ベンチャーキャピタルって何?起業家が覚えておくべきVCの特徴

起業をしてみたいと思っている人や、ビジネスに興味がある人の中には、ベンチャーキャピタルという機関の存在に疑問を抱えている人もいるでしょう。

特に、これから起業をする人や、資金調達を考えている新米経営者は、このベンチャーキャピタルについての知識を深めておく必要があります。

そこでこの記事では、

  • ベンチャーキャピタルとは何なのか?
  • どんな役割があるのか?

ということについて、詳しく解説していきます。

目次

ベンチャーキャピタルって一体何?

では早速、ベンチャーキャピタルの役割や銀行との違いについて、詳しく見ていきましょう。

役割

ベンチャーキャピタルというのは、上場を果たしていない企業や立ち上げて間もない企業に出資を行い、その企業の業績が上がってきたら株式を売却して利益を得ている機関のことです。

もっと簡単に言ってしまえば、企業などに会社規模で出資をしていくファンドのようなものです。

このベンチャーキャピタルを利用することで、まとまった資金を調達できる可能性が高くなるため、起業家の大きな味方となってくれるでしょう。

しかし、ベンチャーキャピタルという機関は、ビジネスや投資の専門家でもあるため、どの企業にも出資してくれるわけではありません。

事業計画書をじっくりと読み、成長性がある、資金を回収できると判断した場合のみ、お金を出してくれるのです。

銀行との違い

ベンチャーキャピタルと似たようなビジネスを展開している機関に「銀行」があります。

中には、銀行とベンチャーキャピタルを同じ機関だと思ってしまっている人もいますが、両者は全くの別物です。

銀行というのは、お金を貸してくれる機関です。

そのため、一度借りたら元金に金利をプラスして全額返済しなければなりません。

しかし、ベンチャーキャピタルの場合は、あくまでも「出資」ですので、仮に事業が失敗してしまったとしても、出資金を全額返済する必要はありません。

ただ、

利益配当請求権

を使うことができるため、利益が出た場合は配当を出さなければならないのです。

ベンチャーキャピタルを利用するメリットは?

では、そんなベンチャーキャピタルを利用して資金調達をするメリットとは一体何なのでしょうか。

融資の審査に通りやすくなる

後程詳しく解説しますが、ベンチャーキャピタルを利用すると、経営に関するノウハウを教えてもらえる可能性が高くなります。

その理由は、ベンチャーキャピタル側も、出資した会社に利益を出してもらわなければ、自分たちの配当がなくなってしまうからです。

ベンチャーキャピタルからノウハウを提供してもらい、業績を上げることができたり、財務状況を改善することができたりすれば、新たに銀行から融資を受ける時にも有利になります。

つまり、より資金調達をしやすい会社を作り上げることができるのです。

更に、銀行もベンチャーキャピタルがビジネスの専門家であることを熟知しています。

そのため、

ベンチャーキャピタルから出資を受けている=将来性がある

と判断してもらうことができるため、銀行からの信頼度も上がる可能性があります。

経営に関するアドバイスをしてもらえる

今解説したように、ベンチャーキャピタルから出資を受けると、経営に関するアドバイスを貰うことができます。

中には、

アイディアはあるけど、ノウハウがない

と思っている人もいるでしょう。

このような人でも、ベンチャーキャピタルから事業の成長性が認められれば、経営のアドバイスと資金援助を受けながら、事業を起こすことができるようになるのです。

ベンチャーキャピタルを利用するデメリットは?

次に、ベンチャーキャピタルを利用するデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

経営に口を出される

ベンチャーキャピタルというのは、経営に必要な資金とノウハウを提供してくれる機関です。

これがメリットでもあるのですが、経営に口を出されるというデメリットに繋がることもあります。

中には、

自分の考えで会社を動かしていきたいんだ

と考えている人もいるでしょう。

完全持ち株会社(社長が資金を全額負担)の場合は、社長が全権を握ることができます。

しかし、ベンチャーキャピタルを利用すると、スポンサーが付く形となり、大株主がいる状態になります。

そのため、自分の考えとは違う提案、助言をされることもあり、自由に経営していくことが難しくなってしまう事もあるのです。

お金に対してかなりシビア

ベンチャーキャピタルは慈善事業ではありません。

そのため、自分たちの利益になると判断した会社にしか出資を行いません。

また、ベンチャーキャピタルに認められて出資を受けられたとしても、事業を進めていくにあたり、業績が傾いたり、時代の流れが悪くなってしまったりすると、株式買取請求をされてしまう事があります。

つまり、

俺たちが持っている株を買い取れ!

と言われてしまう事があるという事です。

まとめ

ベンチャーキャピタルというのは、ある程度まとまった資金が必要なビジネスを展開しようとしている起業家に出資をしてくれる機関のことです。

この期間を活用して資金調達をすることで、手っ取り早く事業をスタートすることができますし、アドバイスを貰いながら経営をしていくことができるようになるのです。

しかし、ベンチャーキャピタルもビジネスで出資をしていますので、少しでも不安材料が出ると、資金回収に走ることもあります。

また、経営に口を出されてしまって、自分の思い通りの経営ができなくなってしまうこともありますので、注意が必要です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる