インフレとデフレって一体何?発生要因やそれぞれのリスクを徹底解説!

インフレとデフレというのは、よく使われる言葉ですよね。

ただ、

「この意味を説明してください」

と言われて、具体的に説明できる人はどれくらいいるでしょうか?

きっとほとんどいないと思います。

そこで今回は、インフレとデフレの意味や違いについて詳しく解説していきます。

目次

インフレとデフレってそもそも何?

では早速、インフレとデフレの意味について具体的に見ていきましょう。

インフレ

インフレというのは、物の価値が上がり、お金の価値が減ることを指します。

例えば、500円で買えたものが数年後に1,000円になっていたとしましょう。

以前までは1,000円あれば対象の商品が2つ買えたのに対し、数年後は1,000円で1つしか購入することができなくなります。

これがインフレという現象なのです。

インフレは決して他人事ではなく、日本は年に約2%ずつインフレが進んでいると言われています。

数十円、数百円単位であればそこまで気にしないかもしれませんが、数万円、数十万円、数百万円という金額で考えるとかなり恐ろしいことですよね。

デフレ

デフレというのは、物の価値が下がり、お金の価値が上がることを指します。

これはインフレと真逆の状態となり、今まで1,000円でしか買えなかったものが、次第に800円、600円と値下がりしていくのです。

デフレが起こると、商品を安く購入することができるのですが、いいことばかりではありません。

なぜなら、デフレスパイラルに陥ってしまう可能性があるからです。

このデフレスパイラルについては、記事の後半部分で解説していきます。

インフレとデフレはなぜ起こる?

では、そんなインフレとデフレはなぜ起こるのでしょうか。

発生要因について、詳しく解説していきます。

需要と供給の変動

インフレとデフレというのは、需要と供給の変動によって発生することがあります。

例えば、

「手に入れたい」

と考える人が多ければ多いほど、その物の価値は上がっていきますよね。

こうなるとインフレ状態になるのです。

仮に、

「もう十分手元にあるからいらないよ」

となれば、その物の価値は下がっていき、デフレが起こるのです。

市場に出回るお金の量

日本は中央銀行が「円」の量をコントロールしています。

中央銀行がむやみやたらにお金を印刷してしまうと、お金が多くなりすぎる現象起こり、結果的にお金の価値が減少するのです。

そうなるとインフレが起こります。

逆に、中央銀行がお金を一切印刷しなくなった場合、市場に出回っている「円」の量が減りますので、お金の価値が上がってデフレが起こるのです。

インフレのメリット、デメリットって何?

では、インフレのメリットとデメリットとは一体何なのでしょうか。

メリット

インフレが起こるということは、需要が増えているということですから、ビジネスをしやすくなります。

このようなことから、給料が増えて雇用率も上がっていく傾向にあります。

インフレと聞くとマイナスのイメージを持つ人がいるかもしれませんが、実は景気が上向きの時に起こりやすい状況と言えるのです。

デメリット

物の価値が上がるということは、お金の価値が下がるということです。

お金の価値が下がると、物価の上昇が終わったタイミングで苦しくなってくることがあります。

そうなると、かつて発生した「バブル崩壊」のような状態になってしまうことがありますので注意が必要です。

デフレのメリット、デメリットって何?

次に、デフレのメリットとデメリットについて詳しく見ていきましょう。

メリット

デフレが起こると、物の価値がどんどん下がっていきます。

簡単に言ってしまうと、今では考えられないような値段で商品が買えるようになるということです。

そうなれば、様々な商品を安く買えることになり、買い物がしやすくなります。

デメリット

物が安く買えると聞けば、誰でも飛んで喜ぶでしょう。

ただ、本質を知ってしまうと、手放しで喜んではいられなくなります。

というのも、物の価値が下がるということは、その商品にかけられるコストも下がるということです。

今までは500円かけて質の高い商品を作っていた会社も、デフレの影響によって300円しかコストをかけられなくなってしまうというような状態が起こってくるのです。

そうなると、質が下がってしまう可能性もありますし、人件費カットによる給料現象などに悩まされることもあります。

これをデフレスパイラルと呼ぶのです。

インフレとデフレで影響が出ない商品がある?

インフレやデフレが起こると、ほとんどの有形商品は値上げ、あるいは値下げが行われます。

ただ、いくつかの有形商品はインフレとデフレの影響を受けないことがあるのです。

その商品は、

・金
・ダイヤモンド

などです。

特に「金」は、「有事の金」と呼ばれるほど有名で、不安なニュースが飛び交うたびに金が値上がりしていくのです。

インフレとデフレどちらが起こってもいいように、このような商品への投資を考えてみるのもありかもしれませんね。

まとめ

インフレとデフレというのは、決して他人事ではありません。

日本も少しずつインフレが進んでいて、様々な商品が今の値段では買えなくなってしまう可能性が高まっているのです。

ただ、インフレにもデフレにもそれぞれメリットとデメリットがありますから、正しい知識を身に着けてどちらにも対応できるようにしておくことが大切です。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる