ローンとは一体何?今更聞けないローンの種類や注意点を解説!

ローンの意味が良くわからない

そう感じている人はたくさんいるでしょう。

しかし、今更周囲の人間に、

ローンってどういう意味?

と聞くのは恥ずかしいですよね。

そこでこの記事では、ローンの仕組みや特徴について詳しく解説していきます

目次

ローンとは一体何?

ローンというのは、簡単に言ってしまうと借金のことです。

もっと細かく言えば、この言葉には、

貸す

貸し付ける

という意味があります。

車や家を購入する場合、基本的には数百万円、或いは数千万円単位のお金が必要になりますよね。

しかし、これらの金額をポンっとキャッシュで出せる人は少ないです。

このような時に、ローンを活用して、一旦代金を肩代わりしてもらって、コツコツ返済していく形を取るのです。

ローンには種類があるって本当?

そんなローンには、いくつかの種類があります。

目的別ローン

ローンの中には、お金の使い道があらかじめ決められている物もあります。

代表的なのは、

  • カーローン
  • 住宅ローン

などです。

これらは、事前に決められた目的でしか使うことができません。

例えば、

  • カーローンを使って家具を買う
  • 住宅ローンを使って車を買う

という使い方はNGです。

ただし、その分金利が低めに設定されているため、明確な目的があり、大金を借り入れる必要がある場合は心強い味方になってくれるでしょう。

フリーローン

目的を明確に定めていないローンのことを、フリーローンと言います。

このタイプは、

お金はこれに使ってください

という制限がないため、目的に合わせて使えるのです。

ただ、

  • 投資目的
  • 事業目的

での利用を禁止している所もありますので、しっかりと確認しておかなければなりません。

担保ローン

自分が所有している土地や建物を担保に入れてお金を借りるタイプのローンを、担保ローンと呼びます。

このタイプは、担保を入れてお金を借りるため、比較て金利が安くなったり、返済期間が長めになったりします。

ただし、仮にお金を返すことができなくなってしまった場合、担保として設定していた建物や土地を持っていかれてしまいますので注意が必要です。

ローンを利用する時に注意すべきこと

次に、ローンを活用する時に注意すべきことについて、詳しく解説していきます。

借入金額に上限が設けられることもある

業者も、だれかれ構わず適当に貸し付けるわけではありません。

そのため、ローンを組む時は、職業や勤続年数などを事細かく調べられます。

このようなことを全て加味した上で、借入金額の上限が決まるのです。

勤続年数が短い場合や、他から借り入れをしている場合は、上限金額がかなり低くなってしまう事もありますので気をつけましょう。

返済遅延を何度も起こすと審査に通らなくなることがある

過去に借り入れを行っていて、返済遅延を繰り返してしまっている場合は、

「この人は返済をスムーズに行ってくれないかもしれない」

と、断られてしまう可能性が高くなるのです。

そのため、日ごろから、

  • 携帯料金
  • 税金
  • 家賃
  • 返済

などはきちっと行い、信用に傷をつけないための努力をすることが大切です。

ローンを活用する前に考えるべきこと

最後に、ローンを活用する前に考えるべきことについて、詳しく解説していきます。

その金額は妥当か?

ローンというのは何度も解説している通り、借金です。

つまり、一度借りたら期間までに全額を返金しなければなりません。

また、その人の年収や過去の情報によっては、かなりまとまった金額を借りられる可能性も高くなります。

そのため、

とりあえず大目に借りておくか

と考えてしまう人もいるのです。

しかし、借りたら確実に金利が発生しますので、必要最低限の金額だけを借りることが大切です。

このようなことから、ローンを活用したいと思っているのであれば、

本当に今考えている額は適切なのか?

という事を真剣に考えてみることをおすすめします。

他に資金調達できる方法はないか?

お金を集める方法はローン以外にもたくさんあります。

例えば、

  • 副業
  • 家族に借りる
  • 貯金

などです。

どうしても今すぐに必要という場合は別ですが、そこまで急ぎではない場合、

ローン以外にお金を集める方法はないのか?

という事を考えてみてください。

そして、手段がローン以外に見つかった場合、まずはその方法で資金調達を行い、ローンは最終手段として取っておくことをおすすめします。

総額はいくらになるか?

ローンを組む人の中には、目先の金額しか目に入らなくなってしまう人もいます。

例えば、100万円を借りるとしたら、

100万円も手元にあるなんて考えられない!

などです。

しかし、100万円を借りたら、その100万円に色を付けて返さなければなりません。

そのため、返済総額をしっかりと確認して、毎月どれくらい返していくのか、どれくらいで返し終わるのかという事を事前に考えておくことが大切です。

まとめ

ローンというのは、借金のことを指します。

支払うべき代金を、一旦金融機関に立て替えて貰い、その後、金融機関にコツコツと返済していくのです。

また、様々なタイプのローンがあり、それぞれで利便性や金利の高さが異なります。

そのため、ローンを組む予定がある人は、それぞれの種類の特徴をしっかりと理解し、慎重に検討した上で自分に合ったローンを契約することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる