ファイナンシャルプランナーって何?業務内容や資格取得のメリットを紹介!

ファイナンシャルプランナーという仕事に興味を持っている人はたくさんいるでしょう。

とはいえ、具体的な業務内容やファイナンシャルプランナーに必要な資格についての知識がない人もたくさんいます。

そこでこの記事では、ファイナンシャルプランナーはどのような仕事をするのか、どんな資格を取得しておけばいいのかということについて、詳しく解説していきます。

目次

ファイナンシャルプランナーの仕事内容とは?

ファイナンシャルプランナーというのは、簡単に言ってしまうとお客さんが抱えるお金の悩みを解決する仕事です。

とはいえ、

「そんな簡単な説明じゃ理解ができないよ」

という人もいると思いますので、もう少し具体的にファイナンシャルプランナーの仕事内容を掘り下げていきます。

ライフプランの考案

人間が生きていくにあたって必ず必要になるのは、「お金」です。

年齢を重ねると、結婚や出産、マイホームを建てるなど、様々なイベントが発生しますよね。

このようなことから、生涯のお金に関する悩みを抱えている人もたくさんいるのです。

ファイナンシャルプランナーは、生涯のお金に関する悩みを抱えている人に対して、親身になって必要な金額を計算したり、必要なお金を工面するための施策などをアドバイスしていきます。

資金計画のアドバイス

ファイナンシャルプランナーのもとには、

「今これくらいの貯金があるんだけど、大丈夫なのかな?」

「貯金が全くできないんだけど、どうすればいいんだろう」

という相談が度々寄せられます。

このような相談に対して、どうすれば貯金できるようになるのか、現時点で最低限貯めておくべき貯金がいくらなのかをアドバイスしていくのもファイナンシャルプランナーの仕事なのです。

ファイナンシャルプランナーってどんな資格?

多くのファイナンシャルプランナーが「FP」という資格を取得しています。

この資格は、

・民間資格
・国家資格

が存在していて、言わずもがな国家資格の方が取得難易度が高く、お客さんからの信頼も得やすいです。

ファイナンシャルプランナーの資格を取得するメリットは?

ファイナンシャルプランナーには資格がいくつか存在していますが、資格がないとなれないのかと言われると、そういうわけでもありません。

ではなぜ、多くのファイナンシャルプランナーが任意でFPの資格を取得するのでしょうか。

資格を取得することで得られるメリットについて、詳しく見ていきましょう。

誰かのお金の悩みを解決できる

FPの資格を取得するということは、お金に関するそれなりの知識が必要になります。

FPの資格があれば、一般人よりはお金に関する知識があるとみなされますので、お客さんも安心して相談してくれるようになるのです。

皆さんも、全く資格を持っていない自称「ファイナンシャルプランナー」よりも、資格があり実績もあるファイナンシャルプランナーに依頼したいと思いますよね?

このようなことから、ファイナンシャルプランナーは自らの知識強化と、お客さんからの信頼獲得のために資格を取得するのです。

自分のお金周りの問題を解決できる

先ほども解説したように、FPの資格を取得することでお金周りの知識を身に着けることができます。

そうすることで、お客さんの悩みを解決できることはもちろん、自分のお金に関する課題も解決しやすくなるのです。

ファイナンシャルプランナーのやりがい、辛さとは?

では最後に、ファイナンシャルプランナーとして働くことのやりがいや辛さについて、詳しく見ていきましょう。

やりがい

ファイナンシャルプランナーとして働くことで、お金に関する悩みを抱えている人からの「ありがとう」を聞くことができます。

お金というのは生きていく上で必須のアイテムになりますので、かなり深刻な悩みを抱えている人もたくさんいるのです。

これに伴って、ファイナンシャルプランナーも親身になって相談に乗る必要あがありますし、それぞれのお客さんに合わせたプランを計画していかなければなりません。

場合によっては地味な作業になることもありますし、辛いと感じることもあるでしょう。

しかし、全ての計画やプランニングが終了し、

「あなたのおかげですっきりした、ありがとう」

と言われれば、それまでの苦労はどこかに吹き飛んでしまうのです。

辛さ

ファイナンシャルプランナーとして働くと、様々なお客さんと会う機会があります。

自分のアドバイスや助言を素直に実行し、かなりスムーズに課題を解決できるケースもありますが、中にはなにかと言い訳をして行動に移さない人もいます。

課題に対する解決策を実行しなければ、当然問題を解決することができません。

ただ、自分が行動しないことは棚に上げて、

「ファイナンシャルプランナーの質が悪い」

「相談しても何も解決しなかった」

と言われてしまうことがあるのです。

これが、ファイナンシャルプランナーとして働くことの「辛さ」と言えるでしょう。

まとめ

ファイナンシャルプランナーというのは、お客さんのお金に対する悩みを聞き、それぞれのお客さんに合った解決策を示す仕事です。

関連の資格もいくつか存在していますが、必須ではありません。

ただ、資格があった方が自分の知識も深くなっていきますし、お客さんからの信頼も得やすいと言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナーはお客さんに寄り添いながら仕事をすることができますので、大きなやりがいを感じられる仕事と言えます。

一方で、この仕事ならではの「辛さ」も存在していますので、両方を理解したうえでファイナンシャルプランナーへの道を切り開いていきましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる