【今すぐお金借りたい方】お金を借りる方法や最適なお金の借り方を解説

お金を借りる方法はたくさんありますが、どのくらいあるかご存じでしょうか?適切な方法でお金を借りれれば「もっと良い条件でお金を借りれたのに..」と後悔する事はなくなります。

今すぐお金を借りたい!という方には即日融資・即日キャッシング・クレジットカードのキャッシング枠がおすすめですし、長期的にお金を借りたいのであれば金利が安くて月々の返済が少ない方が助かりますよね。

当サイト「お金を借りるMAGAZINE」ではそんなお金に関する悩みを解決する為に、あなたにとって最適なお金の借り方を解説させて頂きます。

スマートフォンの普及により、今では自宅や職場、外出しながらでも気軽にお金を借りることができるようになりました。もちろん面倒な書類の郵送もスマホのカメラですぐに送信できる為、最短30分くらいで借入が可能な時代です。

即日融資・即日キャッシングはすぐにお金を借りたい方にとってはとても便利な借入ですが、すぐにお金を借りなくても良い人にはより低金利で返済条件などの良い借入先もたくさんあります。条件さえ整えば金融機関や銀行だけではなく、国からもお金を借りることができますのでぜひ参考にしてみてください。

「お金を借りるMAGAZINE」ではどこよりも詳しくお金を借りる方法を説明しています。わかりやすく一生懸命解説していきますので、皆様のお役に立てれれば幸いです。

目次

今すぐお金を借りる方法

お金を借りる種類は様々ですが、お金を借りる前に以下の項目を把握しておくと自分にとって適切なお金の借り方がわかってきます。

  • お金が必要になる日
  • お金が必要な理由
  • 必要な金額
  • 短期返済か長期返済か
  • お金を借りる条件
  • あなたのステータス

10万円程度の少額融資ならスマホで申請して免許証等をカメラで撮影してアップロードすれば30分~1時間で手軽にお金を借りることができます。少額融資であればネット申し込み完結で在籍確認の電話がないのも一般的になってきています。

100万円以上になると、来店や書類郵送(押印)などが必要になってきますので、審査などの時間も含めると1週間~2週間かかってきます。消費者金融や銀行、カードローンなどで対応も様々です。

お金を借りる金額が高くなるにつれて審査も慎重になり、返済計画書や課税証明書(収入証明書)などの用意も必須になってくるので手間と時間もかかってきます。給料日前に少しだけお金が必要なのに、慎重に審査されて何週間もかかる・・なんて事は避けたいですよね。

ですので、少しだけのお金であれば消費者金融の無人契約機やアプリローン、カードローンの方が即日融資・即日キャッシングですぐにお金が借りれるので、お金を借りる理由や条件によって使い分ける事も必要です。

消費者金融であれば銀行のように審査が何週間も続くという事はありませんし、必要書類も免許等や健康保険証などの身分証明書のコピーorカメラ撮影だけですので非常にスピーディーにお金を借りることができます。

申し込みフォームも簡単で審査も30分かからない事が多いのですが、審査に通るのが不安..申し込むのが面倒..という方は既に契約している保険やクレジットカードでもお金を借りることができます。

また、生活するのが困難な時にお金が必要な場合は市区町村の役所に相談すれば社会福祉協議会などからも生活費を低金利で借りることができます。連帯保証人を付けると無利子になる事もありますので助かりますよね。

それでは、上記を踏まえてお金を借りる方法を簡単にリストにしてみましたので参考にしてみてください。

お金を借りる方法早見表

  • 消費者金融で借りる
  • クレジットカードで借りる(契約している場合)
  • スマホアプリで借りる
  • コンビニATMで借りる

手軽に借りられる即日審査もあれば、担保・連帯保証人を必要とし1か月程度審査に時間がかかる融資もあります。

もちろん慎重な審査の融資には低金利、返済期間が長いなどかなり有利な条件となっています。

住宅ローンやマイカーローンなど数百万から数千万の融資には銀行などの専用ローンを利用し、1万円~100万円までの少額融資には消費者金融やクレジットカードなどを利用するのが一番おすすめです。

また、手軽に借りられる消費者金融やクレジットカードですが、借りられる上限も低めに設定されていますのでそういった所も確認しておきましょう。

クレジットカードで即日キャッシング

キャッシング枠は最初に契約しているかも
即日キャッシングできる方

クレジットカードを契約していてキャッシング枠がある方

一番手軽にお金を借りる方法はこちら「クレジットカード」です。

すでにクレジットカードを持っているという条件とキャッシング枠があれば、コンビニATMですぐに現金化できます。万が一という場合でも審査なしですぐにお金を借りることができるので言うまでもなく最強のお金の借り方です。

クレジットカードを持っていないという方は、申し込んでから審査、カード発行までに1週間はかかってしまいますので注意してください。

さらに、クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠という2つの区分があります。クレジットカードを申請する時に自分で設定したり、カードが届いた契約書にどれだけのお金を借りて使う事ができるか記載されています。

このキャッシング枠が100万円あれば100万円すぐにATMからお金を引き出す事ができますし、ショッピング枠が30万円しかなければ30万円分しか買い物できません。この枠は使えば使うほど減っていきますが、毎月使った分だけ返済すれば枠もちゃんと回復します。

返済は一括返済、分割返済、リボ払いなど数種類用意されているのが一般的で、返済方法も自由です。もし使い方がわからなければクレジットカードの裏面にサポートデスクの電話番号が記載されていますので、返済方法や会員サイトの使い方など丁寧に教えてくれますので活用してみましょう。

お金借りる編集部

キャッシング枠は知らず知らずのうちに契約してある事があるので、確認してみましょう!
使えば使うほど枠が増えていくのもクレジットカードの特徴です。

クレジットカードのキャッシング枠の使い方
STEP
コンビニのATMに行く(提携金融機関でも可)

セブンイレブンやローソン、ファミリーマートなど全国のATMで利用する事が可能です。カード会社によっては利用できない金融機関、銀行などがありますのであらかじめ確認しておきましょう。

STEP
ATMにカードを入れる

カードを入れる向きは決まっているので、必ず矢印がついている方向から入れましょう。

STEP
お借入を選択して、クレジットカードの暗証番号を入力

キャッシュカード機能が備わっていたり、カード会社によっては入金、出金など複数の選択ボタンがあります。

STEP
返済方法を選択

1回払い、分割払い、リボ払いなどカード会社によって複数の返済方法が用意されています。

STEP
借りたい金額を入力する

限度額まではいくらでも引き出せますが、ご利用は計画的に

STEP
現金と明細、カードを受け取る

明細を捨てる人もいるけど返済期間やキャッシング枠などが記載されている事もあるので必ず財布に入れるなり保存するようにしましょう。現金を受け取ってカードをしまい忘れる人もたまにいますので、必ず現金とカードはセットで財布に!

キャッシング枠が0円だった場合は審査が必要

ATMや会員ページで確認してキャッシング枠が「0円・なし」だった場合や、すでに枠いっぱいまでお金を借りてしまった場合は即日キャッシングはできません。

審査を受ける為に改めて申し込む必要があります。(増枠も審査が必要です。)

クレジットカードの発行も審査も1週間前後かかるのがデメリットとなります。お金が必要なくても万が一の事を考えて申し込みをして常時携帯しておくのも1つの手です。今すぐお金が必要という方は次に紹介するスマホアプリだけで借りられるアプリローンや消費者金融がおすすめです。

どちらも即日融資・即日キャッシングが可能で審査も短く、1か月無利息などのキャンペーンをしているので短期・少額融資にはとても便利な借入になっています。

クレジットカードと金利はほとんど変わらないので申し込んで審査を待つより有効と言えます。

スマホのアプリローンや消費者金融のカードローンで即日融資

スマホのアプリローンや消費者金融のカードローンで即日融資

消費者金融と聞くとあまり良い印象がない人もいるかもしれませんが、大手消費者金融の多くは銀行グループの傘下や連結子会社となっており信用度・信頼度は銀行とほとんど変わりません。

私も大手消費者金融の5社を利用していますが、サポートも親切・審査も迅速で今すぐお金を借りたい人にはおすすめです。

アプリローンとは?カードローンとは?
スマートフォンが普及し始めて、アプリのみでお金を借りたりできる事から「アプリローン」と呼ばれるようになりました。クレジットカードのようにコンビニATMでお金を借りる事ができるカードの事です。ATMでそのまま返済もできるローンとして非常に利便性があります。

どちらのローンも消費者金融の融資としてとても有名で、審査から融資までの時間が非常に短く、最短審査1時間などで急にお金が必要になった場合でもすぐに借りれるとして人気です。

昔はは店舗・窓口に行かないと融資を受けれませんでしたが今ではネット上だけで申し込みから返済まで全て完結させる事ができます。スマホカメラのおかげで必要書類を郵送するという手間もなくなったのも大きなメリットです。

お金の入金も銀行口座への振り込みができる為、非常にスピーディーで助かります。しっかりお金を返済していけばこれ以上ないくらい便利で不便な事はほとんどないです。

大手消費者金融を利用するメリット
  • 審査が早く、借入まで最短1時間
  • 必要な書類は免許証など本人確認書類だけ
  • 大手銀行のグループ傘下や子会社なので安心できる
  • 担保・保証人は必要なし
  • 条件を満たせば職場連絡もなし
  • スマホだけで借入可能
  • 全てネット上で完結
  • 30日間利息0円などのキャンペーンがある

少額(50万円以下)の借入なら素早く手軽にお金を借りれると人気の消費者金融です。スマートフォンの利用で即日キャッシングから返済まで全てネット上で完結できます。

必要書類は住所の確認できる免許証や健康保険証だけで可能で、面倒な住民票や課税証明書などは必要ありません。また、連帯保証人や担保、返済計画書等も必要ないため、手軽にお金を借りれます。

50万円以上になると課税証明書や3か月分の給与明細が必要になってきますが、金額の上限も数百万円まで可能ですので大きな金額が必要な場合も利用する事ができます。

大手消費者金融は銀行のグループ会社で安心してお金を借りることができるのですが、立場上は貸金業者となりますので総量規制の対象になります。ですので年収の3分の1までしか借りることができないというデメリットもありますので、借りすぎてしまうと審査が長引いてでも銀行を頼ざるを得なくなります。

お金借りる編集部

消費者金融はすぐにお金を借りれるのがメリットだけど、年収の3分の1までしか借りれないという事を頭に入れておきましょう。

三井住友銀行グループのプロミスは早くお金を借りたい方に一番おすすめの大手消費者金融です。安心の銀行グループですので信頼性・信用度、人気度もトップクラス。

プロミス限定サービスの「おとくらぶ」という優待制度もあり、国内外20万か所以上の施設が割引価格になったりレジャー・グルメ・宿泊・日帰り温泉などが最大80%OFFで利用できるのも魅力です。

借入商品も幅広く対応していて、フリーキャッシング、レディースキャッシング、おまとめローン、自営者カードローン、目的ローンがあり用途によって大きな金額も借入可能となっています。

プロミスの魅力はなんと言っても即日融資でしょう。WEB契約なら即日融資が可能で申し込みから借入まで最短30分で融資を受ける事ができます。

インターネット環境があれば全てネットだけで完結できるので、面倒な書類郵送などもないですし家族や職場にバレずに借入れができるのも魅力でしょう。

実質年率も4.5%~17.8%で18%が多い中、最大でも17.8%で利用する事ができます。はじめての方であれば30日間は無利息期間が適用されますので即日融資が必要な方はプロミスを検討してみましょう。

SMBCモビットはプロミスと同じく大手銀行のSMBCグループです。

WEB完結申込なら電話連絡、郵送物なしでお金を借りることができるため、誰にもバレずに借入ができます。簡易審査結果も10秒、ネットで24時間365日申し込みをする事ができますし、提携ATMも全国に約140,000台(2019年9月現在)あるので「いざっ!」という時は非常に便利です。

SMBCモビット公式アプリも使いやすく、電話不要でいつでも増額審査申込ができます。他にも支払予定日を登録したり、振込でキャッシング予約、取引履歴照会もとてもみやすくなっています。

同時にTポイントサービスを利用すると返済金額200円につき1ポイントのTポイントが貯まっていきます。Tポイントはいろんな場所で利用できるので返済するだけで貯まるのはモビットだけのメリットですね。

アイフルは「初めての人専用フリーダイヤル」「女性専用フリーダイヤル」を用意してくれている「誠実」「努力」「信頼」「感恩」を指針としている大手消費者金融会社です。TVCMでもお馴染みで安心感がありますね。

お金を借りる方で急ぎの場合には審査を優先する為のフリーダイヤルもあります。申し込みから融資までの時間は最短で1時間程度ですので他の大手金融会社と同じくらい早くて迅速です。もちろんスマートフォンで申し込みから契約、借り入れができるようになっています。

無利息期間が30日間あるので、その間に返済すれば利息は1円もかかりません。30万円借りて同じ金額を返済すれば利息は取られませんので急ぎでお金が必要な時にアイフルを利用するのはとてもお得です。

三菱UFJグループのアコムは迅速な審査と年会費無料クレジットカード機能付きカードを最短即日発行できます。

急ぎでお金を借りたい方に最短即日融資(30分)ができる他、借入ができるかすぐに分かる3秒診断もあります。カードローンの借入も来店不要でネット完結。24時間365日全国で借入が可能です。

他の大手金融会社と違う所は、カードレスで契約ができません。店頭または自動契約機(むじんくん)が近くになく来店できない方は郵送でアコムカードが送られてくるので、家族にバレたくないという人は注意が必要です。来店できれば家族にバレる必要なく、クレジットカード付アコムカードも即日で発行できる為、即日融資が可能になっています。

また、アコムは借換え専用ローン(おまとめローン)も利用できるため、毎月の返済金額や金利の負担を軽減する事ができます。

新生銀行グループ、新生フィナンシャル株式会社が提供しているレイクALSAは最短60分融資も可能と公式ホームページに記載されています。審査も非常にスピーディーで最短審査回答15秒と驚きの速さです。

私が契約した時も約1時間くらいでしたので、最短60分融資も嘘ではありませんでした。

また、初めての方なら60日間無利息、最大で180日間無利息になる条件もありますので利息を気にせず借りれるのは業界でもレイクALSAだけです。

もちろん無利息期間だけを利用してお金を借りて返済して契約を終わってもまったく問題ありませんので、利息の事を考えずにお金を借りれるのは最大のメリットとなっています。

大手消費者金融が安心して借入ができる本当の理由
  • 利息は最大でも18%までしかかからないので暴利の心配はない
  • 総量規制で年収の3分の1までしか借す事ができないので借りすぎにならない
  • 返済が滞っても家に来るなどの厳しい取り立てがない
  • 大手消費者金融は基本的に銀行グループなので安心
  • 返済期間や返済方法も利用者にとっても有利な条件なので信用できる

大手消費者金融で借入ができる人の条件

20歳~69歳までの安定した収入がある方

18歳、19歳の方はアルバイトをしていてもお金を借りることができません。

また、専業主婦や20歳以上の学生でもアルバイト・パートなどの仕事をして収入がなければお金を借りることができないのが貸金業法で決まっています。無職だと消費者金融でお金を借りることができませんが、無職でもお金を借りることができる方法も当サイトでいくつか紹介していますので参考にしてみてください。

逆にフリーターや学生、専業主婦でも安定した収入があれば誰でもカードローンやアプリローンでお金を借りることができるのも消費者金融のメリットです。これは銀行にはない最大のメリットですのでぜひ検討してみてください。

また、大手消費者金融5社(プロミス、レイクALSA、アイフル、アコム、SMBCモビット)のすごい所は最短即日融資(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)が可能という所です。申し込んで1時間弱で審査が終わって入金されているというスピード感は銀行には真似できない事でしょう。

銀行には銀行の良い所もありますので当サイトではさらに深堀して解説していますので興味のある方は参考にしてみてください。

大手消費者金融と銀行を比べるとやはり金利が高いのではないか?と思う方も多いと思います。ですが、銀行にはない30日間無利息期間があったりカードローンの金利には法律によって上限が決まっているので消費者金融だから金利が高いという事はまったくないのです。

法律によって定められている最大金利

  • 限度額10万円未満の契約の場合は最大20.0%まで
  • 限度額10万円以上100万円未満の場合は最大18.0%まで
  • 限度額100万円以上は最大15.0%まで

それなら銀行じゃなくて審査も入金も早い消費者金融でお金を借りた方がいいんじゃない?と思うかもしれませんが、銀行の最大のメリットは総量規制対象外という部分です。つまり、消費者金融では年収3分の1までしか借りることはできませんが、貸金業者ではない銀行ならいくらでもお金を貸せてしまうんですね。そのおかげで住宅ローンや事業資金など数千万円~億単位でお金を貸せるというわけです。

お金を貸してほしいのに審査が通らない場合

審査が通らない場合は至ってシンプルな理由です。

ブラックリストか返済能力がない

ブラックリストというと怖いイメージがあるかもしれませんが、まずは多重申し込みではじかれる場合があります。例えば1か月の内に3社のクレジットカードを申し込んだ場合。運が良いか信用力・ステータスがあれば別ですが、大抵の場合はキャッシング枠を0円にしたとしても2枚通って1枚落ちるくらいが妥当な範囲だと思います。

これは消費者金融やショッピングローンにも言える事で落ちたから違う所を申し込む。というようにどんどん泥沼にはまっていきます。なぜこのような事が起こるかというと信用情報機関に申し込みをした履歴が記載されるからです。一度履歴に載ると6か月間は消えませんので、1か月、または6か月間は申し込みを辞めた方が無難です。多重申し込みは結構審査する時に見られる傾向がありますので控えましょう。

携帯電話の支払いや現在契約している借入れの返済が滞ってしまったり、過去に債務整理や自己破産などをしていてもブラックリストとして審査落ちしている可能性があります。任意整理や個人再生などは5年、自己破産は10年は信用情報機関に掲載されますので一度自分の信用情報がどのような状況にあるのか確認してみましょう。信用情報を見るのに1000円程度かかりますが、審査に通らない場合がなにか延滞などをしている可能性が高いので調べてみる価値はあります。

信用情報機関

  • CIC(https://www.cic.co.jp/)
  • JICC(https://jicc.co.jp/)
  • 全国銀行協会(https://www.zenginkyo.or.jp/)

信用情報にまったく問題がない方は単純に返済能力がないと判断されているか、総量規制に引っかかっている場合が多いです。

勤務して間もない方や、すでに年収の3分の1の借入をしている場合が多く、見逃しがちですがクレジットカードやちょっとした借入も総量規制の対象になりますので自分が今いくら借りているか整理するのも大事です。

過去に債務整理、自己破産をしていても借りれる消費者金融がある

これまで大手消費者金融の紹介をしてきましたが、過去に債務整理や自己破産をした経験がある方でもお金を貸してくれる金融会社があります。それらは一般的に中堅消費者金融と言って、独自の審査基準でお金を貸してくれる場所です。

決して審査が甘いとかではなく柔軟に審査してくれる事から大手消費者金融で審査に落ちると必然的に中堅消費者金融でお金を借りる人が増えています。金利も大手消費者金融とほとんど変わらず、独自のカードローンやセブンイレブン等と提携している金融会社もあるので使い勝手がとても良いです。

大手消費者金融では100%無理ですが、18歳や19歳でも親の同意があればお金を借りれる金融会社も中にはあるのですが未成年の場合は簡単にはキャッシングできないのが現状です。

2022年4月から民法上の成年年齢が20歳から18歳に引き下げられる法律が施行されます。これに伴い、18歳以上からは親の同意がなくてもお金を借りれる事になるかもしれません。

中堅消費者金融では独自の審査基準で審査している為、専業主婦や学生、勤務して間もない契約社員でもお金を貸してくれるところもあります。勤務1か月目の期間工でもお金を貸してくれたという実績がありますので、もし興味がある方は中堅消費者金融も調べてみましょう。(期間工ブログ参考)

【今すぐお金を借りたい】審査なし?おすすめファイナンスBESTランキング

【お金を借りたい方必見】お金を借りる方法を全て教えます!

一般的に働く事によってお給料を受け取りますが、「どうしても給料日までにお金を用意したい」「急にお金が必要になった」「今日中にお金を用意したい」など結構よくある話ですよね。

実は日本国内でお金を借りる方法はたくさんある事をご存じでしたか?

今回はそんなお金を借りたい人向けにお金を借りる方法をできる限りご用意いたしました。

この記事をぜひ参考にして自分にあったベストなお金の借り方で最速、最適な資金調達をしていきましょう。

お金借りる編集部

これから紹介するお金を借りる方法の中には30分~1時間で借りれる方法もあります

お金を借りる方法【カードローン】

まずお金を借りたい方におすすめなのがカードローンです。

信用販売系のカードローンや銀行系のカードローンなど発行元によって金利や審査も違います。

信用販売系カードローンの特徴

信用販売系にはカードローンを発行している会社があり、JCBや三菱UFJ、クレディセゾンなどクレジットカードでもお馴染みの大手信用販売系会社が有名です。

信用販売系カードローンは主に高額融資に対応していますので、数百万円の融資が必要であれば信用販売会社からの融資も選択肢に入ります。

金利は3.5%~18.0%あたりで借りる金額によっても変動します。

融資金額が大きい分審査も慎重で申し込みから入金までに2~3週間くらいかかるとされていますので急ぎの方にはあまり向いていない商品かもしれません。

信販会社カードローン一覧
  • 三井住友カード ゴールドローン
  • オリコ クレジット
  • 三菱UFJニコス ローンカード
  • JCB ファーストローン+
  • ポケットカード Fマネーカード
  • クレディセゾン マネーカード
  • ジャックス プレミアビアージュ
金利融資までの期間融資可能金額
3.5〜18.0%約2週~3週間~800万円

銀行系カードローンの特徴

銀行系のカードローンは長期向けの融資になります。

無担保・保証人なしで借り入れができますし、金利も低めに設定されています。

利用目的も問わず、好きな時に好きなだけ、いつでもどこでも借り入れができるメリットがありますしメガバンクだと安心感があるのが特徴です。

デメリットとしては融資までに時間がかかる場合がります。

金利融資までの期間融資可能金額
3〜14.5%翌営業日~約1週間~800万円

ろうきんカードローンの特徴

ろうきんとは一般社団法人全国労働金庫協会の略称で銀行でも信販会社でもなく福祉金融機関となります。

安定した年収(150万以上)や勤務先に1年以上勤務しているなど一定の条件を満たしていれば融資を申し込むことができます。

銀行や信販系と違う部分はとにかく金利が低い事。

銀行や消費者金融では14%や18%まで上限金がありますが、ろうきんの場合は平均的に金利6%前後が多く利息を少しでも抑えたい方におすすめのカードローンです。

デメリットは審査機関が異常に長い事。

申し込みから1か月かかる場合も多く、急いでいる方には使い勝手が悪いと言われています。

金利融資までの期間融資可能金額
3〜9%程度1ヵ月程度~500万円

消費者金融系カードローンの特徴

信販系や銀行系に比べると最も審査期間が短い傾向があり、どちらも審査落ちてしてしまった場合は消費者金融のカードローンに申し込んでみましょう。

最短30分程度で審査が終わる消費者金融会社もあり、困ったときに強い味方になってくれます。

金利融資までの期間融資可能金額
4〜18%最短即日~800万円
お金借りる編集部

銀行グループの傘下に入っている消費者金融も多く、貸金業法改正で最大金利20%まで、融資金額は年収3分の1までというルールも徹底されているので、消費者金融と言っても銀行系や信販系の融資ルール、返済ルールはほとんど変わらないので安心です。

カードローン以外でお金を借りる方法

カードローンでお金を借りるのが一般的ですが、その他にもお金を借りる方法はまだまだあるので紹介します。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは「おまとめ」「借り換え」「まとまった資金の借り入れ」に有効なローンで名前の通り自分や家族の不動産を担保にして融資をする方法です。

資金用途は自由で、低金利ですので不動産を所有している人ならばかなり魅力的なローンになります。

金利融資までの期間融資可能金額
0.65〜9.8%程度3週間程度~5億円

年金担保貸付制度

年金担保貸付制度は、国民年金や厚生年金を担保にして融資を受ける制度です。

法律で認められた唯一の制度で、住宅改修や保険、急な出費などの為に小口資金を借りる場合に利用する事ができます。

独立行政法人福祉医療機構での貸し付け審査がありますが、生活保護を受給している、年金支給が停止されている、年金借り入れ残高がある場合などは利用できないなど制限がありますので注意しましょう。

金利融資までの期間融資可能金額
2.8%1ヵ月程度〜200万円

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

カードローンとは別にクレジットカードでもお金を借りることができます。

クレジットカードによって借入できる金額、金利は違いますが一般的にショッピング枠とキャッシング枠が別に付帯されているクレジットカードがほとんどです。

仮にキャッシング枠が50万円あれば審査なしですぐに50万円借りることができます。

金利融資までの期間融資可能金額
12〜18.0%程度即日キャッシング枠まで可能

質屋でお金を借りる

意外と知られてないのですが、質屋は物を売る以外に物を預けて借り入れることが可能なのです。

期間内にお金を返済すれば預けたものは返却されますし、返済しないと決めればお金を返す必要もないわけですね。

審査なし、取り立てもなし、預けれる物さえあれば誰でも借り入れできるのでおすすめです。

仮にキャッシング枠が50万円あれば審査なしですぐに50万円借りることができます。

金利融資までの期間融資可能金額
月4%程度即日預けた物の価値

生活福祉資金貸付制度

貸付対象が低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯になりますが市区町村社会福祉協議会からお金を借りることができます。

金利も安く、連帯保証人を立てる場合は0%、立てない場合は1.5%になります。

意外と審査は厳しめで、少しでもお金に余裕、または資金を他から調達できるとわかれば審査落ちしてしまいます。

金利融資までの期間融資可能金額
0%~1.5%1ヵ月程度40万~60万

緊急小口資金

緊急小口資金も社会福祉協議会からの貸付で、原則として一世帯10万円まで借りることができます。

特別な条件を満たすと20万円まで借りることも可能です。

無利子で借りることができますので、本当にお金に困ったときに利用すると良いと思います。

生活福祉資金制度の審査に落ちても緊急小口資金の審査に通る人が大勢います。

金利融資までの期間融資可能金額
無利子2〜4週間程度10万円(20万円)

総合支援資金

こちらは失業された方向けの貸し付けで、生活費用という名目でお金を借りることができます。

単身世帯で月15万円、二人以上の世帯で月20万円まで借りることができ、保証人不要・無利子です。

金利融資までの期間融資可能金額
無利子2週間〜1ヵ月程度単身世帯月15万円以内(複数世帯20万円以内)

契約者貸付制度

契約者貸付制度とは生命保険を利用してお金を借りる制度です。

こちらは保険会社からお金を借りる制度ですので結構知らない方も多いと思います。

融資可能金額は解約返戻金によって決まりますので希望の金額を融資してもらう事は厳しいですが、審査なし低金利ですぐに借りる事ができるのがメリットです。

金利融資までの期間融資可能金額
2〜6%程度最短即日解約返戻金内

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

20歳未満の子供を扶養している配偶者のない方向けの貸付制度です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 修学資金
  • 技能習得資金
  • 修業資金
  • 就職支度資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 転宅資金
  • 就学支度資金
  • 結婚資金

基本的に無利子で月額単位でお金を借りたり、数百万円単位で借りる制度も中にはあります。

返済期間も長く、国からの借り入れなので信頼性と安心感はトップレベルですね。

金利融資までの期間融資可能金額
保証人あり無利子(保証人なし1%~1.5%)1ヵ月程度~287万円

【法人向け】お金を借りる方法

ビジネスローン

法人向けの融資に「ビジネスローン(個人事業者向け、法人向け)」がります。

どちらも総量規制がありませんので融資可能金額も大きく、運転資金から設備投資まで幅広く自由にお金を借りることができます。

金利融資までの期間融資可能金額
3.0〜18.0%最短即日1000万円

日本政策金融公庫

ビジネスローンの前に日本政策金融公庫で融資を受けるのが一般的で、創業融資や一般貸付、セーフティ貸付、環境・エネルギー対策貸付など幅広い貸付制度があります。

創業融資は基本的に資本金の2~3倍程度までしか借りられませんが、事業計画がしっかりしていれば1000万円程度借りれるケースもあります。

貸付の限度額は7億2千万円までと法人にとってなくてはならない存在です。

金利融資までの期間融資可能金額
制度により変化1ヵ月程度〜7億2千万円

【即日融資】おすすめのカードローン

プロミス

CMでお馴染みのプロミスですがカードローン顧客度満足調査で1位になっているほどリピーターも多く信頼できます。

事前審査も最短15秒で結果がわかるので無駄な時間は一切ないのが良いですね。

初めての方だと30日間無利息(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)になるので短期間の借り入れにもおすすめです。

  • 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
  • 新規契約時点のご融資額上限は、50万円までとなります。
プロミスのメリット
  • 事前審査も最短15秒
  • 24時間振り込み対応(土日祝日夜間もOK)
  • 審査結果からの着金が最速(最短10秒)
金利融資までの期間限度額
4.5~17.8%最短30分500万円

アイフル

アコム、プロミスに次いで大手のアイフル。

全国にある無人契約ルームでアイフルカードを発見する事ができ、ネット上では借り入れ可能か最短1秒で診断する事が出来ます。

デメリットとしてコンビニATMで手数料がかかってしまうので注意が必要です。困ったときでも24時間チャットでサポートしてもらえるのでいいですね。さらに女性専用ダイアルもあります。

金利融資までの期間限度額
3.0~18.0%最短30分〜800万円

アコム(カードローンが初めての方におすすめ)

「初めてのアコム♪」とCMでもお馴染みのあの曲のカードローンです。

三菱UFJフィナンシャル・グループですので信頼性もありますし、アコムは借入可能か3秒で診断できます。

限度額が800万円と高額融資も可能で審査から即日振込も可能です。

融資までの流れ
STEP
ネットで申し込み

365日24時間で申し込み可能(スマホ・PCなど)

STEP
申し込み後メールに記載されたURLから書類をアップロード

ホームページ、FAX、郵送、店頭窓口、自動契約機から書類審査できます。

STEP
審査結果最短30分

審査は約30分程度で終わり、審査後は即入金となります。

スマホからの借り入れが約9割と全てWEB上で完結できるのでプロミス同様時間の無駄なく貸付が可能となっています。

全国5万台以上のATMや自動契約機「むじんくん」ですぐにカード発行も可能。

24時間365日振込対応ですのですぐにお金が必要な方はアコムを利用するの良いと思います。

金利融資までの期間限度額
3.0~18.0%最短30分〜800万円

まとめ

一般的なお金を借りる方法を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

やはり一般的な借り方はカードローンで、スマートフォンの普及により必要書類もカメラですぐに提出できるので最短審査・即日融資がメジャーになってきています。

20万~50万程度であれば身分証明書(免許証など)があればすぐにお金を借りれることができますので、気になる会社がありましたがぜひこの機会に申し込んでみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる