がん保険って絶対に必要?入っておくメリットと知っておくべき2つの種類

医療のレベルがかなり上がってきている現代においても、がんに関しては話が別です。

早期発見ができれば回復が見込めますが、進行してしまうとがん細胞を完全に取り切ることが難しく、進行を遅らせるだけの治療になってしまうこともあります。

このような状況を踏まえ、がん保険への加入を検討している人も多いでしょう。

そこで今回は、がん保険に入っておくメリットや必要性について詳しく解説していきます。

目次

がん保険って絶対に必要なの?

日本では、2人に1人ががんを発症すると言われています。

少しずつ治療法などが確立されてきていますが、いまだ完全ではありません。

がんを発症したとしても、すぐに死亡するわけではないのですが、仕事を辞めて治療に専念しなければならないケースも出てきます。

その際に、自分が家族を養っている場合は収入減が経たれるわけですから、家族を路頭に迷わせてしまうことになります。

そんな時に役立つのががん保険なのです。

保険への加入に否定的な人の意見として、

「保険を使う機会が少ない」

というものがありますが、がんに関しては別物です。

誰でもなる可能性がありますし、発症手してから対策をするのでは遅すぎる場合もありますので、早めの対策が必要と言えます。

がん保険の種類とは?

そんながん保険には、いくつかの種類が存在しています。

ではそれぞれの種類について、詳しく見ていきましょう。

終身型

終身型というのは、自分の命が尽きるまで補償を受けられる保険のことを指します。

終身型の場合は、契約をした時から保険料が上がらず、尚且つ年齢を重ねても補償を受けられるというメリットがあります。

一方で、場合によっては定額型の保険よりも料金が高くなることもあり、細心の医療技術には対応していないこともあるため注意が必要です。

定期型

定期型というのは期間が限定されている保険のことを指します。

期間満了後は継続するかどうかを決めることができ、継続を選択した場合は再度期間満了まで保険料を納めていく形となります。

定期型の場合は、年齢が若ければ若いほど保険料が安くなり、尚且つ一定のタイミングで内容を見直せるというメリットがあります。

一方で、年齢を重ねるごとに保険料が高くなり、持病を持っている場合は保険に加入できないこともありますので注意しましょう。

がん保険に入るメリットとは?

次に、がん保険に入るメリットについて詳しく解説していきます。

まとまったお金がもらえる

がんと診断された場合、目の前が真っ暗になったような絶望に襲われることがあります。

ただ、いつまでも落ち込んではいられません。

なぜなら、自分の体のことももちろんなのですが、生活に必要なお金についても考えていかなければならないからです。

がん保険に入っておけば、診断を受けた段階で一時金を受け取ることができますので、安心して治療を受けることができます。

また、

「絶対に治療に使わなければならない」

という使用目的のルールがないため、家族の生活費補填として活用することも可能なのです。

各種給付金の支払いが無制限

がん保険以外の医療保険の場合、給付金の支払いに上限が設けられていることが多いです。

しかし、がん保険の場合は支払回数が無制限ですので、長い間の入院生活を余儀なくされた場合でも、お金の心配を軽減することができるのです。

高額治療などもカバーできる

がん保険に「先進医療特約」をつけることで、最先端の医療を受けやすくなります。

このような特約を付けなかった場合は、3割負担で治療を受けることになるのですが、そもそもの治療費が高すぎるため、3割とはいえかなり高額になります。

このようなことから、より期待値の高い治療を受けたいと思っているのであれば、先進医療特約を付けておくこともおすすめです。

そうすることで、治療の選択肢を増やすことができるようになるでしょう。

がん保険に入るデメリットは?

最後に、がん保険に入るデメリットについて詳しく見ていきましょう。

がん以外は補償対象外

がん保険は、それ以外の病気やけがなどに関する補償を行ってくれません。

つまり、がん以外の病気やケガに備える場合には、別の保険に入らなければならないということです。

この場合は保険料がかなり高くなってしまうことが予想されますので、自分に必要な保険を絞り込んでから契約することをおすすめします。

条件やルールが厳しい

先ほども解説したように、がん保険は給付金などの支払いに制限がありません。

ただ、何度でも無制限で対応できるというわけではなく、条件やルールが比較的厳しいのです。

このようなことから、がん保険に入る時には「支払いの条件」についても徹底的に読み込んでおく必要があります。

まとめ

がんの医療体制は少しずつ整ってきていますが、まだ完ぺきとは言えません。

がんになってしまうと、働くことが難しくなってしまったり、命の危険にさらされてしまうこともあります。

このようなリスクを少しでも軽減するために役立つのが、がん保険です。

がん保険に入っておけば、様々な資金的援助を受けられる可能性が高まり、治療に専念できるだけではなく、家族への負担を減らすことも可能になるのです。

ただし、がん保険にはいくつか注意点やデメリットもありますので、しっかりと確認したうえで加入することをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる