借金減額シュミレーション!その借金もしかしたら大幅に減らせるかも

負債の金額に関わらず、負債を減額できる方が良いに決まっています。

負債がある方ならば「借金を減らしたい」と誰でも思われているはずです。

そこで本日は、借金減額のからくりやテクニックなど法律的な観点から債務整理について詳しく解説していきます。

\1分で借金いくら減るか診断!/

目次

借金って減額できるの?

基本的に借金はきちんと返済していかなくてはならないもので、契約によって借金返済の履行を義務付けられています。

履行することができないと、もちろん契約違反になってしまいますが、何らかの理由で借金を返済することができなくなるケースも存在します。

例えば、自分の生活を犠牲にしてまで借金を返済しなくてはならないとすると、非常に苦しい状態に陥ってしまいます。

実は、日本国内で生活をしている国民が、最低限度の生活を送れるようにきちんと法律で規定されているので、日本ではこのような事態になるまで借金を返済しなくてはならないわけではないのです。

やむを得ない事情で返済をすることができなくなったときには、法律によってその状況を改善するための救済措置が準備されています。これを、債務整理といいます。

お金借りる編集部

借金の減額を考えている人は、債務整理を検討してみましょう。

\1分で借金いくら減るか診断!/

債務整理で借金を減額できる

債務整理には、主に4つの手続きが準備されていて状況に応じてどの手段を利用するのかを考えなくてはいけません。

具体的には、任意整理と特定調停、民事再生と自己破産の4つの手続きがありますので、事前に法律の専門家と相談することが求められます。

債務整理の種類
  • 任意整理
  • 特定調停
  • 民事再生
  • 自己破産

\1分で借金いくら減るか診断!/

任意整理

この中で、最も簡単に利用できる手段が任意整理です。

任意整理の大きなポイントになるのが、元本そのものを減額させるわけではないという点で、基本的に借金である債務はその負担を軽減させることができれば、結果的に借金減額を実現できる可能性があります。

では、その負担というのは何なのでしょうか?それは利息です。

任意整理は利息を軽減する事ができる債務整理なのです。

利息トラブル

借金問題で最も多いのは、利息に関連するトラブルです。

個人で融資のサービスを相談した場合、最もトラブルになりやすいのが利息に関連する返済で、法律的な不備の影響から何度もトラブルになったことがあります。

一定の範囲内でお金を借りられるようにすることで、お金を借りる方も貸す方も健全に契約ができるようにするために、個人向けの少額融資に関しては上限金額が決められています。

しかし、一昔前の法律ではこの利息に関連する法律が非常に曖昧で、債務者にとって大きな負担になってしまうことがありました。

過払い金の問題

最も大きな問題として現代でも取り扱われているのが過払い金の問題です。

従来まで利息にはグレーゾーン金利と呼ばれる法律的には微妙なラインの金利が存在していました。

これは、利息制限法と出資法という2つの法律によって生まれた曖昧な部分の金利に関する問題だったのです。

グレーゾーン金利で計算された利息は、通常よりも大きな利息の返済を求められましたので、これに該当している場合には任意整理を利用することで、過払いした分のお金を返還してもらうことが可能です。

実際に返還請求を行うときには借金を完済している必要がありますが、必ず手元にお金は返還されますので、債務者にはとても有利になります。

消費者金融の少額融資を過去に利用していたことがある人は、一度調べてもらうことで該当しているかどうかを確認できます。

そして、債務の元本そのものに影響を与えて借金減額が実現できるのが個人再生と自己破産です。

\1分で借金いくら減るか診断!/

個人再生

個人再生は個人が利用する場合ですが、例えば会社が利用する場合には民事再生としても利用できます。

この場合、借金を減額してどのような返済を行っていくのかを具体的な提案とともに考えなくてはいけません。

ポイントになるのが、実際にシミュレーションとして導き出された再生計画書に基づいて、数ヶ月間は試しに返済をしなくてはいけない点です。

当然ですが、借金減額ができたとしても継続的に返済を行うことができないのでは意味がありません。

何度も債務整理を利用できるわけではありませんので、確実に減額シミュレーションに則った返済を継続できるのかを確認することになります。ここで、本当に返済ができるということを確認してから、本格的に借金減額の処置を行います。

減額シミュレーションを行うときには、必ず弁護士などの法律家と相談をしながら具体的に考えなくてはいけません。

\1分で借金いくら減るか診断!/

自己破産

自己破産に関しては元本を0の状態に戻せますので借金を返済する必要が無くなります。

現状で、既に借金を返済することができなく、また返済を行うことができる資金も確保することができない状態を確認できれば、手続きができます。

自己破産の場合は、特に大きな借金を抱えているときほど利用しやすいです。

例えば、住宅ローンを利用していて社会情勢の影響で会社をクビになった場合、現実的に考えてもローンの返済はムリです。こういった場合にまで、法律は借金の返済は求めていません。

裁判所が自己破産を求めれば、それ以降は返済しなくても良くなるので借金減額の処置はこのような状況でもあり得ます。

\1分で借金いくら減るか診断!/

【無料相談】借金減額・債務整理に強い弁護士ランキング

東京ロータス法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円
報酬金:300,000円
自己破産着手金:200,000円
報酬金:200,000円
過払い金報酬回収額の20%
東京ロータス法律事務所のメリット
  • 自己破産の相談何回でも0円
  • 土曜日曜祝祭日・全国各地サポート
  • 手法・成功体験数知れず

\ 何度相談しても無料 !/

弁護士法人ひばり法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:200,000円~
報酬金:200,000円~
過払い金報酬回収額の20%
弁護士法人ひばり法律事務所のメリット
  • 自己破産相談費用0円・終日受け付け
  • 着手金分割可能
  • 日本国内対応OK!

\ 何度でも相談無料! /

アース法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円~
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:300,000円~
報酬金:300,000円~
過払い金報酬回収額の20%~

\必ず解決できる方法があります /

まとめ

上記は、負債減額のからくりや法律についてご紹介してきました。

適法に負債を減らす手法は下記の通りです。

利息を引き下げ各種ローン、キャッシング、任意整理 
負債そのものを低減過払い金請求、個人再生、自己破産

減額できる負債がいくらか気になる方は、負債減額診断やシミュレーターを活用すると、ホームページ上で無料で減額シュミレーションすることができます。

現実的に負債を減らす際は、一度法律家に相談を持ち掛けることをおすすめします

プロである弁護士の助言をもとに、一番自分にぴったりの負債減額方法を選択しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる