人生の転機が来たらどうする?予兆やサインを見逃さずに準備しておこう

人生の転機が来たらどうする?予兆やサインを見逃さずに準備しておこう

「振り返ってみると、あのときが転機だったなあ」 

人はそんな風に、人生を振り返ることがあります。けれども、これまでとは違う新しい環境に入っていくタイミングで、「今が大事なんだ!」と意識できるかどうかは難しい問題です。 

「最初から気づいていれば、もっと色々やりようがあったのに」 

「今なら、何をすれば良いのかわかるのになあ」 

そんな風に後悔を覚えることもあるでしょう。その経験を活かして、これからは「人生の転機」が来る前から準備しておくことをお勧めします。 

そのために大事なのは「人生の転機の予兆やサインを見逃さないこと」。 

そして、「そのとき何をすべきか把握しておくこと」です。 

特に、仕事での転機が訪れたとき、どう動くかはその後の人生に大きな影響を与えますよね。そこで今回は、人生の転機の予兆を捉え、そのときどう動けばいいのかを、特に「仕事面」を重視してお伝えしていきます。 

目次

「人生の転機」ってどんなとき? 

人生が変わるタイミングはいろいろありますが、具体的に「今が転機だ!」と意識できれば、もっと良い行動が取れますよね。 

そこでまずは、何が人生の転機になり得るのか、5つの候補をご紹介します。 

【人生の転機となるタイミング】 

  1. 健康を損なったとき(病気や事故など) 
  2. 家族や友人、恋人との別れ 
  3. ライフスタイルが変わるとき(進学、就職、結婚、出産など) 
  4. 職を失ったとき(失業、事業の失敗) 
  5. 自分の成長を感じたとき 

まずは、それぞれ詳しく説明していきますね。 

健康を損なったとき(病気や事故など) 

大きな事故に遭ったり、入院するような病気にかかると、それまでの日常生活は一変します。今まで「なんとなく」過ごしてきた日々を失うことで、普段とは全く違う思いや考えが浮かんでくるはずです。 

「今までの生活はいいものだったな」 

「このままの人生で本当にいいのかな…」 

「死ぬかもしれないんだから、やりたいことをやっておきたい」 

など、健康を取り戻しても、今までとは違う考え方をするようになる人は多いものです。大病をわずらって人生が変わった、というのはよく聞く話でもあります。 

病気や怪我で今までと同じように働けなくなることもあります。転職したり、場合によっては転居したりと、人生が大きく変わることもあるため、まさに「人生の転機」と言えるタイミングです。 

これまでの自分を見つめ直すきっかけになりますので、価値観が変化するタイミングでもあり、場合によってはチャンスを掴む時期とも言えます。 

家族や友人、恋人との別れ 

突然やってくる身内の不幸や、友人との縁の終わり。あるいは配偶者・恋人との別れには、誰しも孤独を覚えるものです。気持ちに大きな変化を与える「別れ」は、人生の転機の一つです。 

別れの多くは、哀しく辛いものですし、実際の生活に大きく影響を及ぼすことも多いです。家族を失って仕事を変えなければならなくなったり、引っ越したりと大きな喪失となる人もいるはずです。 

生きていれば必ず別れはあるもので、不可抗力のことも多く、辛い思いをしたり生きがいを失ったりと、苦しい時間が続くでしょう。 

そして時が流れて気持ちが癒やされたときに、人生の分かれ道であったということに気づくはずです。この時期に、自暴自棄になって間違った選択をしないよう気をつけましょう。 

ライフスタイルが変わるとき(進学、就職、結婚、出産など) 

明るく人生が変化するタイミングももちろんあります。 

進学して初めての一人暮らしをしたり、就職して新入社員として働いたり、結婚などで家族が増えるなどライフスタイルの変化は、ポジティブな「人生の転機」となりえます。 

このような節目に、人は生活だけではなく気持ちも変化するものです。実際に、住む場所、収入なども大きく変わってくるので、自分で自分を変えやすい時期とも言えるでしょう。 

職を失ったとき(失業、事業の失敗) 

生きていくためにはお金が必要です。 

そのため、リストラなどによる失業や事業の失敗は、人生が大きく変わるタイミングです。 

今まで通りの生活が突然出来なくなるわけですから、多くの人は不安を覚えますし、ネガティブな気持ちに囚われてしまう時期でしょう。そんな中で、失業保険を申請したり、年金や健康保険の手続きをしたりと、慣れないことに追われて色々思い悩んでしまう人も多いようです。 

また、事業を失敗した場合は、多額の借金を負う恐れもありますし、自信の喪失も大きいはずです。「これからどうなるんだろう」というショックや不安は、人生を変える、見直す大きなきっかけになるでしょう。 

こういうときはどうしても焦ってしまいますが、気持ちを落ち着けることが大切です。不安に駆られて行動すると、これからの人生まで失ってしまうことがあるからです。たとえば、再就職に焦ってブラック企業に就職してしまったり、リスクの高い投資に手を出して大きな損を出してしまったりと、「泣きっ面に蜂」のような状況に陥ってしまうこともあるのです。 

「普段だったら絶対にしないこと」をしてしまう時期でもあります。 

けれどそれが良い方向に進めば、とてつもなく大きなパワーにもなるものです。 

冷静な判断が出来ないときは、家族や友人に頼って心のケアをしていきましょう。また、再就職に際しては転職エージェントを利用するなど、専門家へ相談していきましょう。慌ただしい日々になると思いますが、いずれ気持ちが落ち着いたとき、あなたの心は成長しているはずです。 

「人生の転機」をうまく使って、今後に活かそうという気持ちを持てたらいいですね。 

自分の成長を感じたとき 

最後にご紹介する「自分の成長」については、他の4点と違って、自分で自分の内面を見つめることで静かに訪れる転機です。 

具体的に、昇進したり試験に合格したりという結果をもって「あ、自分は随分スキルアップしたな」と思うこともあります。そうでなくても「周りの人と話が合わなくなってきたな」とか「もっと自分に出来る仕事がある」とか、もどかしさを感じたときも成長のサインと言えるでしょう。 

自分のステージを上げるときが来たと感じたら、それも「人生の転機」の一つです。 

具体的に何もなくても、心の成長は訪れます。そういうとき、次のステージを求める人は、たとえば、結婚したいと思ったり、転職して能力を発揮してみたいと思ったりするようです。 

ここまで5つの「人生の転機」になりうる機会をご紹介してきましたが、心当たりがあったでしょうか? 

この変化については、自分から自然と人生を変えようと思う場合と、外的要因で強制的に人生が変わってしまう場合の2種類があります。 

どちらにせよ、人生の分かれ道に立ったとき、それが自分の一生を左右する選択だと意識するのは難しいものです。「あのときもっと考えていれば…」などと後悔しないためには、事前の心構えが大切です。 

次は、人生の転機の予兆についてご紹介していきますね。 

人生が変わるタイミングはいつ? 予兆に気づいて正しい選択を! 

人生を後から振り返れば「思えば、あれは虫の知らせだったのかも…」と言える出来事があることもあります。 

事前に気づけたら良かったのに、と後悔している人も多いでしょう。けれど、未来は予測できません。そんな中でも「こういうことが予兆になりうる」というポイントがありますのでご紹介します。 

「もしかして…」と思ったときに参考にしてくださいね。 

【人生の転機の予兆とは?】 

  1. 仕事や趣味に打ち込めなくなる 
  2. 生活を変えたくなる(引越しや断捨離など) 
  3. 順調だったことが、突然上手くいかなくなる 
  4. 眠くて何も手につかない 
  5. 昔を振り返ってしまう 
  6. 今年が厄年 

どれか心当たりがあるでしょうか? それでは、それぞれ詳しく説明していきますね。 

仕事や趣味に打ち込めなくなる 

「今まで大好きだった趣味があるのに、突然熱が冷めてしまった…」 

「仕事を頑張ってきたのに、いまやる気が出ない」 

「夢中になっている時期が長かったので、いま打ち込むものがなくて寂しい」 

仕事でもプライベートでも、何かに熱中している時期は楽しく人生に迷いはでません。けれど、その気持ちを失ったとき、心にぽっかり穴の空いたような気持ちになることがあります。 

こんな風に、今まで打ち込んできたものに興味を失ってしまったときは、人生の転機が来るという予兆なのかもしれません。 

あなたは、新しい何かを求めているのです。それが仕事の場合は、今の仕事内容や職場の人間関係に慣れきってしまった物足りなさかもしれません。自分が成長して、次のステージを求めている気持ちが「やる気のなさ」に繋がっているのかも? 

とはいえ、すぐに「転職しよう」「新しい趣味を探そう」と決めてしまうのも早計です。もしかしたら、体調不良や心の疲れ、ストレスなどからくる無気力なのかもしれません。「仕事に刺激が欲しい」「趣味に飽きた」ではなく「仕事に行きたくない」「何もかもやりたくない」という場合は、過労や心の病気という可能性もあります。 

まずは、今の自分がどんな状態なのかを見つめ直してくださいね。 

生活を変えたくなる(引越しや断捨離など) 

「特に理由はないけど、引っ越しをしたくなって住む場所を変えてみた。そうしたら急に仕事もプライベートも変わってきてびっくり。あとから変化がついてきた感じ」 

「断捨離がきっかけで、人生観が変わった。自分に必要な者を見つめ直す作業がよかったと思う」 

このように、自分から「生活の変化」を求めて行動したくなったときは、人生の転機が来る予兆と言えるでしょう。今の環境や生活に不満がないのに自分を変えたくなるということは、無意識に「変わりたい」と思っていると考えられます。 

自分で自分の人生を変えたいと思う気持ちが、生活環境を変えたいという気持ちになって出てきているのかもしれません。こういうときは、素直にその気持ちに従った方がポジティブな結果が期待できそうですね。 

順調だったことが、突然上手くいかなくなる 

「急に仕事で困難ばかり起きるようになった」 

「今までプライベートがすごく楽しかったのに、今はトラブルばかり」 

順風満帆に思えた人生が急にトラブルに見舞われると、人は戸惑ってしまいます。けれどもこれこそ、人生の転機が訪れる前触れと考えることも出来ます。 

でも、何故急に上手くいかなくなってしまったんでしょうか? 

それは運不運ではなく、実はあなたの内面の変化が外に現れてきた状態かもしれません。 

【公私ともに上手くいかない原因は?】 

  • 自分の身の周りに変化が起きているのに、それに気付いていない 
  • 環境の変化に合わせて、自分を変えることが出来ていない 
  • 仕事等で自分が成長して、いまのステージ(業務内容・人間関係)が合わなくなってきた 
  • 単調な繰り返しに飽きて、人付き合いや仕事がおろそかになっている 

このように、自分と周囲にズレが生じている状態が「上手くいかない」とあなたが感じている理由かもしれないのです。こういうとき、人は不満を持ちやすいですし、自分は悪くないと思いがちです。 

けれども、人生の転機を前にしたときは、不満を抱えて凝り固まった心でいるよりも、新しい何かを目指してポジティブな気持ちを抱くことが大切です。今後の人生をより良い者にするためには、ぜひ「変化に挑む」「自分が変わる」という前向きな気持ちを持っていて欲しいです。 

具体的には、自分の状態や周囲の状態を観察し、自分の生き方や気持ち、あるいは生活環境を変えていくことで、人生の岐路に立つ前の心の準備が出来るはずです。 

眠くて何も手につかない 

「最近やたら眠い」 

「ちゃんと睡眠を取っているのに……」 

「仕事もハードな時期じゃないし、何故眠いんだろう?」 

こういうときは、まず病気や体調不良を疑ってしまいますよね。 

その可能性は勿論あるので、眠気が長引くようでしたら、医療機関への相談をお勧めします。でも、「これは病気じゃないな」と思う人も多いはずです。 

働き過ぎや寝不足ではないときに眠いというのは、人生の転機を前にした充電期間かもしれません。スピリチュアル・カウンセラーの観点からすると「寝ている時間は「あちらの世界」との対話を持つ時間でもある。人生が大きく変わるときは、事前の打ち合わせで眠る時間が多くなる」という考え方があるようです。 

身体は、人生の転機を予感すると、無意識に体力や精神力をため込もうとして眠くなるのかもしれません。もっと物理的に考えると、実は意識しないところで思い悩んで脳を酷使していることで、疲れてしまっているのかもしれませんね。 

こういうときは、「近々何かあるかも」と心に留めておくことで、いざ直面したときに慌てずに対処できるでしょう。 

昔を振り返ってしまう 

「最近、昔の出来事をよく思い出して懐かしく思ってしまう……」 

「あの頃は楽しかったなぁ」 

「良いことばかり思い出すんだけど、悪いことはなんだか思い出せない」 

こういうときは、あなたの心が変化している時期です。特に、過去の楽しい出来事や、良かった時代を回顧するような心境の場合、現状に不満があることの裏返しであることが多いでしょう。 

今がものすごく幸せで充実している人は、過去を振り返る暇がないからです。 

過去の思い出ばかりが蘇って、「昔は良かった」と振り返ってしまうことが増えたなら、現状を改善しなければならないというサインです。あなた自身が変化を求め、努力すべき時期が来ています。 

自分から「人生の転機」を引き寄せようとしているので、準備しやすい状況だと言うことも出来ますね。 

今年が厄年 

「厄年って何歳?」 

「聞いたことはあるけれど……」 

「親に「今年は本厄なんだから気をつけて」と言われた」 

意外と、厄年という考え方は現代に残っています。実は、何か悪いことがあったから「今年は厄年だ」というわけではなく、男性女性ごとに「厄年」と言われる年齢は決まっているんですね。 

【厄年一覧】 

前厄本厄後厄 
24歳25歳26歳 
41歳42歳43歳 
60歳42歳62歳 
男性
前厄本厄後厄 
18歳19歳20歳 
32歳33歳34歳 
36歳37歳38歳 
女性

※厄年は数え年(生まれた年を「1歳」「1年」とする数え方)で判定します 

※地域性などで多少ずれる場合があります 

前厄は、本厄の前の年で、本厄についで災害や災いが降りかかりやすいとされています。 

本厄は、災いが降りかかる年。事件、事故などが起こりやすく、仕事上で言えばリストラ、トラブルなどが起きやすいとされています。 

後厄は、これらのトラブルが徐々に薄まっていく年ですね。 

これらは科学的な根拠はありません。けれどこのように「事件がある年」と覚えていくと、それをチャンスに変えることも出来ます。「何かが動く年」ということで「人生の転機」がある予兆と捉えておくと、いざというときに慌てずにすみますね。 

敢えて厄払いなどお祓いをしておくことで、試練に立ち向かう心の準備が出来るかもしれません。 

「人生の転機」が来た! と思ったら? 

人生の転機は、「自分から変化を求めたとき」「外的要因で変化せざるを得なかったとき」の2種類があります。どちらの場合もこれからの人生のために決断をしなければならない時期です。 

たとえばどんな転機があるかというと…… 

【人生の転機を感じる一例】 

  • 仕事に不満があり、現状を変えたい 
  • 転職の誘いがあった 
  • 異動の内示があった 
  • 結婚を申し込まれた 
  • 起業したい 
  • 家の購入を決めた 
  • 子供が生まれた 
  • 親が病気になった 
  • 自分が病気になった 
  • 親族間トラブルが起きた 

こういうとき、「どのように行動すべきか」は、実は2択でしかありません。 

今の環境を維持したまま、自分の考え方や生き方を変える 

外的要因に合わせて環境を変えたり、新しい課題に挑む 

どちらが正解かは場合に寄ります。 

仮に、「親が病気になった」というなかなか自分だけではコントロールしにくいことでも、「今の仕事を続けながら介護する」なのか「介護しやすい職業に転職する」なのかで大きく道は変わるからです。 

こういうときは特に状況に追われて焦って決断してしまいそうですが、まさに「人生の転機」ですから、よく考えて決めなければなりません。目の前の出来事に対処するだけではなく、「将来自分はどうなりたいのか」ということも意識しましょう。 

介護離職して再就職できず、親の年金を頼りに暮らすことになった、という話もあるのです。 

その他、どんな出来事でも、考えることは先ほどお伝えした通りです。 

今の環境を維持したまま頑張るか、新しい環境へと踏み出すか。これはあなたが決めるべきことですが、どちらを選ぶか決めるための思考法があります。 

慌てすぎず、まずは手順に沿って考えていきましょう。 

【決断するときの思考法】 

  1. 選択肢をなるべく多くリスト化する 
  2. 自分がどうなりたいか、素直な気持ちをメモする 
  3. 不安要素を挙げていく 
  4. 全体を見ながら「決断」する 

それでは、「今の仕事に行き詰まっている場合」を例にとって考えてみます。 

「人生の転機」はやはり、仕事に関することが多いのでぜひ参考にしてくださいね。 

選択肢をなるべく多くリスト化する 

まず、自分にどんな選択肢があるかを書き出していきます。 

全部の選択肢を出したところで、誰かに相談すると、新しい選択肢が見えてくるかもしれません。なるべく多くの未来の中から選ぶことで、自然と自分で納得できる答えを見定めることが出来るようになります。 

大事な時期ですので、選択肢は一つでも多く揃えてから決断したいところですね。 

【選択肢の例】 

(自分を変える場合) 

  • 自分から新しい仕事を企画・立案する 
  • 資格等を取得したり、勉強を重ね、スキルの専門性を高める 
  • 職場内でコミュニケーションを密にする、新しい人間関係を築く 

(環境を変える場合) 

  • 今の会社内で異動、転属を希望する 
  • 人間関係などをリセットするため、同業種に転職する 
  • 今までのスキルを活かしつつ、全く新しい職場や業種に転職する 
  • 年収が上がる職場に転職する 

こんな風に、自分を変えるか環境を変えるかという視点で考えていくと、色々な候補を挙げることが出来ます。出来るか出来ないかは一旦置いておいて、自分にどんな未来があるのかを把握しておくことが大切です。 

自分がどうなりたいか、素直な気持ちをメモする 

選択肢が揃ったら、「未来の自分」について改めて考えていきましょう。 

今回は転職がテーマですが、この将来像については仕事面だけの話ではありません。自分がどう生きてどう死にたいか。ある意味人生観を問われているのです。 

収入、支出も含め、今後のキャリア、どこに住みたいか、どんな生活がしたいか、家族との関係はどうなりたいか、退職後のイメージなど人生を振り返る良い機会でもあります。 

ここで、長い目で見て自分がどうなりたいかという気持ちをはっきりさせて、さらに文字にしておけば、いざ決断するときに迷うことを避けられます。 

不安要素を挙げていく 

自分の希望する生き方がわかっても、その通りに上手くいくかはわかりません。 

そこで、不安に感じている要素も書き出していくことが大切です。 

【不安要素の例】 

  • 収入を上げたいが、本当に転職で年収が上がるかわからない 
  • 今の家から引っ越すのは不安 
  • 親が心配だから出来れば近くに住んでいたい 
  • 今の職場の人間関係も、そう悪くないような気がしてきた 
  • 転職して失敗したと友達に知られたくない 

このように、不安を書き出していくと、そうならないように一つ一つ対応していくことが出来ます。たとえば、年収が下がるのが不安なら、きちんと転職先に年収の相談をしておくなど、迷いとなる要素を潰していきましょう。 

多くの不安は、最初からわかっていれば対処できることです。無計画に突き進むのではなく、慎重に考えていきましょう。 

全体を見ながら「決断」する 

最後に「転職しよう」「やっぱりやめて、今の職場で頑張ろう」など決断するのは自分です。ただし、どの決断をするにせよ「人生の転機」であることを意識しましょう。 

転職しないからと言って、何も変わらないわけではありません。 

今後の人生について真剣に考えたタイミングです。仕事、生活、家庭、趣味等のプライベートなど、人生を構成する要素の全体を見ながらあなたは決断したはずです。 

つまり、決断したことで、あなたはもう一度人生のスタートラインに立ったことになります。漫然と日々を過ごすのではなく、新鮮な気持ちで生きることこそ「人生の転機」を迎えたことに意味をもたらします。 

どんな決断であっても、「今日からもう一度始まる!」という決意して、再スタートを切っていくことが大切です。 

「転職」は特に大きな分かれ道 

ここまで、「人生の転機」についてお話ししてきましたが、その中でも特に大きな決断になり得るのが「転職」です。 

転職は、今までのキャリアを投げ捨てる側面もありますし、これまで培ってきたスキルを元にステップアップするという側面もあります。それに「仕事」は人生を左右する大きな要素です。 

そこで大事なのは、転職に成功すること。 

何度も出来ることではないため、一か八かで挑んではいけません。まずは、信頼できる転職エージェントに相談することをお勧めします。 

絶対に失敗できないのですから、プロの助力を借りるべきタイミングなのです。 

  • 「新しい環境で働きたい」 
  • 「今の仕事は自分に合っていない」 
  • 「収入を上げて生活を変えたい」 

などの希望は既に書き出してあるはずですから、それを素直に転職エージェントに伝えてみましょう。転職エージェントは、求人から内定まで一貫して転職支援をしてくれる無料サービスです。 

まだ転職するかどうか決めかねている検討段階でも相談できますから、一人で決めるなど早まらずに、慎重に取り組んでください。仮にリストラなどに遭って次の就職先を焦っている場合は、特に転職エージェントを頼った方がいいでしょう。 

「人生の転機」という重大な時期ですから、今後の人生という広い視野を持たなくてはなりません。でも焦っていると、どうしても目の前のいい話に飛びついてしまいたくなります。 

こういうとき、第三者の目を持つ転職エージェントを頼るのはとても有効です。冷静でない自覚がある場合は特に、そのことを含め就職先について相談してみるといいでしょう。 

【オススメ相談先】 

業界最大手「リクルートエージェント」 

数多くの転職者の相談に乗ってきたキャリアアドバイザーが、現状や将来像を考慮して適切な求人を紹介してくれるサイトです。丁寧なサポートがあり業界最大手なので、安心して登録できます。 

他にも、提出書類の添削、面接対策、業界分析情報の提供や、企業情報のお知らせなどがあり、転職を希望される方の強い味方となっています。 

退職しにくい方に「退職代行ガーディアン」 

退職代行は最近話題のサービスですね。新しい環境を求めているのに、今の職場を辞めることが出来ない事情がある方が多く利用されています。 

退職理由は問われません。サービスに申し込むと、退職手続き全てを担当してくれるので、会社に顔を出さずに退職することが出来ます。料金が安く無料相談もあるため、まずは問い合わせしてみましょう。 

【退職代行サービスの利点】 

  • 法的に問題がない 
  • 会社との交渉を全て任せられる(出社不要) 
  • 会社からの連絡を受けなくて良い 

まずは無料相談を依頼し、料金を支払って打ち合わせを行い、退職届を郵送するだけであとは全てお任せできます。新しい環境でのスタートをすっきり始めたい方は、代行サービスに依頼してみるのも選択肢の一つです。 

まとめ 

ここまで、人生の転機の受け止め方、予兆、そして決断方法についてお話ししてきました。 

どんな決め方をするにせよ、最終的に大事なのは「自分で選択すること」です。 

人は、自分で決めたことだから頑張れるのです。 

「人生万事塞翁が馬」「禍福はあざなえる縄のごとし」という言葉があるように、何が幸福で何が不幸なのかは、過ぎてみなければわかりません。それよりも、「自分はあのとき正しい選択をした」と胸を張れることが大切です。 

適当に流されて決めたのではなく、たくさん思い悩んで決断したという気持ちがあれば、たとえ過酷な未来になっても納得できたり、後悔しなかったりするものです。あなた自身の人生を生きるために、決断には手抜きをしないでほしいと思います。 

人生の転機は、病気や不幸などの辛い出来事である可能性もあります。そういうとき、勇気を持って現実と向き合うことで、その後の人生がどうなるかが決まります。その際に、友人や専門家の力を借りることは躊躇わないでください。何故なら、人生は一度しかなく、決断は大きな分かれ道になるからです。 

過ぎたものは取り戻せなくても、これからの人生を考えることには意味があります。 

あなたのこれからの人生がより良いものになることを願っております。 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる