個人再生におすすめの法律事務所ランキングベスト3

債務整理の方法の中でも、自己破産と異なりマイホームを手放さずに済む可能性があるなどの点から個人再生に注目している方もいると思います。

任意整理より借金の減額が大きいので、個人再生をを検討する方も多くいますが、個人再生についてわからない人もいると思いますので、詳しく解説していきます。

\1分で借金いくら減るか診断!/

目次

個人再生の特徴

個人再生を検討している場合には、最初に全体の流れを把握しておくことが大切です。

全体の流れを知る前に、個人再生手続きをすることで具体的にどのような特徴があるのか把握しておきましょう。

個人再生で減額できる金額

1つ目の特徴が、裁判所を介して借金を5分の1~10分の1程度に減額できることです。

減額して残った分の借金は、原則3年(最長5年)の期間で返済していくことになります。

また小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があるため、違いを理解して必要な手続きを進めることも大切です。

そして注意しなければならない特徴の1つが、債務整理の中でも、自己破産や任意整理と比べると手続きが複雑だという点です。 実際に個人再生をしたい場合、個人で手続きをすることも不可能ではありません。

ほかの債務整理に比較して手続きが複雑なので、個人でするのは手間も時間もかかりますし、必要な知識を学ぶのに時間を使っていると利息がさらに増えてどうしようもできなくなり、自己破産を選ぶしかなくなる可能性もあります。

少しでも借金が少ないうちに手続きできるように、今すぐにでも弁護士や認定司法書士に相談することが大切です。

\1分で借金いくら減るか診断!/

個人再生の手続き

実際に手続きを行った方の約98%は、弁護士や司法書士にサポートを依頼しています。

手続きをしたいという場合には、最初に電話やメールもしくは直接事務所に行くなどの方法で弁護士や司法書士に無料相談するのが最初のステップです。

相談料無料に設定されているところも多いので、直接会って話をしたいという場合でも安心して相談できます。

相談することで、借金の総額や財産の状況などから、自分に合った債務整理の選択肢なのかというアドバイスをもらうことも可能です。相談した結果に応じて、正式に依頼するかどうか決められます。

正式な依頼契約ができたら、弁護士や認定司法書士は債権者側に「受任通知」を送付します。

受任通知には法的な効力が存在していて、債権者の手元に届いたらその時点で取り立てや督促は停止します。

受任通知の送付と同時に債権者側は取引履歴の開示が求められ、弁護士や認定司法書士は、開示された取引履歴を見て「引き直し計算」をします。

引き直し計算というのは、利息制限法の上限金利に基づいて借金の金額を計算しなおすことを指します。

この時点で利息を払いすぎている場合、過払い金の返還請求が実施されます。

\1分で借金いくら減るか診断!/

個人再生の準備

借金の総額を把握したら法律家と一緒に個人再生の準備をしていきます。

準備が必要な書類が多いので専門家に任せながら必要な準備を整えていくようにしましょう。書類の準備は時間がかかるので、手続きをするか迷っているなら早めに行動することが大切です。

書類の準備ができたら、裁判所に申し立てしてそのための委員が選出されます。

選出された委員は、財産や収入の状況をチェックして、申立人が作成する「再生計画案」の確認やアドバイスを行う立場です。ほかにも、申立人の返済能力があるか確認するために、裁判所によっては履行テストが実施されることもあります。

委員の選出から1週間以内を目安に、申立人・代理人弁護士・委員の三者で面談が実施されます。申立書をもとに借金の内容や理由、返済の見込みなどが質問されます。

お金借りる編集部

事前に面談でどのようなことが話し合われるのか、代理人の弁護士もしくは司法書士に相談しておくようにしましょう。

面談の結果に問題がなければ、再生計画案が提出されて次のステップに進みます。

この後の流れは、小規模もしくは給与所得者等再生という違いに応じて異なる部分もあります。自分の状況を確認しながら、どのような流れで進んでいくのか確認することが大切です。

個人再生をしたい場合の注意点

1つめの注意点は、手続きには時間がかかる

準備期間を含めて6ヶ月~1年ほどかかるので、早めの行動を心がけましょう。また、弁護士や司法書士に依頼する場合の依頼費用は、70万円程度からになるのでその点の確認も欠かせません。

2つめの注意点は、依頼する弁護士や司法書士の選択

弁護士や司法書士といっても、資格を持っている人のすべてが債務整理に精通しているわけではありません。自分にとって少しでもいい債務整理の結果になるように、実績を考慮して依頼先を決めましょう。

3つめの注意点は、 借金が0になるわけではない

手続きが完了した後は、残りの借金を返済することになります。

残りの借金を返済する責任があるということを忘れずに、すべての流れが終了したら完済を目指して行動できるようにしましょう。

\1分で借金いくら減るか診断!/

【全国対応・無料相談】個人再生に強い弁護士ランキング

東京ロータス法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円
報酬金:300,000円
自己破産着手金:200,000円
報酬金:200,000円
過払い金報酬回収額の20%
東京ロータス法律事務所のメリット
  • 自己破産の相談何回でも0円
  • 土曜日曜祝祭日・全国各地サポート
  • 手法・成功体験数知れず

\ 何度相談しても無料 !/

弁護士法人ひばり法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:200,000円~
報酬金:200,000円~
過払い金報酬回収額の20%
弁護士法人ひばり法律事務所のメリット
  • 自己破産相談費用0円・終日受け付け
  • 着手金分割可能
  • 日本国内対応OK!

\ 何度でも相談無料! /

アース法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円~
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:300,000円~
報酬金:300,000円~
過払い金報酬回収額の20%~
アース法律事務所のメリット
  • 自己破産相談ゼロ円
  • 全国各地対応可能
  • 成功体験3,500件以上

\必ず解決できる方法があります /

まとめ

今回のは債務整理の「個人再生」を詳しく解説しました。

個人再生は専門家に相談すれば成功率は9割以上と高くなりますが、自分だけでやると失敗する確率が上がってしまいます。個人再生に興味を持った方はは一度弁護士など法律の専門家に相談してみましょう。

全国対応で相談も無料なので今困っていることがあるなら悩まずに検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる