自己破産におすすめの法律事務所ランキング!弁護士費用や会社や家族にバレるのか影響まで解説

お金を借りたら返済しなければなりませんが、返済期限に返済できなくなった場合は債務整理をすることをおすすめします。

債務整理には任意整理、個人再生などがあり借金を減額する事ができますが、結局お金を返さないといけません。もし、家や車など高級な財産を持っていない場合、または財産を手放しても良いという人は、借金を0にできる自己破産を検討しましょう。

自己破産についてわからない人もいると思いますので、この記事では自己破産について詳しく解説していきます。

\1分で借金いくら減るか診断!/

目次

自己破産は借金を0にできる

3ヶ月以上支払いの滞納が続いた場合は、債権者側は全ての借金を一括請求することができます。しかし、一括請求をしてきても、返済できなかったから滞納しているのですから、当然一括で支払えるわけがありません。

一括請求してきても大抵の場合は翌月以降も返済できない人が多いです。

そうすると債権者は、いよいよ給与や財産の差し押さえ請求することになります。

借金を返せない場合は、利息がずっと増え続けて大量の借金を背負うだけではなく、自宅や自動車あるいはその他の財産まで差し押さえられてしまいます。そうなると会社にも借金がある事は当然バレますし、家族や親戚にもバレます。

最悪の場合生活保護やホームレスになってしまい、その場合でも借りた利息は増え続けるのです。

借金が残ると利息の返済だけで生活が苦しくなるのは間違いありませんが、そんな状態になる前に、法律で借金を全てなかった事にできる自己破産という選択肢があります。

自己破産をすることにより、今までの借金を全てなくすことができるわけです。

債務者を救う最後の手段として誰でも正当な権利として自己破産のような債務整理をする事が可能です。

\1分で借金いくら減るか診断!/

自己破産をする手順

自己破産のやり方は、自分でする事は不可能ではありませんが法律家に頼るのが一般的です。

弁護士に依頼すると当然お金がかかりますが、自己破産をしなければいけない状態なのに、果たして弁護士に支払うお金を用意することができるかといった問題です。

これに関しては、普通に考えれば用意することができないものの、弁護士のほうもその対応策をしっかりと考えており、基本は お金が用意でき次第分割払いで支払っていきます。

例えば手続きをするのに自己破産費用20万円のお金がかかった場合でも一括請求することはなく、お金が用意でき次第分割払いをする仕組みになります。

例えば500万の借金あったとして、それが弁士費用20万だけになるならとてもお得ですよね。

例:借金500万毎月7万の借金返済が弁護士費用20万毎月返済5千円くらいになる

当然ながら、破産をした後に債務者は、しっかりと働くことが条件になります。

このように、弁護士に支払うお金に関しては問題ないため無一文でも気軽に利用してみると良いかもしれません。

\1分で借金いくら減るか診断!/

自己破産をした後

では、自己破産をした後どのような生活が待ち受けているでしょうか。

これに関しては様々な噂があり、働くことができないといったことや、様々な権利が失われるといった話がありますが、このような噂は一人歩きをしていることがほとんどで、実際には噂通りにはならないのが普通です。

破産をした後は、財産を失うことになりますがそれは高額な財産に限られます。

財産差し押さえはどの程度?

自己破産すると管財人によって財産の差し押さえがあります。

20万円以上の財産を差し押さえられそれを売却されるのが基本となっているため、住宅を所有している場合や自動車を所有している場合は大抵差し押さえられてしまいます。

差し押さえられてもすぐに家を追い出されるという事はなく、場合によっては何年もそのまま住み続ける人もいるようです。

自己破産しても20万円未満の財等は、ほとんど処分されない

例えば、自転車を所有している場合や家具などを所有していても高価なものでない場合はそのまま自分で利用することができます。

40万のパソコンとか50万のテレビがあっても弁護士が部屋の中を物色する事はないとされていて家具は中古品扱いになります。あくまでも不動産とか本当に大きいものに限ります。

お金借りる編集部

よく見る家具とかの差し押さえは自己破産ではなく税金の滞納です。実は、税金の滞納は借金よりも遥かに怖いんです。

破産をしたからといって部屋の中のもの全てを失うわけではありません。

現金は差し押さえられる?

現金を持っている場合は990,000円までは差し押さえされますが、直ちに無一文になるわけではなく必要最低限の生活は確保されますし、普通に生活をすることができます。

そのため、残りの貯金が100円とかになるまで頑張る必要はないんです。

ある程度の貯金がある状態で今後返済不能に陥る可能性がある時は、すぐに法律の専門家に相談する事をおすすめします。

\1分で借金いくら減るか診断!/

【無料相談】自己破産に強い弁護士ランキング

東京ロータス法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円
報酬金:300,000円
自己破産着手金:200,000円
報酬金:200,000円
過払い金報酬回収額の20%
東京ロータス法律事務所のメリット
  • 自己破産の相談何回でも0円
  • 土曜日曜祝祭日・全国各地サポート
  • 手法・成功体験数知れず

\ 何度相談しても無料 !/

弁護士法人ひばり法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:200,000円~
報酬金:200,000円~
過払い金報酬回収額の20%
弁護士法人ひばり法律事務所のメリット
  • 自己破産相談費用0円・終日受け付け
  • 着手金分割可能
  • 日本国内対応OK!

\ 何度でも相談無料! /

アース法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円~
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:300,000円~
報酬金:300,000円~
過払い金報酬回収額の20%~
アース法律事務所のメリット
  • 自己破産相談ゼロ円
  • 全国各地対応可能
  • 成功体験3,500件以上

\必ず解決できる方法があります /

まとめ

自己破産をするとお金に困ったとしても金融機関からお金を借りることができないし、クレジットカードも作ることはできません。その点の制限は理解してお金の管理をすることが必要になります。

自己破産をすると信用情報に載るというデメリットはありますが、免責していれば職業選択の自由や選挙権なども制限されません。

自己破産をした事実は官報に掲載されますが、よほどのマニアではない限り官報なんて見ることもないので、考えてたよりもデメリットは少ないように思います。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる