ファンドマネージャーって何ですか?具体的な仕事内容となり方を解説!

投資のプロとして前線で活躍するファンドマネージャー。

この記事を見ている人の中にも、

「将来ファンドマネージャーになりたい」

と思っている人がいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ファンドマネージャーの仕事内容と、ファンドマネージャーになるための方法について詳しく解説していきます。

目次

ファンドマネージャーって主に何をするの?

では早速、ファンドマネージャーの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

各銘柄や市場の分析

ファンドマネージャーというのは、常に市場をチェックし、各銘柄を分析しています。

ほとんどのファンドマネージャーが、会社に出社する前に銘柄や市場の分析を終えているため、業務内容というよりは「習慣」になっているのかもしれません。

とはいえ、銘柄や市場の分析を一切行わないファンドマネージャーは存在せず、

・ニュース
・要人発言
・為替相場、株式相場

など、様々な情報を基にその日の動向や戦略を考えているのです。

企業の調査

ファンドマネージャーというのは、市場や銘柄だけを分析しているわけではなく、各企業の財務諸表を見て、投資判断を行っています。

基本的には開示されている書類で企業の分析を行うことが多いのですが、中にはその企業まで直接足を運び、調査を行っているファンドマネージャーも存在しているのです。

投資をするかどうかの判断

投資の判断というのは、ファンドマネージャーにとって最も重要な仕事となり、腕が試される仕事とも言えます。

先ほど解説した市場分析や銘柄分析、企業分析で洗いだした内容を基に、どの銘柄に投資をしていくのか、あるいは投資対象として適切でない銘柄はどれかということを判断していきます。

とはいえ、一人で投資判断をするとどうしても主観が入ってしまいやすいため、定期的にミーティングなどを行って、複数のファンドマネージャーで意見交換をすることもあるのです。

ポートフォリオの管理

ポートフォリオの管理というのも、ファンドマネージャーの重要な仕事です。

投資信託などの場合は、運用目的が決められていることが多いため、その目的に沿って運用できているかを定期的にチェックしていくのです。

少しでも運用目的とずれた配分になっていたり、成績になっていたりした場合は、対象銘柄の配分を調整して理想の運用成績に近づけます。

ファンドマネージャーってどうやってなるの?

ファンドマネージャーになりたいと思っている人はたくさんいますが、

「どうやってなるか」

ということを理解している人は意外と少ないです。

では、ファンドマネージャーになるための王道ルートについて、詳しく見ていきましょう。

アシスタントとして経験を積む

ファンドマネージャーは、意外にも必須資格がありません。

そのため、勤めている会社から評価されれば、ファンドマネージャーになることができるのです。

いきなり昇進するケースは比較的少なく、基本的には先輩ファンドマネージャーのアシスタントとして経験を積み、その後正式にファンドマネージャーに抜擢される形になるでしょう。

証券アナリストの資格を取得する

ファンドマネージャーになるためには、会社から評価してもらわなければなりません。

もちろん資格がなくてもファンドマネージャーにはなれるのですが、会社から評価されにくくなってしまう可能性があります。

そのため、証券アナリストという資格を取って会社にアピールすることもおすすめです。

この資格を持っているからと言って100%ファンドマネージャーになれるわけではないのですが、全く資格を持っていない人よりは有利になるでしょう。

ファンドマネージャーに向いている人の特徴

次に、ファンドマネージャーに向いている人の特徴をいくつか紹介していきます。

自分に自信がある

ファンドマネージャーというのは、他人の資産を扱って投資を行います。

また、自分の判断に自信を持つことができなければ、アクティブな運用を行うことができません。

このようなことから、ファンドマネージャーとして活躍するためには適度な自信家になる必要があるのです。

決断力がある

投資で成果を出すためには決断力が大切です。

ファンドマネージャーともなれば、高額な資産を運用していきますので、くよくよしている時間は一切ありません。

このようなことから、「決断力」というスキルもファンドマネージャーには求められるのです。

責任感がある

最後は責任感のある人です。

何度も解説しているように、ファンドマネージャーは他人のお金を運用していきます。

適当な運用を行って大きな損失を出した場合、会社やお客さんに迷惑がかかることがあるのです。

このようなことを理解し、責任感のある行動、運用ができる人でないとファンドマネージャーは務まらないと言えます。

まとめ

ファンドマネージャーというのは、実際に資産を運用することだけが仕事ではなく、運用するための分析や調査も仕事のうちです。

ファンドマネージャーになるための必須資格というのは存在せず、会社から認められることができれば、誰でもファンドマネージャーとして活動することができるのです。

ただし、ファンドマネージャーに向いている人とそうでない人がいますので、先ほど紹介したことを確認しながら、自分の適性をチェックしてみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる