自動車保険って一体何?2つの種類と見直すべきタイミングを解説!

我々の生活に欠かせない自動車。

特に田舎に住んでいる人には必須のアイテムとなるでしょう。

ただ、自動車というのは便利な反面、人や物を傷つけてしまう危険性を秘めている乗り物です。

このようなリスクに備えるために重要なのが、自動車保険です。

とはいえ、自動車保険の仕組みについてあまりよく理解できていない人も多いでしょう。

そこでこの記事では、自動車保険の種類や見直すべきタイミングについて詳しく解説していきます。

目次

自動車保険には2つの種類がある?

自動車保険には、2つの種類があります。

名前は聞いたことがあるかもしれませんが、それぞれの仕組みや内容を具体的に説明できる人は多くありません。

では、それぞれの保険の特徴や違いについて詳しく見ていきましょう。

自賠責保険

この保険は、どのような理由があっても加入しなければならない強制保険となっています。

この保険に加入しないまま車を運転すると、自動車損害賠償保障法違反で罰則を受けますので注意しましょう。

自賠責保険では、相手側がなくなってしまった時に最大3000万円、負傷した場合は120万円の補償を受けることができます。

この保険は、自分を守るというよりは相手を守る内容となっていますので、正しく理解しておきましょう。

任意保険

任意保険というのは、その名の通り入っても入らなくてもいい保険です。

自賠責保険で賠償できない範囲を賄ってくれる内容となっています。

名目上は一応任意となっていますが、ほとんどのドライバーが加入しています。

なぜなら、万が一事故を起こしてしまった場合、自賠責保険の補償だけではすべてをカバーできない場合が多いからです。

また、任意保険は自分や同乗者に対する補償も用意されていますので、大切な人や自分を守るためにも加入しておくことをおすすめします。

任意保険には更に種類がある?

任意保険の中にも、いくつかの種類があります。

ではそれぞれの種類について、詳しく見ていきましょう。

賠償責任保険

賠償保険というのは、自賠責保険同様人や物に対する損害に備える保険のことを指します。

この記事を見ている人の中には、

「対人対物だけは無制限で入っておきなさい」

という助言を受けたことがある人もいるでしょう。

この対人や対物に関する保険は、賠償責任保険に分類されるのです。

傷害補償保険

傷害補償保険というのは、自分は乗っている人に対する補償に備える保険です。

例えば、

・人身傷害保険
・搭乗者保険
・自損事故保険
・無保険車傷害保険

などがあげられます。

この保険に加入しておくことで、事故によって発生した自分や搭乗者への被害を補償することができるのです。

車両保険

車両保険というのは、事故によって発生した被害で車の修理を余儀なくされた時に使える保険です。

また、事故だけではなく、いたずらによって傷つけられてしまった場合も保険適用となります。

任意保険を選ぶときに気を付けるべきポイント

任意保険というのは、各保険会社が販売していて、種類も非常に豊富です。

そこで、自分に合った保険を選ぶための注意点について詳しく解説していきます。

対人と対物だけは無制限にする

先ほども解説したように、任意保険に加入する場合は、最低限対人と対物だけは無制限にしておきましょう。

そうすることで、自賠責保険でカバーできない金額を賄うことができますので、安心して運転できるようになります。

保険のタイプを決める

任意保険には、ダイレクト型と対面型があります。

ダイレクト型というのは、ネットを通して申し込める保険のことで、保険料を抑えることが可能になります。

ただし、補償内容の決定や比較などは自分で行わなければならないため注意が必要です。

対面型の場合は、担当者と相談をしながら決められる保険のことです。

自分に合った内容を組み入れやすいのですが、若干保険料が高くなりがちですので注意しましょう。

保険を見直すべきタイミングって?

自動車保険というのは、その時の状況によって見直していく必要があります。

では一体どのようなタイミングで見直していけばいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

車両の使用目的や運転者が変わった時

まずは車両の使用目的が変わった時です。

例えば、通勤用から日常生活用に切り替わった場合、内容を見直すことで保険料が下がる可能性があります。

また、運転者が自分以外になった時も内容を見直す必要があります。

保険によっては、被保険者が限定されることもありますので、知らずに乗っていると万が一事故を起こしても補償の対象にならないことがあるのです。

免許の種類が変わった時

ゴールド免許になったタイミングで内容を見直すということもおすすめです。

というのも、ゴールド免許になるということは、「事故を起こす確率が低い」ということですので、保険料が下がる可能性が高いのです。

まとめ

自動車保険には2つの種類がありますが、どちらも非常に重要な保険です。

任意保険は加入が義務付けられていませんが、ほとんどのドライバーが加入していて、加入するメリットも大きいため、基本的には加入する方向で考えていきましょう。

ただ、任意保険には様々な種類がありますので、自分に合った保険を比較、検討していくことをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる