J-REITって一体何?特徴や海外REITとの違いを徹底解説!

不動産投資に興味を持っている人の中には、

J-REITって一体何?

と思っている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、J-REITの特徴や海外REITとの違いなどについて、詳しく解説していきます。

目次

J-REITって一体何?

REITというのは、正式名称を、不動産投資信託と言い、一般の投資家から少しずつお金を集め、そのお金を元に、

  • ビル
  • オフィス
  • マンション

などを買って、運用しています。

そして、そこから得た利益を、投資家に還元しているのです。

こう聞くと、

じゃあJって一体どういう意味なの?

と思う人もいるでしょう。

実は、このJというのは、「Japan」の頭文字を取ったもので、日本の不動産投資信託のことを、J-REITと呼ぶのです。

実は、J-REIT以外にも、

  • 欧州REIT
  • 米国REIT
  • アジアREIT

など、様々な種類があるのです。

ただ、J-REITと海外REITの違いは、

どこで運営されているか

という事だけですので、そこまで深く考える必要はありません。

J-REITにはどんなメリットがある?

では、そんなJ-REITには一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

少額から不動産投資ができる

不動産投資をするとなると、最低でも数百万円から、場合によっては数億円程度の資金が必要になります。

融資などをすれば工面できるかもしれませんが、一般的な投資家からすると、かなり捻出するのが厳しい金額ですよね。

しかし、J-REITを利用することで、数十万円単位の金額で不動産投資をすることができるため、気軽に始めることができるのです。

また、J-REITにもいくつか種類がありますので、それぞれに資金を分散させることができれば、リスクを軽減できると言えます。

ほとんどの証券会社で取り扱っている

J-REITというのは、ほとんどの証券会社で取り扱いがある商品です。

また、ネット証券などでも取り扱いがあるため、購入のハードルが物凄く低いです。

更に、流動性も比較的高いため、

売りたい

と思った時にスムーズに換金できるのもメリットと言えるでしょう。

プロに任せることができる

J-REITは、不動産投資信託ですので、資金を投下すれば、後はプロが運用をしてくれます。

基本的に、物件を個人で購入する場合は、最低限の不動産知識がなければなりません。

しかし、J-REITの場合はプロに一任することができるため、不動産の知識がない人でも気軽に始めることができるのです。

J-REITにもデメリットがあるって本当?

ただし、そんなJ-REITにもいくつかのデメリットがあります。

100%高いリターンが得られるわけではない

J-REITというのは、利回りが高いことで有名です。

しかし、これはあくまでも成績が良い場合の話であって、J-REITの場合は大体4%前後の利回りになる事が多いです。

これは、一般的に見ればそこそこの利回りなのかもしれませんんが、海外REITと比べるとそこまで高いわけではないのです。

また、REITの場合は、資産を管理、運用してくれている会社や不動産を管理、運営している会社に手数料を支払う必要があるため、必然的に利回りも低くなってしまうのです。

そのため、これからJ-REITを始めようと思っている場合は、利回りが低くなる可能性があることを頭に入れた上で、慎重に資金を投下していくことをおすすめします。

災害リスクは常について回る

REITに限らず、不動産投資で最も怖いのが、災害リスクです。

他の金融商品に関するリスクの中には、リスクマネジメントにより回避できるものもあります。

しかし、災害に関してはだれも予測することができないため、常に危険と隣り合わせなのです。

また、日本というのは、地震や台風なども起こりやすいと言われていますので、このような災害が起こった場合は、利回りが低くなるどころか、マイナスになってしまう事もあります。

倒産リスク

REITというのは、不動産周りのリスクだけではなく、REITの運営会社が潰れるリスクも存在しています。

仮に運営会社が潰れてしまった場合、所有している不動産が全て売られ、その代金から返金をしてもらえます。

しかし、必ずしも全額戻ってくるとは言えませんので、注意が必要です。

まとめ

J-REITというのは、日本で行われている不動産投資信託のことを指します。

基本的に不動産投資をする時は、ある程度まとまった資金を用意し、専門的なスキルや知識を身に着けておく必要があります。

しかし、中にはこれらのスキルや知識、まとまった資金がないという人もいるでしょう。

そのような人でも、J-REITを活用することで、少額から不動産オーナーになる事ができるのです。

また、様々な商品に分散投資をすることで、リスクを軽減することができるため、効率的に利益を上げやすくなると言えます。

そのため、不動産投資に興味を持っている初心者は、いきなり物件を購入するのではなく、まずはJ-REITから始めてみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる