個人年金保険にも種類がある?後悔しないために覚えておくべき基礎知識

かつては、年金だけで老後の生活が何とかなる時代でした。

しかし、今後は公的年金だけでは老後の生活が賄えなくなると言われているのです。

そんな時に役立つのが、個人年金です。

この記事では、個人年金の種類やメリット、デメリットについて詳しく解説していきます。

目次

個人年金保険って一体何?

個人年金というのは、保険の一種です。

公的年金では賄えない金額を補うのが目的となっているため、様々な人が加入しています。

個人年金というのは、毎月保険料を支払って、その保険料は保険会社が運用して期間満了後に払い戻されるという仕組みになっているのです。

公的年金に加えて個人年金を活用しておくことで、老後の収入を増やせる可能性がありますので、今のうちに備えておくことをおすすめします。

個人年金保険にはどんな種類がある?

個人年金と一言で言っても、いくつかの種類が存在しています。

ではそれぞれの種類について、詳しく見ていきましょう。

確定年金

確定年金というのは、あらかじめ決められた期間のみ年金を受け取れるタイプの保険です。

この期間はどのような事態が起こっても年金が振り込まれますので、仮に本人が死亡した場合でも、家族に振り込まれる形となります。

こう聞くと、

「受け取り前に亡くなった場合は?」

と考える人がいると思いますが、この場合は脂肪給付金という形で家族に振り込まれますので心配いりません。

有期年金

有期年金もあらかじめ決められた期間のみ年金を受け取れるタイプの保険です。

これだけを聞くと確定年金と同じだと考えてしまうかもしれませんが、有期年金の場合は年金を受け取っている最中に本人がなくなった場合、それ以降お金が振り込まれることはありません。

有期年金は、語弊を恐れずに言えば早く亡くなるほど損する仕組みとなっています。

ただし、その分他の個人年金よりも月々の料金が安く設定されているのです。

終身年金

この名前からも想像できると思いますが、終身年金というのは本人が生きている限りずっとお金を受け取れるタイプの保険です。

本人がなくった時点で振り込みは止まりますが、保険によっては最低保証の期間が設定されていることもあり、本人がなくなっても数年間は受け取り続けられる場合もあります。

終身年金の場合は、給付の期限がありませんから、安心して老後生活を楽しむことができるのです。

ただし、その分掛け金が高くなる傾向にありますので、長生きしないと元が取れません。

個人年金保険に加入するメリットは?

では次に、個人年金保険に加入するメリットとデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

貯蓄の手段として使える

個人年金というのは、途中解約をすると損する仕組みになっています。

そのため、満期が来るまでは基本的に積み立て続けるのが一般的です。

そうなると自然とお金がたまっていきますよね?

この原理を利用して、貯蓄代わりに個人年金を活用している人も意外とたくさんいるのです。

節税に繋がる

個人年金というのは、所得控除の対象になることがあります。

そうなると、税金が安くなりますので、更に貯金額を増やすことが可能になるのです。

ただし、控除金額には上限があり、場合によっては控除の対象にならないこともありますので事前に確認しておくことをおすすめします。

健康でなくても加入できることがある

保険というのは、基本的に健康体の人しか加入することができません。

しかし、個人年金の場合は持病を持っている人や、健康にあまり自信がない人でも加入できる可能性があります。

個人年金保険に加入するデメリットは?

次に、個人年金に加入するデメリットについて詳しく見ていきましょう。

解約すると損をする可能性が高い

先ほども解説したように、途中で解約をするとほとんどの確率で損をします。

申し込みをしてから日が経っていない場合であれば、そこまでダメージは大きくないかもしれませんが、

・何年
・何十年

と積み立てを行っている場合は、できるだけ解約をしないことをおすすめします。

インフレに弱い

個人年金で多少の運用利回りを上げることができたとしても、インフレが加速してしまったら元も子もありません。

日本のインフレ率は年2%と言われていますので、今後さらに物価が上昇する可能性があります。

こうなってしまうと、あまり個人年金の旨味を味わえない可能性がありますので注意しましょう。

個人年金を選ぶ時の注意点は?

個人年金には、たくさんの種類がありますので全く知識のない人が1から自分に合った年金保険を探そうとすると、相当苦労します。

そのため、個人年金に興味を持っている場合は、一通り種類を確認し、それぞれの特徴を把握したうえで自分に合った保険を慎重に探していくことをおすすめします。

まとめ

個人年金というのは、公的年金の不足分を補える保険のことを指します。

年金がもらえなくなる可能性は低いと言われていますが、寿命が延びていることや、インフレが加速していることから考えると、公的年金だけで生活をしていくのはかなり難しいと言えるでしょう。

このようなことからも、是非自分に合った個人年金保険を見つけて、早めに老後対策を行っておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる