために審査を通過しておくと良いでしょう。

「クレジットカードで支払う予定だったけど、現金しか受け入れてもらえないお店だった!」という状況にも、落ち着いて対応することができるはずです。

クレジットカードをお守りのように持ち歩くのも良いです。

クレジットカード付帯のキャッシング枠の特徴②:少額が必要になったときに引き出せる

下記で詳しくお伝えしていきますが、クレジットカード付帯のキャッシング枠は銀行カードローンと比べて金利が比較的高く、利用額が大きくなるほど金利が上がってしまいます。

とはいえ、消費者金融でカードローンを始めたり、銀行カードローンを始めるのは大袈裟だと感じる人もいると思います。

そのような場合にも、利用の敷居が低いのがクレジットカード付帯のキャッシングサービスです。

  • 大きな額を借入する予定はない
  • 必要なときに少額だけ借入たい
  • 万が一のときに備えて利用枠を開けておきたい

このような人は、クレジットカードのキャッシング枠の審査を事前に受けておくと便利です。

また、利用可能額がショッピング枠内と定められているため、最大で数十万円単位での借入が可能になります。
数百万円単位でお金が必要な人には不向きです。

クレジットカード付帯のキャッシング枠の特徴③:クレジットカードしか持っていないときに現金が必要になっても安心

普段から荷物を減らして行動したいという人の中には、現金を持ち歩くのは嫌だという人もいらっしゃいます。

キャッシング枠のついているクレジットカードを1枚だけ持っていれば、とっさに現金が必要になった場合にも対応が可能になります。

カードローンを利用するとお金を使いすぎてしまいそうでこわいという人や、借入は少額までにおさえたいと考えいる人は、あえて比較的少額までしか借りられないクレジットカード付帯のキャッシング枠だけを利用することで制御するのも手です。

クレジットカード付帯のキャッシング枠の特徴④:海外でもATMから現地通貨を引き出せる

海外旅行時の治安を考慮して、なるべく大きな額の現金を持ち歩きたくないという人もいると思います。

クレジットカード付帯のキャッシング枠は、海外のATMでも日本での利用時と同様の流れで利用することが可能です。

せっかく海外旅行をしているのだから、気兼ねなく欲しいものを買って、食べたいものを試そう!と思っていたら現金が足りなくなってしまった、という経験がある人は多いと思います。

特に海外では、現金しか利用のできないお店も珍しくはありません。
反対に、現金が利用できないお店も増えている傾向にあります。

お金借りる編集部

どんな状況でも臨機応変に対応できるのが、クレジットカード付帯のキャッシング枠の強みです。

クレジットカード付帯のキャッシング枠!金利は高めです

クレジットカードを1枚持っていれば、キャッシュレス対応と現金対応どちらもできるという便利なクレジットカード付帯のキャッシング枠。

しかし、便利な一方で金利が高めに設定されているのが懸念点と言えます。

金利が高いため、クレジットカード付帯のキャッシング枠は大きな額をまとめて借入したいと考えている人にはあまりオススメできません。

クレジットカード名金利
三井住友VISAカード15.0~18.0%
エポスカード18.0%
ニコスカード14.94%~17.94%
JCBカード15.0%~18.0%
オリコカード15.0%~18.0%
dカード18.0%

消費者金融の金利率と比較をすると、あまり変わらないように思えます。

しかし、クレジットカード付帯のキャッシング枠を利用する場合には、お金を借りられるる額がショッピング枠までという制限があることや、キャッシング枠を利用しすぎてしまうと利用できるショッピング枠が減ってしまうことを考慮する必要があります。

消費者金融のカードローンを利用した方が自由度が高く、希望通りの金額を借りられる可能性が高いです。

クレジットカード付帯のキャッシング枠の利用にこだわりがないのであれば、消費者金融のカードローンの方が利用しやすいと言えます。

国からお金を借りる公的融資制度

国からお金を借りるための制度「公的融資制度」を頼るという手もあります。

公的融資制度では、収入の低い人を対象にお金を貸し出しています。

お金借りる編集部

公的融資制度には、大きく分けて7種類の制度が用意されています。

  1. 生活福祉資金貸付制度低所得世帯・障害者世帯・高齢者世帯向け
  2. 求職者支援資金融資制度失業者あるいは仕事を探している人向け
  3. 母子父子寡婦福祉資金貸付制度未成年の子供を扶養している配偶者のいない人向け
  4. 年金担保貸付制度年金だけでは生活するのが難しい人向け
  5. 緊急小口資金貸付制度生活費の維持が緊急な事情で困難となった人向け
  6. 教育一般貸付制度子供の入学金や留学資金などが必要な保護者向け
  7. 看護師等修学資金制度学費を支払いたいと考える看護師等養成施設学生向け

公的資金制度は、様々な状況で金銭面に困る人に向けて、それぞれの条件のもとお金の貸し出しを行っています。

公的融資制度の特徴
  • お金を借りられるまで最短1週間が必要
  • 無利子、低金利でお金を借りることができる
  • 様々な理由でお金に困っている人が頼れる

公的融資制度は国や自治体が営利を目的としないで運営している制度であるため、金利は年1.5%程度とかなり低めに設定されています。

一方で、お金を借りられるまでの期間が最低でも1週間と時間がかかるため、少しの間でも持ち堪えるのが難しいという状況の方には、公的融資制度を利用するのは難しいです。

いますぐにでも融資が必要という人の場合は、カードローンの利用が最適です。

それでは、上記でご紹介した7種類の公的融資制度についてそれぞれ詳しくご紹介します。

【生活福祉資金】多面的に活用できる公的融資制度

公的融資制度のなかで最も多面的に利用でき、多くの人が利用しているのが「生活福祉資金」です。

生活福祉資金の目的について、全国社会福祉協議会は下記のように定めています。

『生活福祉資金について

「生活福祉資金貸付制度」は、低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

引用:全国社会福祉協議会

つまり、社会復帰をするために必要な資金を一時的に貸している制度になっています。

生活福祉資金貸付制度によってお金を借りることができるのは、例えば下記のような人たちが当てはまります。

  • 無職になった人
  • 収入が少ない人
  • 子供の授業料を払えない人
  • 年金だけだと生活がきつい人
  • シングルマザー、ファザーの人
  • 介護用品にまつわるお金が足りない人

働いているかいないかに関わらず、生活が厳しい人を対象にお金を貸してくれるのが生活福祉資金貸付制度です。

失業等の理由で無職になった場合には、低所得者として申請をすることができます。

生活福祉資金貸付制度の特徴は、ほとんど無利子、低金利で借りることができることです。

【生活福祉資金貸付制度】国からお金を借りる4種類の制度

生活福祉資金貸付制度には、大きく分けて4種類が存在します。

総合支援資金生活を再建させる目的で一時的にお金を借りられる
福祉資金介護にまつわる費用など福祉に関する費用を対象にする
教育支援資金子供の授業料、入学費用など
不動産担保型生活資金生活費の他、冠婚葬祭にかかる費用など

それぞれについてさらに詳しくお伝えします。

総合支援資金

例えば、勤務先の会社が倒産してしまった場合や、突然急激に給料が下がってしまった場合、子供を一人で育てていくことが決まった場合など、生活を立て直すために必要なお金を貸しています。

総合支援資金の特徴
  • 生活が厳しく金利が一律で年1.5%
  • 目的によって上限が違う
  • 連帯保証人が必要
  • ハローワークで求職者登録をしている

金利は1.5%とかなり低く設定されいるため、返済費用が膨らみすぎることがないため安心して利用できます。

総合支援資金には、目的(用途)によって上限が設定されています。

目的は大きく3つに分けられて設定されています。

  • 生活支援金(生活再建のために必要なお金):月に15〜20万円
  • 住宅入居金(引っ越しや新しい住居に住む際の賃貸契約に必要な費用):最大40万円
  • 一時生活再建費(就職や転職のための技術習得費用):最大60万円

目的により、最適なものを選択して申し込みましょう。

例えば失業をしてしまった人で一時的に生活費が必要な場合には、生活支援金に申し込むことができます。ただし、総合支援資金を受けるためにはハローワークに求職者登録をしていることが条件になっています。

病気になってしまった人や、介護の必要がありすぐに働けないという人は、下記の「福祉資金」を利用してみてください。

福祉資金

福祉資金は、病気や介護によりお金が必要になった人を対象に、療養や介護費用を借りることができる制度です。

病気になってしまった場合の入院費用や手術費用、介護が必要になった場合の福祉用具の購入費用や介護サービスにかかる費用とするためにお金を借りることができます。

福祉資金は大きく分けて2種類存在します。

  • 福祉費(療養費用、介護費用、バリアフリーなどの住宅改善に必要なお金):最大580万円
  • 緊急小口資金(緊急的に生計を立てるのが困難になった場合の費用):最大10万円

福祉費には年1.5%の金利適用がされますが、連帯保証人がいる場合には無利子で融資を受けられるという条件があります。

一方で緊急小口資金の場合には、連帯保証人がいなくても無利子で融資を受けられます。

緊急的に10万円以下の費用が必要になった場合には、緊急小口資金を選ぶと良いです。

お金借りる編集部

緊急小口資金では、他の生活福祉資金貸付制度の中でもスピード感のある最短5日で融資を受けられるのもポイントです。

教育支援資金

子供の教育費が費用という場合に利用できるのが、「教育支援資金」です。

低所得世帯を対象に、子供が学校に入学するための資金や、授業料を支払うためにお金を貸す制度です。

教育支援資金には大きく分けて2種類が存在します。

  • 教育支援費(高等学校、高等専門学校、大学に修学するための費用):月に3.5万~6.5万円
  • 就学支援費(高等学校、高等専門学校、大学に修学するための費用):最大50万円

教育支援資金は無利子で利用することができます。

ただし、世帯内に連帯借受人がいることが条件になります。

連帯借受人

借受者と連帯して債務を負担する方です。原則として借受人の世帯の生計中心者となります。修学資金(高校進学)を例に取りますと申込者は高校に進学を希望する方で、原則として保護者の方が連帯借受人になります。

社会福祉法人相模原市社会福祉協議会

基本的には就学をする子供本人が借受人となり、世帯内で生計を立てる中心として働いている人が連帯借受人となります。

尚、子供が自分で申し込みをすることはできないため、必ず世帯内の生計中心者が資金の借りつけを行うことになります。

不動産担保型生活資金

今まで、失業した人、病気になった人、介護費用が必要になった人、教育費用が必要になった人それぞれの借入方法についてお伝えしてきました。

不動産担保型生活資金は、高齢者の方が生活資金を必要とする場合に利用できる制度で、所有している住居や土地を担保にすることで融資を受けられる仕組みです。

低所得な高齢者を保護することを目的にしている制度であるため、生活保護を受けていても利用が可能です。

金利は3%と少々高めで、限度額は不動産評価額の7割までと決められています。

不動産担保融資とは?

不動産担保型生活資金と似ているものとして、「不動産担保融資」があります。

どちらも不動産を所有している人であれば利用できる融資です。

徹底的に違う部分としては、不動産担保融資は安定した収入のある事業主が利用できる融資方法であることです。

また、不動産担保型生活資金は国や自治体が運営をしている制度であり、一方で不動産担保融資は銀行カードローンや消費者金融が運営している部分が違います。どちらも不動産評価額の7割ぶんまで融資してもらえる部分では同じです。

【求職者支援資金融資制度】失業者や仕事探し中に向いている公的融資制度

「求職者支援資金融資制度」とは、職業訓練受講給付金だけで生活をしていくのが困難である人が融資をしてもらえる制度です。

「職業訓練受講給付金(求職者支援制度)」は、雇用保険を受給できない求職者の方(受給を終了した方を含む)が、ハローワークの支援指示により職業訓練を受講する場合、職業訓練期間中の生活を支援するための給付を受けることができる制度です。

引用:厚生労働省

職業訓練受給給付金とは、ハローワークに求職者登録をしており、雇用保険被保険者や雇用保険受給資格者でない労働の意思がある人、などの条件をクリアした人が受けられます。

支給額は月額10万円で、この受給額では足りないという人が「求職者支援資金融資制度」の対象者となります。

貸付限度額については、世帯の状況によって変わります。

貸付限度額

・単身者の世帯の場合「月5万円×受講月数」
・配偶者あるいは子供がいる場合「月10万円×受講月数」

受講月数により上限額が変わっていきます。

例えば、受講月数が3月の単身世帯の場合には、5万円×3ヶ月で15万円が限度になります。

これに職業訓練受給給付金が追加されるため、合計で月に15万円が融資されることになります。

【母子父子寡婦福祉資金貸付制度】未成年の子供を扶養するひとり親の場合の公的融資制度

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度とは、ひとり親で未成年の子供を育てている家庭が経済と生活の安定を得られるように、必要な費用を融資する制度です。

資金の種類は12通り用意されています。

スクロールできます
資金の種類限度額利率
事業開始資金287万円〜432万円無利子(保証人無:年1.0%)
事業継続資金144万円無利子(保証人無:年1.0%)
就学資金4万8千円〜9万6千円無利子(連帯保証人/連帯借受人必須)
技能習得資金6万8千円〜81万6千円無利子(保証人無:年1.0%)
修業資金6万8千円〜46万円修学資金と同様
就職支度資金10万円〜33万円無利子(保証人無:年1.0%)児童にかかる貸付の場合は修学資金と同様
医療介護資金34万円〜50万円無利子(保証人無:年1.0%)
生活資金10万5千円〜14万千円無利子(保証人無:年1.0%)
住宅資金150万円〜200万円無利子(保証人無:年1.0%)
転宅資金26万円無利子(保証人無:年1.0%)
就学支度資金6万3千円〜59万円修学資金と同様
結婚資金30万円無利子(保証人無:年1.0%)

生活費や子供の教育費の融資を受けることができる制度になっています。

【年金担保貸付制度】年金だけでは生活するのが難しい人向けの公的融資制度

年金を担保にすることで、必要な費用として利用できるお金の融資をしてもらえるのが年金担保貸付制度です。

貸付限度額は10万円〜200万円までと幅広く、利用目的は生活必需品の購入から冠婚葬祭など、融資にふさわしいと判断された内容であれば借入対象になります。

ただし、生活費として食費や旅行などの目的とした借入は認められていません。

生活費が必要な場合には、上記でお伝えした「生活福祉資金」などを利用するか、カードローンやクレジットカード付帯キャッシング枠を利用しましょう。

【緊急小口資金貸付制度】生活費の維持が緊急な事情で困難となった人が使える公的融資制度

低所得者の世帯が比較的すぐに融資を受けられるのが「緊急小口資金貸付制度」です。
個人に対してではなく、世帯に対して支援をする制度なので、支援対象内であるかの判断は世帯の状態によります。

また、生活が難しくなった理由が、一定条件以内であることが求められています。

緊急かつ一時的に困窮している世帯が、資金の貸付によってその後の生活及び償還の見通しが立つ場合であって、一時的に生活困難となった理由が、定められた「貸付対象理由」に該当する場合に対象となります。

引用:社会福祉法人 台東区社会福祉議会

例えば、下記のような状況になってしまった際に利用が可能です。

  • 盗難にあった
  • 急に病気になってしまった
  • 介護が必要になった
  • 失業してしまった
  • 被災してしまった
  • 怪我をしてしまった

緊急性のあるケースで利用することができますが、実際に借入してお金を受け取るまでには最短でも5日程度かかります。

貸付限度額は10万円までとなっています。

緊急性があり、まとまった額が必要になった場合には、クレジットカード付帯のキャッシング枠やカードローンの利用をオススメします。クレジットカード付帯のキャッシング枠なら事前にキャッシング枠専用の審査を受けておくことでATMから現金を引き出すことが可能です。

カードローンであれば、50万円以下の希望額を審査なしで即日融資してもらうこともできます。

【教育一般貸付制度】子供の入学金や留学資金などが必要な保護者向けの公的融資制度

「生活費だけならなんとかなるけど、子供の教育費を支払うのが厳しい」と感じている家庭もあると思います。

「教育一般貸付制度」は、そのような家庭が子供の教育費を借りられる制度です。
奨学金との併用も可能です。

教育に関する費用にあてるためであれば、基本的にはどんな用途で利用しても問題がありません。

教育一般貸付制度の利用例
  • 入学費用
  • 留学費用
  • 受験料
  • 教材費
  • 宿泊費
  • 課外授業料

ただし、条件が2つ用意されています。

  • 子供が指定の学校(中学以上)に所属している
  • 保護者の年収が規定を下回っている

指定の学校とは、義務教育を終えた中学校以上を意味します。
高校・大学・専門学校・短大・海外学校などが当てはまります。

保護者の年収の規定については、子供の人数により世帯年収の規定が変わります。

子供の人数世帯年収(所得)の上限
1人790万円(600万円)※上限が990万円までに緩和される要件あり
2人890万円(690万円)※上限が990万円までに緩和される要件あり
3人990万円(790万円)
4人1,090万円(890万円)
5人1,190万円(990万円)

子供が2人以内という場合、年収の上限が緩和されることがあります。

条件は、下記9つのうち1つでも当てはまっていることです。

  1. 金属(営業)年数が3年未満
  2. 居住年数が1年未満
  3. 世帯のいずれかの方が自宅外通学(予定)者
  4. 借入申込人あるいはその配偶者が単身赴任
  5. 今回の融資が海外留学資金である
  6. 借入申込人の年収(所得)のうち、借入金返済の負担率が30%を超えている
  7. 親族などに「要介護(要支援)認定」を受けている方がいて、その介護に関する費用を負担している
  8. 大規模な災害により被災された方である
  9. 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、世帯の収入あるいは所得が減少した

一見贅沢なお金の使い道のように見える留学も、子供の将来のために融資をしてもらえる対象となっています。

ただし、金利は年1.66%かかります。
低金利で負担になりにくいとは言え無利息ではないので、計画性を持って借りるようにしましょう。

子供の教育費のためにお金を借りる必要がある場合には、カードローンなどを利用するよりも低金利でおトクに借りられることがほとんどです。

教育一般貸付制度を有意義に利用してみて下さい。

【看護師等修学資金制度】学費を支払いたいと考える看護師等養成施設学生向け

看護師等養成学校に在籍していて、将来的には看護師や准看護師として就職をする意思がある場合には、「看護師等修学資金制度」により融資を受けることが可能です。

制度の周知徹底 この制度は、貸与事業実施都道府県の区域内において業務に従事する保健師、助産師、看護師及び准看護師数の増加確保を図ることを目的として、養成施設在学中に修学資金を貸与し、かつ、所定の要件のもとに当該貸与金の返還の債務を免除することとしているので、これが主旨及び内容の周知徹底に努める等、この制度が十分活用され初期の目的を達成することができるよう格段の配意を願いたいこと。

引用:各都道府県知事あて厚生事務次官通知

著しい現象傾向のある看護師となる人材を確保するための取り組みであると言えます。

看護師等修学資金制度では、ある一定の条件を満たすことにより返済が免除されることになっているのが特徴です。

返済をしなくて良くなる条件
  • 自治体の指定する200床以内の病院で5年以上勤務していること

自治体の多くは、都道府県内にある200床以内の病院を指定します。

付与対象となるのは、下記の通りです。

  • 文部科学大臣あるいは厚生労働大臣あるいは都道府県知事が指定した養成施設に在学する人
  • 国内の大学院の修士課程あるいは同等以上と認められる国外の大学院の修士課程で看護に関する専門知識を修得しようとする人

給付される金額は下記の通りです。

保健師修学資金

  • 自治体立養成施設:月額 3万2千円
  • 民間立養成施設:月額 3万6千円

助産師修学資金

  • 自治体立養成施設:月額 3万2千円
  • 民間立養成施設:月額 3万6千円

看護師修学資金

  • 自治体立養成施設:月額 3万2千円
  • 民間立養成施設:月額 3万6千円

准看護師修学資金

  • 自治体立養成施設:月額 1万5千円
  • 民間立養成施設:月額 2万1千円

大学院修学資金(修士課程)

  • 国内大学院:月額 8万3千円
  • 国外大学院:月額 20万円
お金借りる編集部

指定された病院から5年間働き続ける職場を見つけるのはプレッシャーにはなるかもしれませんが、自分にあう職場を見つけられると良いですね。

親族や友人からお金を借りる

どうしてもお金を借りられる方法がない場合や、上記でご紹介してきた方法では難しい場合には、親族や友人からお金を借りるのも手です。利息の心配をする必要がなく、借りたぶんだけを返せば良くなることがほとんどなのがメリットです。

ただし、お金絡みの問題は関係を崩すことが多いと言われているのが現実です。
お願いをする相手は慎重に選びましょう。

相手からの信頼を失わないように、借りる理由を伝えておくことをオススメします。特に、「返せる見込みがある」ことを伝えておくことで、相手に安心感を与えることができます。

例えば、下記に意識してみて下さい。

  • 現在仕事を探していること
  • ハローワークに助けてもらっていること
  • 仕事をして返済できる見込みがあること
  • 返済プランも具体的に用意できること
  • 逃げないことが保証できる理由
  • 明確な返済日があること

普段から親しくしている間柄とは言え、簡単にはお金を貸せないものです。また、多くの場合に「借用書」を求められるはずなので、相手の希望を尊重して動くようにしましょう。

親からお金を借りる場合には贈与税に注意

親から年間で110万円以上のお金を借りる場合、贈与税の対象となるため注意をして下さい。

贈与税が課せられる条件は、「1年以上110万円以上の額を返さないこと」です。つまり、1年以内に返済ができる場合や、借りる額が110万円に満たない場合には、贈与税の対象にはなりません。

110万円以上の額が必要な場合には、友達を頼ることも視野に入れましょう。

その他のお金を借りる手段を紹介

上記では、主な5種類のお金を借りる方法についてご紹介してきましたが、その他にもお金を借りる方法は存在します。

お金借りる編集部

状況によっては上記でお伝えした方法以外の方がピッタリな可能性があります。あわせて確認をしてみて下さい。

自己破産をしてもお金は借りられる!生活サポート基金とは?

自己破産申請をしていると、金融会社からお金を借りることができなくなります。

そのような場合にも頼れるのが、「生活サポート基金」です。

東京都に拠点を置いている一般社会法人で、対象となるのは東京・埼玉・神奈川・千葉に住む人のみとなっているのが注意点です。

ただし、生活向上の意思がない場合には、融資をしてもらうことができません。

生活サポート基金にサポートしてもらえる条件
  • ・一時的に生活資金が必要な場合
  • ・債務整理に費用が必要な場合
  • ・子供の学費が必要な場合
  • ・生活を向上させて立て直す意思がある場合

貧困に困っているものの、生活を再建させる意思がある場合にサポートをしてもらえるシステムです。

貧困から抜け出した人が参加できる!グラミン日本

生活が厳しい人に向けて、低金利・無担保でお金をかし出している団体が「グラミン日本」です。

申込者がグループになって貧困を脱出すべく再建を目指す、助け合いシステムを導入しています。

グラミン日本の特徴
  • 働く意思がある人のみが参加可能
  • 5人1組でグループを作って助け合うことができる
  • グラミン日本橋事務所から1時間圏内に住んでいる人が対象
  • 家計を再建するためのトレーニングに参加できる
  • 現在の収入が最低生活費の1.8倍以内の人が参加可能

週に1回のペースで会合があるため、家計を再建するためのプログラムやトレーニングに参加することで、人と助け合いながら貧困を抜け出すことを目的にしています。

本当に緊急!そんなときは交番でもお金を借りられる

財布を落としてしまったり盗まれてしまった場合などの、緊急でお金が必要になった場合には交番にてお金を借りることもできます。

上限は1,000円となっているので、必要最低限の交通費として利用するイメージで借りましょう。

ただし、どこの交番でも借りられるわけではないのが注意点です。
財布を落としたり盗まれた場合には、近くの交番に届け出ることが多いと思います。

お金借りる編集部

万が一のときには交番を頼れるかもしれない、というように覚えておきましょう。

個人事業主や自営業でお金が借りたい場合はビジネスローン

個人事業主や自営業の方がお金を借りたいという場合には、ビジネスローンを利用するのがオススメです。

ビジネスローンは民間金融機関が展開をしており、民間金融機関が事業資金を借りたい個人事業主や中小企業に向けて展開しているローンです。

上記でご紹介してきた一般的なカードローンの場合、給料の安定していない個人事業主や利益の固定されない中小企業は審査に通りにくいという傾向があります。

お金借りる編集部

一方でビジネスローンを利用することで、事業資産を確保するためにお金を借り入れることができます。

ビジネスローンの目的は事業資産の調達サポートであるため、限度額も数千万円単位と高く設定されている場合があります。

さらに、最短で即日に融資が可能なことも珍しくありません。

ビジネスローン名限度額金利融資にかかる時間
アイフルビジネスファイナンス50万〜1,000万円3.1%~18.0%最短即日
PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)ビジネスローン最大500万円4.8%~13.8%最短1週間
りそなビジネスカードローン50万円〜500万円6.0%~14.0%最短1週間
スタービジネスカードローン50万円〜500万円6.5%~14.5%最短5日

例えばアイフルビジネスファイナンスなら、最大で1,000万円の融資を受けられるだけでなく、即日利用が可能です。

金利も3.1%〜と低く設定されているため、少額から高額まで借入をしたい場合に対応可能です。

開業や運用資金が必要になった場合には、ビジネスローンが利用しやすいです。

売り上げが激減したときにお金を借りる方法!経営環境変化対応資金

経済的な理由や環境の変化により、経営している会社の売り上げが一気に落ち込んでしまったという場合に利用できるのが、「経営環境変化対応資金」です。

経営が困難になってしまった事業主を救うための措置となっています。

措置の対象になるためには、下記の条件に当てはまっている必要があります。

  • 直近3ヶ月の売上高が前年度や前々年の同時期と比べて減少していること
  • 直近の決算期における売上高が前期あるいは前々期より5%以上減少している
  • 中長期的に業況の回復が見込めると判断できる

この条件に当てはまっている場合には、融資を受けることができます。

融資限度額4,800万円
利率0.71%~2.85%
返済期間設備資金としての利用目的:15年以内運転資金としての利用目的:8年以内
据置期間3年以内

返済期間が決まっており、すでに立ち上げている事業の経営状況が落ち込んだ場合に利用できる融資方法です。

これから開業をしたいと考えている方は、上記でお伝えした民間金融機関の運営するビジネスローンの利用を検討しましょう。

会社からお金を借りるのも手!従業員貸付制度

従業員貸付制度は、お金に困っている従業員を救済するための処置として設定されています。

利率は2.0%~4.0%であることが多く、低金利で借りられるのが特徴です。

ただし、上司や担当部署に報告依頼をしなくてはいけないため、隠れてお金を借りたいと考えている人には不向きです。

従業員貸付制度の特徴
  • 利率は2.4%~4.0%の設定がされていることが多い
  • 融資までにかかる期間は1週間〜1ヶ月
  • 正社員でない場合には従業員貸付制度が利用できない場合もある
  • 金銭消費貸借契約書を求められる

金銭消費貸借契約書とは、返済を完了できることを前提に書く借用書のことです。

身分証明書や金銭消費貸借契約書、契約書などをかわした後に社内審査が行われ、融資を受けることができるようになります。

審査は社内で行われ、一般企業であれば信用情報機関に登録をしていないことから、例え他の金融機関から借入をしていたとしても融資を受けやすいと言えます。

ただし、企業によっては用途理由は結婚式の費用や教育関連のみなどに限る条件を出している場合もあります。

ギャンブルや娯楽への利用を禁止している場合もあるので、事前に確認しましょう。

従業員貸付制度を利用したい場合には、まず上司や担当課に報告をしてみて下さい。

一番オススメの借入方法は人それぞれ!タイプ別に最適な案を解説

この記事では、お金を借りる方法を大きく5つにわけて紹介してきました。

  1. 担保ありの借入
  2. カードローン
  3. クレジットカード付帯のキャッシング枠
  4. 国からお金を借りる公的融資制度
  5. 親族や友達に頼み込む

ここまで読んで、「結局どれが自分に一番良かったのか、わからなくなってしまった…」という人もいると思います。

最後に、どんな人がどの借入方法を選ぶべきなのかを、状況のタイプ別にまとめていきます。

いますぐお金が必要な人にピッタリなお金を借りる方法

お金が今必要で、明日まで待てないという場合には「消費者金融のカードローン」一択です。

消費者金融のカードローンなら、即日で融資をしてくれる企業が多いです。また、他社の利用をしていない場合に50万円以下の融資額なら収入証明を提出する必要が無く、連帯保証人などを用意する必要もないためオススメです。

例えばアイフルでは、50万円以下の融資で収入証明をする必要がなく、融資は最短1時間で行ってもらえる消費者金融です。

ブランド品など価値の高いものを所有していて、親族や友人に連帯保証人になってくれる人がいる場合には、質屋などの担保を利用してお金を借りる方法もあります。

ただし、すでに価値のあるものを持っていることが前提になることや、借入られる金額が最大でも数万円程度になってしまうことが多いのが懸念点です。

その他の方法だと、銀行カードローンは、最短で翌日に融資が行われます。

お金借りる編集部

最短即日で融資をしてくれるのは、消費者金融のカードローンだけです。

万が一の場合すぐに借入ができるよう準備しておきたい人にピッタリなお金を借りる方法

「今すぐお金が必要という状況に備えておきたい」という場合なら、クレジットカード付帯のキャッシング枠の審査を通過しておくことで、今後の万が一な状況に備えることができます。

審査には通常3営業日〜2週間程度がかかります。

審査後は使わなくても問題がないので、将来に心配がある人は余裕のあるうちに審査を受けておくのをオススメします。

1週間以内に低金利で借入したい人にピッタリなお金を借りる方法

できるだけはやくお金が借りたいけど、1週間程度なら待てるという人は国からお金を借りられる制度「公的融資制度」を利用するのがオススメです。

多くの場合に無利子あるいは低金利でお金を借り入れることができます。

最短翌日に融資を受けられる、銀行カードローンもオススメです。

国からお金を借りる場合と比べると少しだけ金利率は上がってしまいますが、それでも1.9%〜など消費者金融のカードローンと比べると金利が低いです。

例えば楽天銀行スーパーローンは金利が1.8%〜と低く、最短翌日には融資を受けることができ、WEB完結の申し込みが可能です。

子供の教育費が必要という人にピッタリなお金を借りる方法

お金を借り入れる目的が子供の教育費である場合には、国や市役所が運営する公的融資制度の1つである「教育一般貸付制度」がオススメです。

金利は年1.66%とどの銀行カードローンや消費者金融の運営するカードローンよりも低く、目的が教育である限りはどんな利用内容でも問題ありません。

一方で、借りたお金は教育だけじゃなく生活費にもあてる可能性があるという場合には、銀行カードローンや消費者金融のカードローンを利用することをオススメします。

借りたお金の利用方法に自由がききやすいのは、銀行カードローンや消費者金融のカードローンです。

家族や周りにバレたくない人にピッタリなお金を借りる方法

家族や周りにお金を借り入れていることを知られたくないという場合は、家に郵送物がくるような借入方法を避けましょう。

また、勤務先に在籍確認がこないような借入方法を選択する必要があります。

消費者金融カードローンの「SMBCモビット」であれば、「WEB完結なら電話連絡なし」でスムーズに借入をスタートできます。

今まで生命保険を積み立ててきた人なら、保険料として積み立ててきたお金を解約返戻金として借り入れることができます。

ネット上で手続きが完了し、郵送物や電話確認などもないため、家族や職場の人に見つかってしまう心配もありません。

お金が必要な理由が旅行やギャンブルなど遊ぶ目的ではない場合には、国からお金を借りられる「公的融資制度」を利用するのもオススメです。低金利でお金を借りることができます。

連帯保証人を用意できる場合には無金利になることが多いですが、誰にも知られたくない場合に連帯保証人を用意するのは難しいため、低金利で借入をすることになります。

まとめ:自分にピッタリなお金を借りる方法を見つけよう

お金の借入方法は、大きく分けて5種類ありました。

その中でもさまざまなタイプが存在するため、ややこしいと感じてしまった人もいると思います。

お金を借りる方法にはそれぞれ条件が用意されているため、理解しきれていない場合にはこの記事を読み直して、理解を深めていって下さい。

ご自身にピッタリなお金を借りる方法を見つけられていたら幸いです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる