学資保険って一体何なの?子供のために入っておいた方がいい?

「大切な子供のためにお金を貯めておきたい」

そう考えている人の中には、学資保険への加入を検討している人もいるでしょう。

ただ、学資保険に関する具体的な知識がなく、中々行動に移せていない人も多いはずです。

そこで今回は、学資保険とは一体何なのか、必要性はあるのかということについて詳しく解説していきます。

目次

学資保険は「こども保険」とも呼ばれる!

学資保険は、「こども保険」と呼ばれることもあります。

正確には「こども保険」というのが正式名称なのですが、親しみやすさからか「学資保険」という呼び方が一般的になりつつあります。

中にはこの2つの保険を別物だと考えてしまう人もいるのですが、全く同じものですので混同しないようにしましょう。

学資保険っていつから入れるの?

学資保険というのは、子どもの将来に備える貯蓄型の保険です。

例えば、

・子どもが大きくなる前に親に万が一の事態が起きた
・子どもの進学に備えてお金を貯めておきたい

このような場合に効果を発揮してくれるのです。

学資保険には子供の年齢制限(下限)がなく、生まれた直後に入ることも可能です。

早めに加入しておいた方が、将来受け取れる金額が増える可能性が高まりますので、早めの加入を推奨します。

学資保険のメリットって何?

次に、学資保険に入るメリットをいくつか紹介していきます。

積み立て貯金ができる

子どものためにお金を貯めておきたいと考えるのは親として当たり前のことです。

ただ、生活をするにあたって様々な支出がありますから、思い通りにお金を貯めることができないケースもあります。

学資保険を活用することで、強制的に積み立て貯金を行うことが可能になりますので、

「今月は1円も貯められなかった」

という事態を防ぐことができるのです。

税金の優遇がある

学資保険の料金というのは、所得控除の対象になります。

確定申告や年末調整などで申告をすることで、支払うべき所得税が減りますので、その分を更に貯金に回すことが可能になるのです。

支払総額以上のお金がもらえることもある

学資保険に入る時には、返戻率に注目しなければなりません。

返戻率が100%以上になっている場合、支払総額以上のお金が戻ってくることがあるのです。

「投資が大事」

昨今ではこのように言われていますが、初心者がいきなり株やFXなどに手を出しても利益を上げることは難しく、逆に損失を出してしまう可能性が高くなります。

学資保険の場合は、毎月決まった金額を積み立てていくだけで良いためかなりハードルが低いのです。

もちろん絶対に支払総額以上のお金が戻ってくるとは断言できませんが、このような商品も存在していますので、選び方によってはお得に活用できるでしょう。

学資保険に入るデメリットは?

次に、学資保険に入るデメリットについて詳しく見ていきましょう。

解約すると損になる可能性が高い

学資保険を途中で解約しなければならなくなった場合、返戻金を受け取ることができるのですが、支払ったお金が丸々戻ってくるとは限りません。

場合によっては損をしてしまう可能性もありますので、慎重に加入判断をしていくことをおすすめします。

インフレに対応できない

学資保険の利率というのは、契約時に固定されます。

契約後にデフレになった場合は、支払総額以上のお金を手に入れられる可能性があるのですが、満期日付近でインフレが起こっていた場合は、元本割れしてしまう可能性がありますので注意が必要です。

学資保険の返戻率を上げる方法は?

せっかく学資保険を活用するのであれば、少しでも返戻率を上げたいですよね?

では、一体どうすればより多くの金額を受け取りやすくなるのでしょうか。

早めに加入する

先ほども解説したように、学資保険というのは子供の年齢が若ければ若いほど返戻率が高くなります。

また、満期日までかなり時間があるため、保険料を安く抑えることも可能になるのです。

子供が0歳のタイミングで加入できるものが多いのですが、中には生まれる前から加入できるものもありますので、早めにお金の対策をしておきたいと考えている人は検討してみてください。

目的を「教育資金の準備」に絞る

学資保険というのは、様々な場面で役立ちます。

ただ、特約を付けすぎてしまうと返戻率が下がってしまう可能性があるのです。

このようなことから、少しでも返戻率を上げたいと思ったら、目的を「教育資金の準備」に限定してしまうことをおすすめします。

保険料を一括で払う

学資保険は、

・月払い
・年払い
・一時払い
・全期前納

の4つの支払い方法に対応しています。

どの方法を選んでも良いのですが、返戻率を上げたいと思っているのであれば、前期前納を選んでみることをおすすめします。

まとめ

学資保険というのは、子供の将来に備えるための保険です。

この保険に入っておけば、子どもが進学するときのお金を工面しやすくなります。

また、本来あってはなりませんが子どもが大きくなる前に親が他界してしまったとしても、子どもの負担を軽減することが可能になります。

学資保険に年齢制限はなく、早めに加入した方がお得になりやすいため、お腹に赤ちゃんがいる人や、小さい子供を育てている人は早めに検討してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる