ビットコインとは一体何?仕組みや普通のお金との違いは?

デジタル化が進んでいる現代において、様々な仮想通貨が登場しています。

その中でもとくに有名なのが、ビットコインです。

とはいえ、

名前は知っているけど仕組みは知らない

という人もたくさんいるでしょう。

そこで今回は、ビットコインの基本情報と活用方法について説明していきます。

目次

ビットコインとは一体何?

ビットコインというのは、目に見えない通貨のことです。

実はこの通貨には、現金とは違う特徴がいくつかあるのです。

価値を保証している人がいない

我々がよく使う現金は、中央銀行が管理をしていて、経済状況によって発行枚数を増やしたり、発行を止めたりしています。

しかし、ビットコインの場合はこのような機関が存在せず、価値が保証されていないのです。

発行枚数が決まっている

ビットコインは発行枚数上限が21000枚となっていて、これ以上出回ることはありません。

理由は、

無限に発行し続けるといずれ価値がなくなるから

です。

発行枚数に制限を掛けることによって、より希少性を持たせることができ、価値を保つことができるのです。

誕生した背景は?

ビットコインというのは、

サトシ ナカモト

という人物が発明したといわれています。

ナカモトさんは、通貨の価値を保証するのに、第三者の協力が必要であることに疑問を感じ、ビットコインの開発に乗り出したそうです。

そして、ビットコインが出来上がった頃、法定通貨の安全性に疑問を持っている人たちが次々に支持し始め、少しずつ知名度を上げていったといわれています。

また、ビットコインでの最初の取引は、ピザだったと言われています。

一人のエンジニアが、

ピザと1万ビットコインを交換しませんか?

とネット上に投稿し、それに賛同した他のエンジニアと実際に取引を行ったのです。

1万ビットコインというのは、現在500億円前後となっていますので、最も高いピザだとネット上で話題になっています。

ビットコインを使うメリットって一体何?

では、ビットコインを活用するメリットについて、詳しく見ていきましょう。

手数料が安い

銀行を介して海外送金を行う場合、3,000円から8,000円程度の手数料がかかることが多いのですが、ビットコインの場合は1,600円程で送金が可能となっています。

また、送金時間もかなり短く、銀行を使うと1週間から2週間程度かかることが多いですが、ビットコインの場合は1時間以内に送金が完了します。

個人間でも使える

基本的に、個人間への送金を行う場合は、一旦銀行を通す形になるのですが、ビットコインの場合は直接送金することができるのです。

そのため、手数料を大幅にカットし、ほぼリアルタイムで送金をすることができます。

両替が必要ない

海外旅行に行く時に面倒くさいのが、両替ですよね。

その時のレートによって得をする場合もありますし、損をする場合もあります。

また、両替をする際は必ず手数料が取られますので、実質100%損をする計算になります。

しかし、ビットコインは世界共通の仮想通貨ですので、両替をせずに使うことができるのです。

ビットコインを使うデメリットって一体何?

次に、ビットコインを使うデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

価格が変動する

ビットコインというのは、常に価格が変動しています。

買い物や送金目的で使う場合は、そこまで気にする必要がないかもしれませんが、投資を行う場合はかなり慎重に取引をする必要があるでしょう。

すぐに支払いが完了しない

ビットコインというのは、銀行などと比べるとかなりスピーディに送金を行うことができます。

ただ、完全リアルタイムで決済をすることは難しいのです。

なぜなら、その送金に間違いや不正がないかという事を確認してからの送金となるからです。

導入店舗が少ない

ビットコインの歴史はまだまだ浅く、ビットコイン決済に対応しているお店も少ないです。

ネットショッピングなどの場合は、ビットコインが使えることも多いのですが、リアル店舗の場合は、

  • 現金のみ
  • 現金やカード、電子マネーのみ

となっていることもありますので、注意が必要です。

どうすれば入手できる?

ビットコインを手に入れる方法には、いくつかの種類があります。

1つ目が、市場から購入する方法です。

現在の価格でビットコインを購入することで、購入した分だけ利用できるようになります。

もう1つが、マイニングで入手するという方法です。

マイニングというのは、新しいブロックを作る作業のことで、この作業を手伝うことで一定の額のビットコインを手に入れることができるのです。

ただし、このマイニングという方法はかなり難易度が高く、専門知識や高性能の機材がないと難しいため、あまり一般的ではありません。

まとめ

ビットコインというのは、目に見えない通貨のことで、中央銀行が介入していません。

そのため、ビットコインを保有している人たちが相互にその価値を保証している形となり、常に価格が変動しています。

また、ビットコインにもいくつかのメリットがあり、使い方によっては便利に活用することも可能です。

しかし、デメリットもいくつか存在していますので、ビットコインを用いて決済をしようとしている人や、投資をしようとしている人は注意してください。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる