介護費用保険って一体何?介護保険とは何が違うの?

人間は年を取ります。

年を取るということは、それだけ病気のリスクも高くなりますし、体力的にも衰えてきます。

このようなリスクに備えたいと考え、

「介護費用保険に入ろうかな」

と思っている人は多いでしょう。

そこでこの記事では、介護費用保険とはそもそも何なのかということについて詳しく解説していきます。

目次

介護費用保険って一体何?

介護費用保険というのは、その名の通り介護にかかった費用をカバーできる保険のことを指します。

これは介護を受ける側にとってもメリットがありますし、介護する側にもメリットがあると言えます。

というのも、

「家族に迷惑をかけてまで生きたくない」

と考えている高齢者の方も非常に多くいますし、

「徹底的にサポートしてあげたいけど、費用を捻出できない」

と悩んでいる人も多いです。

この保険に加入することで、介護される側もお金のことを気にすることなくサポートを受けることができますし、介護する側も安心してサポートしてあげられるようになるのです。

介護費用保険と介護保険って何が違うの?

介護費用保険と似た言葉に、介護保険というものがあります。

介護保険というのは、生命保険の部類に入り、一定金額の保険金を毎月受け取ることができます。

一方、介護費用保険は介護にかかった費用をその都度受け取ることが可能なのです。

2つの保険は、非常によく似ていることから、近年では両方の特徴を持った保険が数多く登場しています。

介護費用保険で補償対象になるものは?

「一体どんな費用をカバーできるの?」

という疑問を抱えている人もいるでしょう。

介護費用保険では、

・介護施設及び医療機関に支払ったお金
・介護をするためにかかった費用(おむつ代など)
・介護のための増改築費用(ベッド代、手すり設置費用など)

などが対象となっています。

加入するメリットは?

では、民間の介護保険や介護費用保険に入るメリットとは一体何なのでしょうか。

経済的な安心を得られる

先ほども解説したように、介護には思ったよりも費用が掛かります。

この費用面を気にして、常に気を使っている高齢者などもいますし、介護はしたくても費用が捻出できないと頭を抱えている家族の方も多いです。

介護関連の保険に加入しておくことで、このような経済的な不安を払しょくすることができるのです。

40歳未満でも介護リスクに備えられる

公的介護保険の場合、40歳未満は適用されないケースがあります。

しかし、民間の介護保険に加入しておくことで、40歳未満でも介護リスクに備えることができるのです。

介護と聞くと、高齢者を思い浮かべる人が多いですが、交通事故などによって介護を余儀なくされてしまうケースも0ではありません。

このような事態に備えたい場合は、民間の介護保険に加入しておくことをおすすめします。

自分に合う保証内容を選べる

民間の介護保険には様々な種類があります。

これをデメリットと考える人もいますが、自分に合った保険を見つけることができれば、不要な項目を抜かして本当に必要な補償のみをつけることも可能になります。

また、不要な補償に保険料を支払う必要もなくなりますし、費用対効果も高くなると言えるのです。

自分に合う内容がよくわからないという場合は、専門家や保険会社のアドバイスを聞きながら、自分自身で内容や条件等を絞り込んでいくことをおすすめします。

加入するデメリットは?

次に、民間の介護保険や介護費用保険に加入するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

保険料が発生する

これは介護関連の保険に限った話ではありませんが、保険に加入する場合は毎月保険料の支払いが発生します。

どれくらい費用が掛かるかというのは、保険の内容や年齢などによっても変わるため一概には言えません。

ただ、少なからず保険加入前には必要のなかった支払いが発生しますので、慎重に検討することをおすすめします。

特にたくさんの保証を付ける場合、公的保険とは比べ物にならないくらい高額になってしまうことが考えられます。

保険料はいつか自分の生活の助けになってくれるのですが、毎月支払っていける費用をしっかりと計算しておかなければなりません。

「将来に備えるためにお金を払ったはいいものの、今の生活が厳しくなった」

となってしまっては元も子もありませんので注意が必要です。

要介護2以上認定がないと給付が受けられない

介護保険というのは、誰でも受け取れるわけではなく、一定の基準が定められていることが多いです。

特に多いのは、

「要介護認定2以上」

という条件です。

このような条件に満たない場合は、保険金を受け取ることができない可能性がありますので注意しましょう。

まとめ

介護費用保険というのは、介護にかかった費用をカバーするための保険ですが、最近は介護保険とセットになっていることが多いです。

セットで加入した方が効率が良いですし、様々な補償を受けやすくなりますので、単体で加入するよりは費用に関する補償がついている介護保険に入る方が賢いと言えるでしょう。

介護というのは高齢者ももちろん含まれるのですが、若年層でも交通事故などによって介護が必要になることもあります。

そのため、決して他人事だと思わずに、真剣に検討していくようにしましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる