マイナンバー制度は国民にとってメリットなのか?絶対知っておくべき基礎知識!

少しずつ浸透してきたマイナンバー制度。

マイナンバーカードを発行する人も増えてきましたが、いまだに不安をぬぐい切れず、

「本当に大丈夫なのかな?」

と思っている人も多いです。

そこでこの記事では、マイナンバー制度は国民にとって本当にメリットのある制度なのかということについて、詳しく解説していきます。

目次

マイナンバー制度とは何か?

マイナンバー制度というのは、簡単に言ってしまうと国民を番号で管理するシステムのことです。

この制度ができた当初は、

「俺たち(私たち)は囚人か!」

「国民を番号で管理するとは何事か!」

とかなり批判がありました。

ただ、少しずつこの制度が浸透してきて、今ではマイナンバーカードを正式に発効している人も多くなってきています。

マイナンバーカードを作るメリットは?

この記事を見ている人の中には、

「通知カードが届いたけど、それから何もしていない」

という人もいるでしょう。

このような人のほとんどが、マイナンバーカードを作ることにメリットを感じていない状態だと思います。

では、マイナンバーカードを作ることで、我々国民に一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

身分証明になる

マイナンバーカードには、住所や氏名、年齢、生年月日などの個人情報が記載されています。

更に顔写真も掲載されているため、身分証としての役割も持っています。

免許証などを持っている若者たちであれば、それ以外の身分証を作る必要性を感じていないかもしれませんが、免許を持っていないお年寄りなどからすると、大きなメリットになるのです。

コンビニで重要書類を受け取れる

これまで、重要な書類を受け取るためには市役所や区役所などに出向かなければなりませんでした。

しかし、マイナンバー制度が導入された現代においては、

・住民票
・戸籍謄本
・印鑑登録証明書

などをコンビニで発行できるようになっているのです。

これも、マイナンバーカードの大きなメリットと言えるでしょう。

各種手続きが簡単になる

マイナンバーカードを持っていると、確定申告などの手続きがかなり簡単になります。

例えば、電子申告の内容も簡略化されますし、その他行政関係の手続きも簡略化されます。

従来は窓口まで足を運び、自分の番が来るまで待ってから手続きを行わなければなりませんでしたが、この制度ができたことにより自宅で簡単に手続きができるようになったのです。

マイナポイントがたまる

CMなどで見たことがある人もいると思いますが、マイナンバーカードを活用することで、マイナポイントを貯めることができます。

このポイント自体は、制度がまだ完全に浸透していないことから、そこまで利便性が高いとは言えないのですが、今後さらに活用できる場所が増えてくることが予想されます。

マイナンバーカードを作るデメリットは?

次に、マイナンバーカードを作るデメリットについて詳しく見ていきましょう。

記載内容の変更と継続利用の手続きが必要

引っ越しや結婚などによって身の回りの環境が変化した場合は、記載内容の変更手続きが必要になるのです。

また、引っ越しをした場合に限り、記載内容の変更手続きに加えて継続利用手続きも必要になります。

この手続きを90日間行わないと、マイナンバーカードが消滅してしまうため注意が必要です。

有効期限がある

マイナンバーカードには、有効期限が設けられています。

未成年の場合は、発行してから5年後の誕生日が有効期限となり、成人している場合は発行してから10年後の誕生日が期限になります。

この期限が来る前に更新をしなければ、効力を失ってしまうことがあるのです。

これはパスポートも同じですので、大きなデメリットにはならないかもしれませんが、うっかり更新を忘れてしまうと本来の機能が機能しなくなってしまう可能性がありますので注意しましょう。

紛失リスクがある

万が一このカードを紛失してしまうと、自分の個人情報が駄々洩れになってしまい、情報を悪用されてしまうこともあるのです。

代表的な悪用事例に、「なりすまし」があります。

自分の個人番号や個人情報を利用して、誰かが自分になりきって悪事を働くことも考えられます。

仮に紛失した場合は、個人番号カードコールセンターに連絡をすることで機能を止めることができるのですが、まだ制度自体が浸透していないことから、正しい対処法を知らない人も多いです。

これからカードを発行する人は、なくしてしまった時の対処法についても知識をつけておくことをおすすめします。

まとめ

マイナンバー制度に不安を感じている人はたくさんいるでしょう。

中には、番号で管理されることに憤りを感じている人もいるのではないでしょうか。

マイナンバーカードというのはまだまだ浸透していない制度ではありますが、意外と国民にとってのメリットが大きい制度だと言えます。

今後さらにサポートやサービスが充実してくることが予想されますので、通知カードが届いて以来何の手続きも行っていないという人は、是非作成してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる