傷害保険って本当に必要?保険の内容と入るべき人の特徴を解説!

傷害保険に加入すべきか迷っている人はたくさんいるでしょう。

ただ、加入する場合もしない場合も、保険の内容や特徴について正しく把握しておかなければなりません。

そこでこの記事では、傷害保険とは一体どのようなものなのか、入るべき人の特徴は何なのかということについて、詳しく解説していきます。

目次

傷害保険ってそもそも何?

傷害保険というのは、普段の生活で起こり得るケガや事故などに備えるための保険を指します。

日常には様々な危険が潜んでいて、いつ何があるかわかりません。

このような不測の事態を予測しておかないと、万が一ケガや事故によって多額の治療費が発生してしまった際に困ってしまうのです。

傷害保険は本人だけではなく、自分の周りの人に対してかけることも可能です。

そのため、家族に万が一のことがあった場合でも、安心して治療を受けることができます。

傷害保険には種類がある?

傷害保険にはいくつかの種類が存在しています。

ではそれぞれの種類について、詳しく見ていきましょう。

普通傷害保険

このタイプは、

・仕事
・スポーツ
・プライベート
・交通事故
・旅行中

など、様々なシーンで負ってしまったケガをカバーできる保険です。

ただし、自然災害によるケガや事故についてはカバーできないこともありますので注意しましょう。

交通事故傷害保険

これはその名の通り、交通事故によって負ったケガをカバーできる保険です。

事故と聞くと、車関連を想像する人が多いかもしれませんが、

・自転車による事故
・歩行中の事故

などもカバーできる場合がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

国内旅行傷害保険

国内旅行中に起こった事故やケガなどをカバーできる保険で、旅行中に盗難にあってしまった場合も補償してくれる場合があります。

ただし、相手側への賠償を行うためには「特約」をつける必要がありますので注意が必要です。

海外旅行傷害保険

海外旅行中に発生した事故やケガなどをカバーできる保険です。

海外でケガをしたり、事故を起こしてしまった場合、関連する費用がかなり高額になる可能性が高いです。

また、盗難による被害もカバーできるケースもありますので、海外に行く機会が多い人は加入しておくことをおすすめします。

傷害保険の補償内容は?

次に、傷害保険の一般的な補償内容について詳しく見ていきましょう。

入院補償

ケガや事故によって入院したときの費用も、保険でカバーすることができます。

ちょっとしたケガの場合は、数回通院するだけで治療が終わることもありますが、かなりケガや事故の規模が大きい場合は入院をしなければならなくなる場合もあるのです。

このような場合、費用が想像以上に膨らんでしまう可能性がありますが、保険に加入しておくことで最小限の費用に抑えることが可能になります。

通院補償

入院の費用がなかったとしても、長期間の通院を余儀なくされることがあります。

通院をする場合、入院よりは費用が掛かりませんが、それでも比較的高い治療費がかかります。

傷害保険は、通院補償も行ってくれますので、長期に渡る治療でも安心できるのです。

手術補償

手術をしなければならなくなった場合も、高額な費用が発生します。

傷害保険では、手術費用の一部を負担してくれますので、お金のことを心配せずに治療を受けることが可能になるのです。

死亡補償

絶対に起こってはいけないことですが、万が一ケガや事故によって命を落としてしまった場合、残された家族に迷惑をかけることになってしまいますよね。

ただ、傷害保険に入っておくことで、高額の保険金が下りますので生活費や養育費で家族に迷惑をかけることもなくなるのです。

死亡だけではなく、後遺症が残った場合でも保険金が下りる可能性がありますので、事前に確認しておくことをおすすめします。

傷害保険に加入するメリット、デメリット

次に、傷害保険に加入するメリットとデメリットについて詳しく解説していきます。

それぞれの項目をしっかりと理解することができれば、「自分にとって傷害保険は必要なのか?」を正しく判断できるようになるでしょう。

メリット

傷害保険最大のメリットは、不測の事態に備えられるということです。

これは保険全般に言えることなのですが、頻繁には起こり得ない不測の事態をカバーできるため、その時になって、

「保険に入っておけばよかった・・・」

と後悔しなくて済みます。

保険によっては、持病を持っていても加入できる場合がありますので、興味がある人は調べてみることをおすすめします。

デメリット

傷害保険は、事故やケガによる損害をカバーするためのものですので、病気で入院したり、通院したりした場合は保険金が下りません。

また、病気によって死亡した場合も保険金の対象外となりますので注意が必要です。

傷害保険に入るべき人の特徴は?

傷害保険に入るべき人は、ずばりケガや事故の可能性が高い人です。

例えば、

・スポーツをよくする人
・旅行に行く機会が多い人
・高齢者
・主張が多い人

などです。

このような人は、行動範囲が狭くインドア派の人に比べるとリスクが高くなるため、保険に加入しておくことをおすすめします。

まとめ

傷害保険というのは、不慮の事故やケガなどによる経済的負担をカバーできる保険です。

頻繁に活用できるわけではありませんし、傷害保険を使うタイミングが来ないに越したことはありません。

ただ、万が一ケガや事故にあってしまった場合、保険に加入しておくことで経済的な負担を軽減できる場合があるのです。

少しでも気になっているのであれば、まずは保険会社から説明を受けて、必要性を吟味してみることをおすすめします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる