信用組合と信用金庫って別物なの?それぞれの違いを分かりやすく解説!

「信用組合と信用金庫は同じ仕組みでしょ?」

こう思っている人は意外とたくさんいます。

信用組合と信用金庫というのは、確かに似ている側面もあるのですが、細かく見ていくと違う点がいくつもあり、この違いをただし理解しておかないと、いざ利用したいと思った時に困ってしまうのです。

そこでこの記事では、信用組合と信用金庫の違いや、利用すべき人の特徴について詳しく解説していきます。

目次

信用組合と信用金庫の違いって何?

これから解説する違いについては、普通に生活をしていると中々知ることができない情報となりますので、しっかりと頭に入れておくことをおすすめします。

設立目的

信用金庫というのは、地域に根付いた活動を行っていて、会員の出資金を基にお金を必要としている人に融資を行っています。

信用組合も、地域に根付いた活動を行っているのですが、その地域に住んでいる人がお互いにお金を出し合い、それぞれが資金を融通し合うという相互作用もありますので、信用金庫とは若干仕組みが異なります。

対象者や組織の違い

信用金庫というのは、出資してくれる会員によって成り立っている組織です。

会員には、会社員や個人事業主、中小企業など様々な人がいます。

信用組合も基本的な仕組みは同じで、会員によって組織が構成されているのですが、会員になるための条件や資格が信用金庫よりも緩めに設定されているのです。

信用金庫の基礎知識

では次に、信用金庫を活用するメリットやデメリットについて、詳しく解説していきます。

利用するメリット

信用金庫の会員になっていれば、仮に業績が悪くても融資を受けられる可能性があります。

銀行などの金融機関は、業績や返済能力が物を言いますので、仮に返済能力なしと判断されてしまった場合は、会社が窮地に陥っている場合でもお金を貸してもらうことができないのです。

利用するデメリット

信用金庫を活用して融資を受けた場合、金利が比較的高くなることが予想されます。

なぜなら、信用金庫というのは銀行よりも規模が小さく、資金的な余裕も銀行と比べると少ないため、高い金利を取って運営せざるを得ないからです。

また、業績が落ちていても融資を受けられる可能性がありますが、慈善事業ではありませんので、融資金額が少なくなってしまうことも考えられます。

信用組合の基礎知識

では次に、信用組合を利用して融資を受けるメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

利用するメリット

信用組合の場合は、信用金庫よりも地域への密着度が高いです。

若干ではありますが、信用金庫よりも会員になるための条件や資格が緩いため、小さく事業を営んでいる人でも融資を受けやすくなります。

利用するデメリット

信用組合も銀行と比べると規模が小さく、尚且つ資金的な体力も少ないため、金利が高くなったり、借りられる金額が少なくなったりする可能性があります。

信用金庫の場合は会員でなくても融資を受けられることがありますが、信用組合の場合は組合員になっていないと融資制度を受けることができませんので注意が必要です。

信用組合や信用金庫の利用をおすすめする人

最後に、信用組合や信用金庫の利用を使うべき人の特徴について、詳しく解説していきます。

起業したばかりの人

起業して間もない頃や、経営方針が定まっていない段階で銀行に融資の相談をしても、審査で落ちてしまう可能性が非常に高いです。

信用組合や信用金庫の場合は、比較的融通を利かせてもらえるため、少額にはなってしまうかもしれませんが、資金を融通してもらえる可能性が高いと言えます。

個人事業主から法人化した人

個人事業主から法人化した人の中には、事業形態の変化に伴って経営に関する悩みを抱えている人も多いでしょう。

信用組合や信用金庫は、融資の相談だけではなく経営の相談にも乗ってくれるため、良きビジネスパートナーとなるのです。

地域特化型のビジネスをしたい人

信用組合も信用金庫も、地域密着型の金融機関です。

そのため、地域の発展や地域への貢献に繋がるビジネスをしている人には、手厚いサポートを行ってくれるのです。

親身になって事業相談をしたいと思っている人は、信用金庫や信用組合を活用してみることをおすすめします。

できるだけ早くビジネスを展開したい人

まとまった資金があった方が、ビジネスをより早く軌道に乗せられます。

銀行や金融機関に行くと、審査や融資までに時間がかかってしまったり、融資金額がかなり低くなってしまうこともあるでしょう。

信用組合や信用金庫の場合は比較的融資を受ける難易度が低いため、できるだけ早くビジネスを展開していきたいと思っている人にもおすすめできます。

まとめ

信用組合と信用金庫は非常によく似た金融機関です。

ただ、細かく見ていくと違いがいくつか存在し、活用するメリットやデメリットも異なります。

地域密着型のビジネスを展開している人や、融資の難易度を落としたいと思っている小規模事業者は、今回紹介したことを参考にしながら、信用金庫や信用組合と上手に付き合っていくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる