生命保険って本当に必要なの?入っておくべき人の特徴って何?

生命保険の必要性について疑問を抱えている人はたくさんいるでしょう。

年齢が若ければ若いほど「必要ないのでは?」と考えてしまいますよね。

そこでこの記事では、本当に生命保険は必要なのか、どういう人に必要なのかということについて詳しく解説していきます。

目次

生命保険って一体何?

これは、「人」を対象にしている保険のことを差します。

逆に「物」を対象にしている保険を損害保険と呼ぶのです。

近年では保険の種類が増えてきていることから、

・医療保険
・がん保険

なども「生命保険」のくくりに分類されることがあります。

生命保険に加入し、一定の条件を納めると保険会社からお金を支払ってもらえます。

このようなことから、万が一命を落としても家族を路頭に迷わせずに済みますし、働けなくなったとしても生活をしていくことが可能になるのです。

種類があるって本当?

次に、生命保険の種類について詳しく見ていきましょう。

死亡保険

これは名前の通り対象となっている人が死亡したときにお金が支払われる仕組みです。

また、死亡に限らず重度の障害を負った時にもお金がもらえる保険もあります。

少しわかりにくいかもしれませんが、死亡保険にも3つの種類があります。

具体的には、

・定期保険→期間が過ぎても命を落としていない場合は保険金が戻ってこない
・収入保障保険→年金のような形でお金が入ってくる
・終身保険→命を落とすまで続く保険

です。

それぞれで特徴が大きく異なるため、自分に合った保険を選ばなければなりません。

生存保険

生存保険というのは、期間満了後に生きていた場合に保険が支払われる保険です。

具体的には、

・学資保険→子供のための保険
・個人年金保険→あらかじめ設定した年齢からお金を受け取れる

があります。

生死混合保険

生死混合保険というのは、言い方は悪いかもしれませんが、生きていたとしても亡くなっていたとしてもお金を受け取れる保険のことを差します。

また、解約をした場合も返戻金を受け取ることができるため、メリットが多いと言えます。

入っておくべき人の特徴は?

生命保険に入っておくべき人は、

・将来の収入に不安を抱えている人
・家族を支えている人
・資産がない人

などです。

このような人が加入しておくことで、自分に万が一のことがあったとしても生きていくために必要な「お金」を手に入れることができますので、生活を防衛したり、家族を養っていくことが可能になります。

ただし、

「絶対に入っておかなければならない」

ということではなく、仮に入ったとしても何事もなく過ごせる人もいますので、最終的には自己判断となります。

万が一の際にお金の悩みを抱えたくない、あるいは家族を困らせたくないという人は検討してみると良いでしょう。

生命保険に入るメリットって何?

次に、生命保険に入るメリットについて詳しく見ていきましょう。

予測不可能な事態に備えられる

人の健康や生き死にというのは、誰にも予測できません。

何事もなく寿命を全うできればそれに越したことはありませんが、場合によっては病気や事故などによって命を落としたり、重度の障害を負ってしまったりする可能性もあります。

生命保険に入ることで、このような予測不可能な事態に備えることができるのです。

確実に保険金を受け取れる保険もある

先ほども解説したように、掛け捨てタイプと言って払ったお金が戻ってこない保険もあります。

ただ、中には期間満了後に保険金が返ってくるタイプも存在しています。

このような保険を選ぶことで、払ったお金を無駄にすることなく受け取ることができますので、リスクにも備えつつ、将来の収入を確保することも可能になるのです。

生命保険に入るデメリットって何?

次に、生命保険に入るデメリットについて詳しく解説していきます。

保険料が高くなることもある

様々なタイプの保険があるのですが、特に終身保険は月々の料金が高くなる傾向にあります。

なぜなら、死ぬまで保障が続くからです。

どれくらいの料金になるかはその人の年齢や状況などによっても異なってくるのですが、1万円前後になることもありますので、収入状況などを加味しながら検討していくことをおすすめします。

定期保険の場合は保険金を受け取れないこともある

先ほども解説したように、定期保険というのは期間満了すると保険金が返ってこなくなります。

例えば、60歳で満了する定期保険に加入していて、65歳で亡くなってしまった場合は一切お金が入ってきませんので注意しましょう。

また、返戻金などもありませんので、支払ったお金が無駄になってしまうこともあります。

まとめ

生命保険の保障内容や金額はそれぞれの種類によって異なりますが、中には支払ったお金が一切戻ってこないタイプなどもありますので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

ただ、保険金の受取が保証されている保険や、受け取れる金額の多い保険は、毎月支払う金額も高く設定されている傾向にありますので、加入の際は慎重に検討していくことが大切です。

自分に合った生命保険に入ることができれば、自分に万が一のことがあった場合でも自分や家族の生活を守ることが可能になるのです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる