解約返戻金の種類とは?発生する税金と保険解約時の注意点

保険を解約すると、解約返戻金が振り込まれる場合があります。

とはいえ、

「それってどういう意味なの?」

と感じている方も非常に多いでしょう。

そこでこの記事では、解約返戻金の具体的な意味や発生する税金、それから注意点について詳しく解説していきます。

目次

解約返戻金って一体何?

解約返戻金というのは、期間満了以前に保険を解約した場合に保険会社から支払われるお金のことを指します。

こう聞くと、

「それまで支払ったお金が全額戻ってくるの?」

と勘違いをしてしまう人もいるのですが、保険会社もビジネスですので全額戻ってくるということは基本的にありません。

場合によっては設定されていない保険などもありますので、契約時によく確認しておくことが大切です。

どんな種類がある?

解約返戻金には、いくつかの種類があります。

ではそれぞれの種類について、詳しく見ていきましょう。

従来型

このタイプは、保険加入から月日が経てば経つほど返戻金の額が増えていきます。

また、料金の払込期間が過ぎた場合も、少しずつ額が上がっていくという特徴があるのです。

低解約型

このタイプの保険は、比較的解約返戻金の額が低いです。

その代わり、毎月の保険金も安く設定されていますので、解約するつもりがない人にとってはおすすめと言えるでしょう。

また、保険料の支払期間が終了した場合は、従来型と同じように少しずつ返戻金の額が上がっていきますので覚えておいてください。

無解約型

このタイプは、その名の通り解約返戻金が存在しません。

途中で解約をしたとしても、それまで払ったお金が一切返ってこないのです。

その代わり、毎月の保険料がかなり安く抑えられていますので、お得に加入できると言えるでしょう。

このような種類についても、契約時に説明があると思いますが、万が一不明点があれば自分から質問してみることをおすすめします。

満期保険金とは何が違う?

満期保険金というのは期間満了によって支払われるお金のことを指します。

満期保険金は支払った金額と同じ、あるいはそれ以上の金額が支払われる可能性が高いのですが、返戻金の場合は支払った金額以上が払い戻されることはほとんどありません。

本当は知りたくない税金の話

人生の転機や状況の変化などで、今契約している保険が必要なくなったという人も多いでしょう。

そのような場合、解約返戻金の有無は非常に重要なポイントとなりますよね。

少しでも支払った金額が戻ってくれば、最低限の支出で済ませることができます。

ただし、解約返戻金を受け取ると所得税が発生してしまうのです。

具体的には、返戻金と保険料の総額を引いて、差額が50万円以上あった場合は課税対象となりますので注意しましょう。

税金関係の話については、保険会社の方から事前に説明があると思いますが、わからないことなどがあれば遠慮せずに質問してみることをおすすめします。

絶対に知っておくべき注意点とは?

最後に、解約返戻金に関する注意点について、詳しく解説していきます。

金額が少なくなることもある

先ほども解説したように、解約返戻金というのは途中解約した際に支払われるお金のことを指しますので、支払った額と同等もしくはそれ以上の金額払い戻されることは基本的にありません。

場合によっては、支払った金額とほぼトントンになることもあるのですが、タイミングによっては元本割れしてしまう可能性がありますので、慎重に検討していくことをおすすめします。

例えば、保険を契約して期間が経っていないうちに解約をすると、解約返戻金が0に等しくなることもありますので注意が必要です。

保険の解約は真剣に考えてから行うべき

保険には適用条件や対象者の条件などがあります。

ただ、自分の状況が変化するタイミングで、その保険が必要ない、あるいは使えなくなってしまうというケースも良くあります。

このようなことから、保険を解約すること自体は全く悪いことではなく、その時に合わせた保険を活用していくことが大切です。

ただし、一度解約した保険にもう一度入る場合は、保険料が割高になってしまう可能性がありますので慎重に考える必要があります。

将来のことは誰にもわかりませんので、

「この保険に入っておけば絶対安心!」

ということは言えませんが、起こり得る変化やリスクなどをできるだけ具体的にイメージしておくようにしましょう。

まとめ

解約返戻金というのは、保険を途中解約した際に受け取れる金額のことです。

これは、満期保険金とは違いますので、元本が割れてしまう可能性がありますし、再加入すると保険料が高くなります。

このようなことから、保険を契約する際や解約する際は、返戻金だけに目を向けるのではなく、その先のリスクや変化についてもしっかりと考えておくことが大切です。

様々な状況をイメージして、自分に貼った保険を選ぶことができれば、万が一解約をすることになっても損失を最小限に抑えることができます。

また、満期を迎えた場合は支払った金額以上のお金が振り込まれる可能性も高くなるのです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる