示談って一体何?交通事故の被害者、加害者になった時に役立つ示談の基本

他社とトラブルになった時、「示談」という解決方法があります。

様々な場面で示談を行うことができるのですが、根本的な意味についてはどれも同じですので、今回は「交通事故の示談」にテーマを絞って具体的な意味や注意点を解説していきます。

目次

そもそも示談って一体何?

示談というのは、双方の話し合いによって問題を解決する方法です。

交通事故を起こした場合、車が傷ついたり、ケガを負ってしまったり、負わせてしまったりすることがありますよね。

このような場合、裁判所を通さずに解決することを示談と呼ぶのです。

示談で話がつかない場合、双方弁護士を立てて裁判をすることになります。

示談の損害項目には種類がある?

交通事故による示談には、損害項目が決められていて、それぞれで損害賠償の額が変わってきます。

では、それぞれの項目について詳しく見ていきましょう。

積極損害

積極損害というのは、

・治療費
・介護費
・通院のための交通費

などが該当します。

治療費というのは、整骨院や手術費などが当てはまり、介護費には障害が残った場合の付添人費用が当てはまります。

消極損害

消極損害というのは、

・働けなくなった場合の損害
・交通事故後の逸失利益

などが当てはまります。

交通事故によって後遺症が残り、働けなくなってしまった場合、減額分を損害として計上することが可能になるのです。

また、逸失利益というのは交通事故に合わなかった場合の収入から、交通事故後の労働力を引いて、その状態が続き期間をお金に換算したものを指します。

慰謝料

慰謝料という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、交通事故における慰謝料には、

・死亡慰謝料
・入院慰謝料
・通院医慰謝料
・後遺障害慰謝料

というような形で、明確に基準が定められているのです。

物損

車の修理にかかる費用や、その他物品の損害に関する損害項目です。

例えば、

「事故によって服が破けた」

「メガネが割れた」

このような項目も損害対象として認められることがあります。

今紹介した項目については、示談交渉を行う時に重要な要素となりますので、できるだけ覚えておくようにしましょう。

示談を行うときの注意点は?

次に、示談交渉を行うときの注意点について詳しく解説していきます。

交通事故の場合はすぐに示談をしない

交通事故が発生した場合、すぐに示談を行わないことが大切です。

なぜなら、症状が遅れて出る場合があるからです。

事故を起こした直後というのは、神経が高ぶっていて興奮している状態ですので、痛みなどを感じないこともあります。

しかし、数時間してから体が痛くなることなどもありますので、事故が起こってから数か月経過したタイミングで示談を行うことをおすすめします。

一度示談が成立してしまうと、その内容を後から変更することができなくなってしまうため注意が必要です。

相手の連絡先を控えておく

示談を行う前に、相手の連絡先をしっかりと控えておくようにしましょう。

事故が起こると、示談する、しないにかかわらず警察が現場検証を行います。

その後、示談をするかどうかをお互いの話し合いによって決定しますので、この際に相手の連絡先をしっかりと確認しておくようにしましょう。

弁護士に相談する

示談というのは、一見簡単なようにも思えますが、話し合うべき箇所や交渉するべき項目が非常に多く、素人の場合は難航してしまう可能性が高くなります。

また、場合によっては相手にうまく言いくるめられてしまう可能性があり、泣き寝入りせざるを得ない状態になってしまうこともあるのです。

事故を起こした直後というのは、ただでさえ混乱していますので、示談のことまで頭が回らないこともあります。

このようなことから、どうしても自信がない場合は弁護士に相談をしたうえで、一緒に示談交渉を進めていくことをおすすめします。

交渉に慣れている弁護士を立てることで、正当な請求を行うことができますし、不当な請求についてはきっぱりと断ることが可能になるのです。

示談をせずにトラブル解決しようとするとどうなるの?

自分の過失割合が低い場合、

「相手の顔も見たくない!」

「声も聴きたくない!」

と示談を拒否する人がいます。

怒りがこみあげてくる気持ちは非常によくわかるのですが、示談をしない場合は相手からの損害賠償を受けられなくなってしまうことがあるのです。

損害賠償請求には、あらかじめ消滅時効が決められています。

どの損害に対する賠償請求化によっても時効は変わってくるのですが、時効を迎えてしまうとそれ以降の交渉ができなくなってしまいますので注意が必要です。

まとめ

示談というのは、裁判を行わずに、双方でトラブルを解決する方法のことです。

示談を行うことで、面倒な手続きを行わずにトラブルを解決できる場合があります。

今回は交通事故の示談について紹介しましたが、その他のケースでも示談を使ってその場を収めることが可能です。

ただし、示談にもいくつか注意点があり、安易な気持ちで示談をしてしまうと不利な条件を飲まされてしまったり、正当な請求が通らなかったりする可能性がありますので注意しましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる