地震保険は入った方がいいの?意外と知らない地震保険の特徴を徹底解説!

自然災害が多い日本において、「地震保険」の重要性について度々議論されます。

この記事を見ている人の中にも、地震保険への加入を考えている人がいるのではないでしょうか。

とはいえ、地震保険というのはあまり使う機会がありませんし、まだまだ一般的ではありません。

そこでこの記事では、地震保険の特徴や魅力を紹介していきます。

目次

地震保険って一体何?

地震保険は、その名の通り地震による災害が原因で起こった火事や津波などの被害をカバーできる保険です。

また、火山などの被害についてもカバーできるため、いつ起こるかわからない自然災害のリスクを未然に防止することができるのです。

意外と知らない魅力とは?

では次に、意外と知らない地震保険の魅力をいくつか紹介していきます。

地震による損害をカバーできる唯一の保険

これまでにもたくさんの地震が日本を襲ってきました。

そこまで被害が拡大しないケースも多いため、油断してしまっている人も多いと思いますが、大きな地震が来ると建物が崩れたり、津波が来たりする可能性が高くなるのです。

万が一家が崩れてしまったり、家が流されてしまった場合、保険に加入していないと全て自費で賄う必要が出てきます。

しかし、この保険に加入しておくことで、経済的負担を軽減することができるのです。

基本的に、地震による被害をカバーできる保険は「地震保険」しかありませんので、入っておいて損はないと言えるでしょう。

火災保険がセットになっている

地震保険というのは、単体で加入することができません。

地震保険は利益を出す目的で作られていませんので、単体で販売している会社が存在しないのです。

このようなことから、仮に加入する場合は火災保険とセットで入ることになります。

火災保険も日常生活で起こり得るリスクを防止できる魅力的な保険となっていますので、同時に加入できるのはメリットと言えるでしょう。

保険会社の手におえなくても国が補償してくれる

保険というのは、通常保険会社が販売していることが多いです。

地震保険の場合は、保険会社と国が共同で運用しているため、被害額がかなり大きくなり、保険会社が対応できなくなってしまった場合でも、国が代わりに補償してくれるのです。

保険料が安い

先ほども解説したように、地震保険による保険金には、保険会社と国が負担します。

このようなことから、保険料が安く設定されているのです。

地震保険と聞くと、

「本当に必要かな」

「そこまで頻繁に起こらないしな」

と考え、高額の料金を支払いたくないと感じている人も多いでしょう。

地震保険の場合は、その他の保険と比べると保険料が安くなっているため、加入のハードルも低くなっているのです。

支払いスピードが速い

地震などの被害によって家が壊れてしまったり、物が壊れてしまった場合、早く支払いを行ってもらえないとそれまでの生活を取り戻すのに時間がかかってしまいますよね?

地震保険の場合は、大体2か月前後で支払いが行われることが多いため、すぐに修復作業に入っていくことができるのです。

ただし、場合によってはこれ以上の期間がかかることもありますので、2か月という数字はあくまでも参考程度に考えておくことをおすすめします。

注意点があるって本当?

次に、地震保険に加入する場合の注意点について詳しく見ていきましょう。

補償額が若干物足りない

地震の被害で家が壊れてしまった場合、

「保険金を使ってもう一度家を建て直したい」

と考えるのが普通です。

ただ、上限が建物5000万円、家財1000万円となっていますので、若干物足りないと感じることもあります。

損害区分によって補償額が変わる

少し複雑なのですが、全ての損害に対して一律の保険金が支払われるというわけではありません。

どれくらいの損害かによって、支払われる金額が変わってくるのです。

損害区分については、

・全損→時価額の半分以上が被害を受けた場合、あるいは延べ床面積の70%以上が被害を受けた場合

・大半損→時価額の40%から49%が被害を受けた場合、あるいは延べ床面積の50%から69%が被害を受けた場合

・小半損→時価額の20%から39%が被害を受けた場合、あるいは延べ床面積の20%から49%が被害を受けた場合

・一部損→時価額3%から19%が被害を受けた場合、あるいは小半損以上の条件に当てはまらない場合

となっています。

この損害区分によって降りてくる保険金の額が変わってきますので、注意が必要です。

まとめ

地震保険というのは、火災保険とセットで加入することができ、万が一の自然災害に備えることが可能です。

地震というのはそう頻繁に起こることではなく、大きな影響を及ぼす可能性も低いのですが、これまでの例を見る限り、

「絶対に甚大な被害にはならない」

とは言い切れません。

事故やケガについては、ある程度自分で気を付けることができますが、自然災害については気をつけようがありませんので、心配な人は加入しておくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる