キャッシングとは?クレジットカードで利用する方法と注意点を徹底解説

急に現金が必要になったとき、クレジットカードを使ってATMから現金を引き出せる機能を「キャッシング」と呼びます。

とはいえ、キャッシングはあくまで「借入」をする機能。

つまり、クレジットカード会社にお金を借りていることになるため、利息(借りたぶんに上乗せをして返すお金)の返済が必要になります。

とても便利な機能ですが、仕組みを知らずに利用を続けると、後悔することになるかもしれません。

▼この記事でわかること
  • クレジットカードのキャッシングとは?
  • カードローンとの違いは何?
  • キャッシングを利用する場合の注意点とは?

この記事では、キャッシングサービスの利用を考えている方や興味のある方に向け、キャッシングに関して徹底的に解説していきます。

お金借りる編集部

キャッシングを使うべきかの、判断材料になる記事になっています。

目次

キャッシングとは?現金を引き出せる機能です

キャッシングとはもともと、「現金を借りられるサービス」を意味します。

クレジットカードを利用して現金を引き出すことができるのが、「クレジットカードのキャッシングサービス」です。

クレジットカードは一般的にショッピング時に、現金を使わずに支払いをするために利用することが多いです。

一方で、「クレジットカードがあれば現金を引き出すこともできる」というのは便利な機能だと言えるはずです。

カード付帯のキャッシングとは?仕組みを解説

「キャッシング」というと、大きく分けて2つの方法が存在します。

1つめが「カード付帯のキャッシング」、2つ目が「カードローン」です。

それぞれ内容が違いますが、一般的に「キャッシング」と呼ばれているのは「カード付帯のキャッシング」です。

今回、まずは「カード付帯のキャッシング」について詳しくお伝えします。

カードローンでのキャッシングとの違いについては、下記で詳しく解説していきます。

カード付帯のキャッシングとは?ショッピング枠と別に審査が必要です

キャッシングサービスは、ほとんどのクレジットカードに付帯されています。

一般的にクレジットカードでショッピングをする場合に使っているのは「ショッピング利用枠」です。

一方で、キャッシングをする場合に利用できるのは「キャッシング枠」となり、別枠扱いになります。

キャッシングはクレジットカードを持っているだけで利用できるわけではなく、カードを発行した後に「キャッシングの審査」を受ける必要があります。

ショッピング枠に利用上限があるのと同様に、キャッシングの上限額も決める必要があります。

利用枠については法律上、年収の3分の1を上回る借入ができないことが定められています。

審査基準はクレジットカード会社により様々で、基準は明確に公開していません。

✔️キャッシングの審査にかかる時間はどれくらい?

キャッシング審査にかかる時間は、企業によって様々です。

一部即日で審査をしていることもありますが、ほとんどの場合数日かかることが多いです。

銀行から直接現金が引き落とされるわけではない

通常現金が必要になった場合は、銀行にある貯金を引き出すためのキャッシュカードや通帳を利用することが一般的です。

銀行のキャッシュカードや通帳を利用すると、銀行口座から直接お金を引き出すことができます。

クレジットカードのキャッシングサービスではクレジットカード会社を通すため、現金を引き出した直後に銀行口座の残高が減るわけではありません。

感覚としては、クレジットカードのショッピング利用時とほとんど同様で、利用した金額を後日支払うことになります。

クレジットカードのキャッシング返済!支払い方法とは?

クレジットカードのキャッシング返済の方法は、クレジットカード会社により複数用意されていることが多いです。

一般的なのは、

  • 翌月1回払い
  • リボ払い


この2パターンです。

✔️翌月1回払いとは?

翌月の定められた日に、まとめて1回で支払う方法です。

通常のショッピング利用と同様、翌月に引き落としがされます。

✔️リボ払いとは?

リボ払いは一定額の元金と利息の合計を定め、毎月支払っていく方法です。

リボ払いには複数の支払い方法が存在しています。

主に利用されるのは、こちらの3種類です。

  1. 定額方式
  2. 定率方法
  3. 残高スライド方法

それぞれの特徴は下記の通りです。

リボ払い①:定額方式

月々一定の金額を返済する方法です。

借りた金額(利用額)が多くても少なくても関係なく、定めた一定額を支払います。

例えば、100万円を借りた場合にも、200万円を借りた場合にも、毎月支払う金額は7万円、などのように設定ができます。(金額設定は例です)

リボ払い②:定率方式

借入残高に対し、一定の割合、つまり定率を乗じた金額を支払います。

例えば、10万円を借りた人が一定の定率を2.5%とした場合、毎月2,500円ずつ返済することになります。(金額設定は例です)

他のリボ払いの方法と比べて、利用されることは少ない方法です。

リボ払い③:残高スライド元金定額支払い方法

残高に応じて金額や支払いの割合を決める方法です。

借りた金額が多いほど、一度に返すべき金額が多くなります。

例えば、100万円を借りた場合には毎月2万円、200万円を借りた場合には毎月3万円を返す、などといった支払い方法になります。(金額設定は例です)

リボ払いの設定方法については、クレジットカードごとに採用している内容が違うので、確認をするようにして下さい。

キャッシングの利用方法とは?街中のATMで現金がおろせるようになります

キャッシング審査に通ると、クレジットカードを利用して街中にあるATMから現金をおろせるようになります。

多くのクレジットカードの場合に、コンビニにあるATMやマルチメディア端末でキャッシングが可能です。

具体的な引き下ろし方は、以下の通りです。

クレジットカードでキャッシングする場合の流れ

STEP
ステップ①:ATMの画面から、「お引き出し」のメニューをクリック
STEP
ステップ②:クレジットカードを、カード差込口から入れる
STEP
ステップ③:暗証番号を入力
STEP
ステップ④:キャッシング方法を「一回払い」と「リボ」から選択
STEP
ステップ⑤:借入希望の金額を入力
STEP
ステップ⑥:操作完了、クレジットカードとお金を忘れずに受け取りましょう

通常銀行のキャッシュカードや通帳で現金をおろす場合とあまり変わりません。

尚、受け取れる金額は1万円単位で入力することができます。

金額次第で手数料が110円〜220円と変動するので、事前に確認をしてから利用しましょう。

クレジットカードのキャッシングは海外でも利用が可能!

クレジットカードに付帯するキャッシング機能は、海外でも利用が可能です。

通常のショッピング時にクレジットカードとして利用ができるだけでなく、現金として引き出すことができるのは安心です。

海外旅行や長期的な滞在をする場合、現金を持ち歩きたくないこともあると思います。

余分なカードを何枚も持ち歩きたくない場合にも、クレジットカードを1枚だけ持っていれば、必要なときにだけ必要なぶんを現金としておろすことができるのは便利です。

VISAマークやMastercardのマークがついているATMであれば利用できることがほとんどで、世界各国で対応可能です。

利用日の実勢レートで換算されるため、円高のときに利用ができればおトクになることがあります。

場合によっては、銀行で換算するよりもレートが良いことがあります。

クレジットカードのキャッシング注意点!慎重に利用すべき理由

ここまではクレジットカードのキャッシング機能の概要や利点を中心に解説してきました。

このようにみると良い点ばかりのように感じるかもしれませんが、注意点も存在します。

キャッシングの注意点についてもしっかりと説明をします。

しっかりと確認をしておきましょう。

キャッシングの注意点
  • 利息がつく
  • キャッシングは即日利用ができない
  • キャッシング枠の利用でショッピング枠が減る

それぞれについて詳しく説明します。

キャッシングの注意点①:利息がつく

とても便利なキャッシングですが、利用する際に一番気をつけなくてはいけない点が「利息」です。

利息とはつまり、借りた金額に上乗せをして返さなくてはいけないお金のことです。

お金は無料では借りられない、といえばわかりやすいと思います。

借りるお金が多いほど、利息は大きくなります。

同様に、借りている期間が長いほど、利息が大きくなります。

安易に借りてしまうと、返済に苦労する結果になりかねません。

キャッシングをするときは、返済できるのかを事前に見積もり、計画的に利用するようにしましょう。

キャッシングの注意点②:キャッシングは即日利用ができない

キャッシングは即日で利用できないケースがほとんどです。

キャッシングを利用するためには、クレジットカードの発行とは別で審査を受ける必要があります。

クレジットカードを発行するときに同時に審査することもできますが、発行した後に審査することもできます。

審査にかかる時間はカード会社により様々ですが、即日利用ができないクレジットカードを利用している場合や、発行予定の場合には、事前にキャッシング審査も受けておくと安心です。

キャッシングを利用する予定がない場合にも、万が一のときの準備としておくのは手です。

キャッシングの注意点③:キャッシング枠の利用でショッピング枠が減る

クレジットカードのキャッシング審査に通った場合、キャッシング枠はショッピング枠の中にもうけられます。

つまり、キャッシング枠として利用できる合計金額が増えるわけではありません。

例えば、30万円分のショッピング枠がある人が10万円ぶんのキャッシュ枠を使えることになった場合、ショッピング枠は20万円ぶんとなります。

つまり、ショッピングで30万円分を使い切っている場合には、キャッシングとして利用することはできません。

使いすぎが原因で返済ができなくなることを防ぐための手立てですので、自分を守るという意味では一概としてデメリットと言えない点です。

とは言え、「必要なときに使えなかった!」というトラブルを防ぐために、おさえておくべき部分です。

カードローンとの違いとは?クレジットカードキャッシングとは別物

クレジットカードキャッシングとは別に、キャッシングのできる「カードローン」があります。

混合されやすいですが、クレジットカードキャッシングとカードローンは別物です。

カードローンもクレジットカードキャッシングと同様、気軽に借入することができるのは魅力です。

しかし、特徴は全く違うので、どちらが自分にあっているのかを見極めてみてください。

カードローンとは?ローン専用のカードのこと

カードローンはローン専用のカードのことです。

クレジットカードのキャッシング付帯額と比べて、借入の利用額が大きいことが一番の特徴と言えます。

▼カードローンの特徴
  • ショッピング決済ができない
  • 借入可能額が大きい
  • 金利が低い

✔️カードローンの特徴①:ショッピング決済ができない

クレジットカードではないため、ショッピング決済はできません。

ショッピング時に使いたい場合には、クレジットカードと併用して使う必要があります。

✔️カードローンの特徴②:借入可能額が大きい

クレジットカードキャッシングの限度額が、基本的に数十万円までであるのに対して、カードローンでは数百万円単位で借りることが可能です。

大きな額がまとめて必要な場合は、カードローンを利用しましょう。

✔️カードローンの特徴③:金利が低い

クレジットカード会社のキャッシングと比べて、カードローンは金利が低いです。

金利が低いということはつまり、利息として返さなくてはいけない金額が低くなるということです。

クレジットカード会社のキャッシングでの金利は、通常15%〜18%と高めです。

一方でカードローンの場合、1.5%〜15%と低い設定になっています。

大きな金額を頻繁に借りたいと考えている人は、カードローンも検討してみましょう。

クレジットカードのキャッシング機能は慎重に使おう!

とても便利な機能とはいえ、利息がつくのがキャッシングです。

クレジットカードのキャッシング機能だけでなく、カードローン等の「借入」には、利息を返すことが条件になります。

万が一にも支払いきれない、という事態にならないためにも、キャッシング機能は計画性を持って慎重に利用していきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる