MBOって何て読むの?難しそうなビジネス用語をわかりやすく解説!

企業のM&A手法の1つに、MBOというのがあります。

もしかしたら耳にしたことがある言葉かもしれませんが、具体的な意味を説明できる人はかなり少ないでしょう。

そこでこの記事では、MBOの読み方や意味、行われるタイミングなどについて詳しく解説していきます。

目次

MBOって一体何?

MBOというのは、マネジメントバイアウトの略称です。

これは冒頭でも解説したように、M&A手法の1つとなり、企業の経営陣がオーナーや親会社から株式を買い集めることで、経営権を取得する方法となります。

場合によっては経営陣に資金力がなく、自社の株式を一定数集められないことがあります。

このような時は、LBOと呼ばれる手法(資産価値や収益力を担保にして行う資金調達)を用いてMBOを行うケースもあるのです。

どんな時に行われるの?

では、MBOが行われるタイミングとは一体いつなのでしょうか。

代表的な例をいくつか紹介していきます。

経営権の確保時

まずは先ほども解説したように、会社の経営権を確保したい時です。

経営権を確保することによって、親会社やオーナーからの指示を受けることなく、経営陣の意思によって会社を動かしていくことができます。

また株主がいる場合は、いちいち株主の意見を確認して、承認をもらってから話を進めていかなければならないのです。

株主というのは基本的に利益を追求しますので、時に経営陣とぶつかることがあります。

経営権を確保することができれば、他社から横やりを入れられることなく会社を動かしていくことが可能になるのです。

親会社からの独立時

子会社として活動している場合、基本的には独立した企業として扱われるのですが、意思決定権などは親会社に帰属しているケースもあります。

自社の株を買い集めることができれば、親会社の参加を抜けて、完全に独立した企業として活動していくことが可能になるのです。

事業承継時

自身が社長を務めている会社を誰かに引き継ぐ際、つまり「事業承継」を行う際にも活用されることがあります。

ただし、身内に引き続く場合にはM&Aしか選択することができません。

また、既存の従業員に会社を引き継ぐ場合は、EBOによる承継となります。

引き継ぐ相手が取締役をはじめとする経営陣の場合は、MBOを活用することができるのです。

上場廃止時

様々な理由により、上場を廃止して、公開していた株式を非公開にする企業が増えています。

この上場廃止時にもMBOが活用されることがあります。

上場廃止時にMBOを行うメリットとしては、

・利益ばかりを求めている株主の排除
・情報漏洩を防ぐ
・株式公開のデメリットをできる

などがあげられます。

MBOには一体どんなメリットがある?

次に、MBOを行う具体的なメリットについて、詳しく見ていきましょう。

意思決定の時間が短縮できる

自社の株の半数以上を外部に握られている場合、意思決定の際に確認をする手間が生まれます。

また、全ての提案や意思決定に賛同してもらえるというわけではなく、場合によっては株主と揉めてしまうこともあるのです。

MBOを行うことで、決定権が経営陣に移りますので、スムーズに意思決定を行い行動に移していくことが可能になります。

従業員からも理解してもらいやすい

親会社から独立し、経営権が自社内で完結する場合、従業員のモチベーションをあげられる可能性があります。

その理由は、意思決定の権限を持つトップと従業員の距離が近くなるからです。

風通しの良い企業というのは従業員からも愛されやすく、結束力の強いチームを作れる可能性が高くなるのです。

MBOに隠されたデメリットとは?

MBOにはたくさんのメリットがありますが、いくつかデメリットも存在しているのです。

代表的なデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

利益相反の可能性がある

既に株主が多数存在し、半数以上の株式を外部に握られている場合、話し合いがスムーズに進まない可能性があります。

なぜなら、

・株主→高く株式を売却したい
・経営陣→安く株式を買い戻したい

という利益相反が生まれてしまうことが多いからです。

このようなトラブルが発生してしまうと、MBOが難航する可能性が高くなり、場合によっては失敗に終わってしまうことも考えられるのです。

資金繰りが難しくなる可能性がある

MBOを行う場合、自社の収益性や資産価値が高ければ高いほど、高額な資金が必要になります。

このようなことから、場合によっては一時的なキャッシュ不足に陥ってしまう可能性が高くなるのです。

まとめ

MBOというのは、経営陣が自社の株式を取得するというM&A手法のことを差します。

MBOは様々なシーンで活用され、無事に成功させることができるとたくさんのメリットを得ることができるのです。

ただし、株主の反対や資金の不足などによってスムーズに進まないことも十分考えられますので、慎重に進めていくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる