債務整理を使って借金減額する方法を徹底解説

金融機関等からお金を借りたものの、失業など生活状況の悪化が原因となって借りたお金を返せなくなってしまうことは新型コロナウィルスが蔓延してしている今日においては誰にでも起こり得ることだと言っても過言ではありません。

特に収入よりも借金の返済額の方が大きくなってしまった場合には、そのまま放置をしておくと日々借金の金額が膨らんでいくわけですから早急に対策を講じる必要があります。

お金について困ったことがあれば一人で問題を抱え込まず、国によって設立された法律相談所である「法テラス」などを活用して弁護士など借金問題に精通した法律の専門家に相談することが望ましいと言えるでしょう。

お金借りる編集部

法律の専門家に相談をすると、合法的に借金を減額する手段などを提案してくれます。

\1分で借金いくら減るか診断!/

目次

債務整理とは?

日本には債務整理と言って借金問題で苦しむ人のために合法的に借金を減額したり、返済を免除したりできるシステムがあります。

債務整理を上手に活用することで法律に則って生活の再建が可能となるため、弁護士などの専門家に利用を勧められた際には適切に活用することが肝心です。

なおひとえに債務整理と言っても幾つかの種類がありますし、免除額や適用条件などはそれぞれ異なりますし、借金をした理由によっては利用できないこともなる点を念頭に置いておきましょう。

\1分で借金いくら減るか診断!/

任意整理は利息を大幅にカット

債務整理の中でも最も負担が少なく、現在の生活を維持したまま減額が見込めるのが任意整理と呼ばれる方法です。

任意整理は弁護士等とともにお金の借入先に利息の支払いカットなどを直接交渉する整理方法で、交渉が成立することで返済額が減ります。

基本的には借入金の元本が減額されることはなく、利息の支払いを大幅にカットして負担を減らします。

裁判所などの機関を通さず任意で返済額の交渉を行うため、自動車などの財産を残したまま返済負担を軽減できますし、会社などに借金で苦しんでいることが知られてしまうリスクも低いので、最も負担が少ない方法と考えられるのです。

減る金額は少額ですが、早期のトラブル解決が見込めますし、現在の生活を維持しやすいのは大きなメリットです。

現在仕事をしていて毎月一定の収入がある人などにおすすめの方法です。

利息の支払いをカットしてもらう軽度では生活を再建できない場合や、元本の返済も減免してもらいたいと考える場合に向いているのが個人再生と呼ばれる整理方法です。

\1分で借金いくら減るか診断!/

個人再生は元本を大幅にカット

個人再生は裁判所を通して借金の減額を申請する手段であり、申立が通ると借金は完全に無くならないものの、大きくカットされます。

また住宅ローンを組んで住宅を保有している場合でも住宅を手放さずに借金額を減額できるので、現在一定の収入や住宅を保有していて、日常生活への影響を最小限としつつ、生活を立て直したい場合に向いている方法と考えられます。

個人再生は任意整理とは異なり裁判所を通しての手続きとなるため、官報に自分の氏名が掲載されることになります。

保証人などをたてて借り入れを行っていた場合には保証人に迷惑がかかることとなりますし、金融機関のブラックリストに名前が掲載されることとなるため、およそ10年間はクレジットカードの作成やローンの申込みなどができなくなってしまうことを覚えておきましょう。

\1分で借金いくら減るか診断!/

自己破産は借金をゼロに

債務整理の中でも最も威力があり、最後の手段とも言える方法が自己破産です。

任意整理や個人再生は借入額が減額こそされますが、完全になくなるわけではなく、手続き後は返済計画に従って毎月返済を行う必要があります。

一方で自己破産は利息も含めて返済を免除してもらえるため、完全に借金をなくすことが可能です。

現在失業中で収入がない場合や、仕事をしているものの返済額が収入を大幅に上回る場合などに向いている方法で、個人再生と同様に裁判所を通しての手続きとなります。

手続きを行うと個人再生の場合と同様に官報に自分の氏名が公表されるので人に知られてしまうリスクがあります。

加えて個人再生は一定の財産を残したまま借入金の減額ができますが、自己破産の場合は生活を送る上で最低限必要と考えられる財産を除き、自動車などの財産は基本的に残すことはできません。

一定の職業や資格は制限を受けることとなり、他の整理方法よりも日常生活への影響が大きいことを理解しておきましょう。

手続き後は信用情報に名前が掲載され、10年程度は借り入れなどが不可となります。

\1分で借金いくら減るか診断!/

【無料相談】借金減額・債務整理に強い弁護士ランキング

東京ロータス法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円
報酬金:300,000円
自己破産着手金:200,000円
報酬金:200,000円
過払い金報酬回収額の20%
東京ロータス法律事務所のメリット
  • 自己破産の相談何回でも0円
  • 土曜日曜祝祭日・全国各地サポート
  • 手法・成功体験数知れず

\ 何度相談しても無料 !/

弁護士法人ひばり法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:200,000円~
報酬金:200,000円~
過払い金報酬回収額の20%
弁護士法人ひばり法律事務所のメリット
  • 自己破産相談費用0円・終日受け付け
  • 着手金分割可能
  • 日本国内対応OK!

\ 何度でも相談無料! /

アース法律事務所

対応業務料金
任意整理着手金:1件20,000円~
報酬金:1件20,000円
減額報酬:10%
個人再生着手金:300,000円~
報酬金:200,000円~
自己破産着手金:300,000円~
報酬金:300,000円~
過払い金報酬回収額の20%~

まとめ

いずれの救済制度を利用する場合でも、それぞれにメリットとデメリットが存在します。

基本的には一定の収入がある場合や借入額が少ない場合には任意整理を利用することとなるでしょうし、収入が少なく借入額が大きくなれば個人再生や自己破産を利用することになります。

どの制度も法律の専門的な知識が欠かせないため、まずは弁護士などの法律の専門家に相談を行うことが大切です。

債務整理は合法的な手段で、国の救済制度でもあるので適切な活用を心がけましょう。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる