キャッシングサービスとは?カードローンとの違いは一体何?種類や使い方を詳しく解説

急遽、現金が必要になった場合に頼れるのが「キャッシング」や「カードローン」です。

どちらもお借り入れをするという意味で同様のサービスなのですが、それぞれに異なる特徴があります。

お借り入れをするときには、可能な限り自分にぴったりなプランを見つけることで、より効率的に返済が可能になります。
キャッシングやカードローンを利用する場合には、どちらを使うべきかを見極めることがポイントになります。

「キャッシングって何?カードローンと同じ?」
「キャッシングとカードローンって何が違うの?」
「自分はキャッシングとカードローンどっちを使うべき?」

このように悩んでいる方の参考になる記事になっています。

▼この記事でわかること
  • キャッシングとは?
  • カードローンとは?
  • キャッシングとカードローンの違いとは?
  • キャッシングやカードローンを利用する際の注意点とは?

これからキャッシングやカードローンを利用して、お借り入れをしたいと考えている方は、ぜひ最後まで読んで自分にぴったりなプランを見つけてみて下さい。

目次

キャッシングとは?お金を借りるサービスの総称

まず「キャッシング」の定義についてお伝えしたいと思います。

キャッシングとは、「お金を借りること」の総称です。

「キャッシング」と「カードローン」、どちらも「お金を借りること」という意味では同様であるため、厳密にいうとカードローンもキャッシングの一部になります。

それでは、一般的に言われている「キャッシング」と「カードローン」は違うものなのでしょうか?
結論としては、キャッシングとカードローンは別物です。

キャッシングとカードローンそれぞれの特徴について、順番にお伝えしていきます。

クレジットカード付帯のキャッシングって何?

一般的に「キャッシング」と呼ばれているものは、クレジットカードに付帯している機能を意味しています。

多くの場合、クレジットカードを利用してショッピングの決済をします。
クレジットカードは通常、ATMから現金をおろして利用することはできません。

そこでクレジットカードにキャッシング機能を付帯させることで、ATMから現金がおろせるようになり、現金払いが可能になります。

クレジットカード付帯のキャッシングサービスは、使い方を間違えなければ、とても便利な機能と言えます。

※キャッシングの注意点については下記で詳しくご紹介しています。

キャッシングの利用方法とは?クレジットカードのショッピング枠とは別物です

通常のショッピング利用が目的のクレジットカードでは、キャッシングサービスの利用ができません。

キャッシングサービスを利用する場合には、キャッシング専用の審査に通過する必要があります。
キャッシング専用の審査は、クレジットカードを発行する際にあわせて申請をすることができる他、発行されたカードが手元にある状態でも申請が可能です。

キャッシングサービスの審査に通過すると、銀行やコンビニにあるATMなどから現金を引き出すことができるだけでなく、銀行口座へ振り込みをしてもらえるようになります。

注意点!キャッシング枠が利用できる=限度額が上がるわけではない

キャッシングが利用できるようになったからと言って、クレジットカードを利用して使える金額自体が増えるわけではありません。

キャッシングサービスが付帯されていないクレジットカードを利用する場合、ショッピングで利用が可能な上限額が設定されています。

設定されている上限額はショッピングのみで利用できる「ショッピング枠」と呼ばれています。

一方でキャッシング審査に通った場合は、キャッシング枠が設定されます。

キャッシング枠はあらかじめ用意されていたショッピング枠の中に設定されます。

例えば、もともと用意されていたショッピング枠の上限が30万円であった場合にキャッシング上限額が10万円で設定され満額を使った場合、ショッピングで利用できるのは20万円までになります。

クレジットカード付帯のキャッシングは海外でも利用が可能!

キャッシングを利用できるのは、日本国内に限りません。

クレジットカード付帯のキャッシングは、海外からでも現地のATMを利用して現金を引き出すことが可能です。

海外のATMを利用する場合、日本円を自動的に現地の通貨に両替をして引き出すことになります。
あらかじめ両替所に足を運んで両替をする必要がないため、手間がはぶけるのがメリットです。
また、場合によっては両替をするよりも手数料が安く住むのも嬉しいポイントと言えます。

海外では盗難の危険が高まることも多いです。
とはいえ、小さなお店ではクレジットカードが利用できないことも珍しくありません。
大きな現金を持ち歩きたくない場合にも、必要になったときにATMから簡単におろせるので安心です。

キャッシングの利用方法とは?一般的な現金の引き出す場合とほとんど同じです

キャッシングの利用方法は、普段銀行の口座やATMからキャッシュカードを利用して現金を引き出す場合とあまりかわりません。

キャッシングはほとんどの銀行やコンビニにあるATMから行うことが可能です。

手順にそって利用方法を説明していきます。

STEP
ATMの画面から「お引き出し」を選びます
STEP
クレジットカードをカード差し込み口から入れます
STEP
暗証番号を入力します
STEP
「お借り入れ」を選択します
STEP
返済方法を「1回払い」か「リボ払い」から選択します
STEP
お借り入れ希望金額を1万円単位で入力します(利用限度内の金額を設定します)
STEP
挿入口から出てくるクレジットカードをとります
STEP
ご利用明細と入力した金額を受け取ります
  • クレジットカード会社によって、1回払いかリボ払いを選べない場合があります。
  • また、利用するATMによっては操作が違う可能性があります。

キャッシングの返済方法とは?一回払いとリボ払いがあります

クレジットカード付帯のキャッシングサービスにて借入をした場合、返済方法は複数用意されていることがあります。

一般的には「一回払い」と「リボ払い」から選べることが多いです。

一回払いとはその名の通り、利用した翌月にまとめて一括で借りた分をお支払いします。
一般的なショッピング利用時と同様で、決められた返済日に口座から引き落としをされることを意味します。

一方でリボ払い(リボルビング払い)とは、複数回にわけてお支払いをすることを意味します。
一括でまとまったお金が必要だけど、今すぐに支払いきれないという場合に役立つのが裏リボ払いです。
リボ払いはショッピング利用時の「分割払い」とは違う制度がとられています。

リボ払いとは?分割払いとは別物です

分割払いをする場合、お支払いの回数ごとに手数料がかかる支払い方法を意味します。

一方でリボ払いの場合、手数料はご利用残高によって手数料が変わります。

分割払いでは「何回に分けて支払うのか」を事前に決めて支払わなくてはいけない金額を分割して払う流れになります。

リボ払いでは「毎月いくら支払うのか」を設定して支払いが終わるまで払い続ける方針をとっています。

カードローンとは?キャッシングとは違うものです

カードローンはクレジットカードに付帯しているわけではなく、借入を専門にしているサービスです。

つまり、クレジットカードのようにショッピングができるわけではありません。

カードローン自体は、カード会社や銀行、消費者金融業者などの多くの企業が提供しています。

返済方法は一般的にリボルビング払いが採用されます。

ボーナスなどの臨時収入が入った場合には繰上返済ができるプランを用意してることもあるのが特徴です。

カードローンとキャッシングの大きな違いは?カードローンの特徴

カードローンの特徴は以下の通りです。

  • 審査によって定められた限度額の範囲内で何度でも借り入れができる
  • カードローンの限度額は数十万円〜数百万円と高額
  • クレジットカード付帯のキャッシングと比べて金利が低め

キャッシングサービスとの大きな違いは、上記3点であると言えます。

借入専用のサービスであるため、クレジットカード付帯のキャッシングよりも大きな額をまとめてお借り入れできることや、金利が低いことが特徴です。

カードローンはどんなときに便利?ライフイベント時に便利

カードローンはどのような場合に利用する人が多いのでしょうか?

例えば、ライフイベント時にまとまったお金を借入する人は多いです。

引っ越し、出産、結婚、子供の教育や資格の取得などに必要な場合もあれば、病気にかかってしまった際にまとまったお金を必要とするケースも多いです。

目的と照らし合わせて計画性のある返済ローンを組んでおけば、安心して利用できるのがカードローンです。

キャッシングとカードローンの一番の大きな違いは?大きく差のつく金利の違い

キャッシングとカードローンで最も違うポイントは、金利だと言えます。

キャッシングの金利は一般的に、15.0%〜18.0%と高めです。
大手クレジットカード会社のキャッシングのほとんどがこの金額におさまっています。

一方でカードローンの場合には、1.5% 〜15.0%と低めに設定されています。

借入金が大きいほど、金利は低く設定されます。

金利とは?借入するならおさえておくべき注意点

そもそも金利が何なのかピンとこない方もいらっしゃると思います。

金利とは、借入をする金額に上乗せをして返す利息の割合を意味します。

利息とはつまり、「借入をさせてくれてありがとう」という借入をするための手数料のことです。

借入をした場合には、利息を上乗せして返す必要があります。

利息の額が小さいほど、返す金額が低くなります。
つまり、金利の割合が低いほど利息が小さくなり、返済の負担が減ることを意味します。

キャッシングとカードローンどちらを利用すべき?

キャッシングとカードローンそれぞれの特徴をおさえたところで、どちらを選ぶべきか悩んでしまっているかもしれません。

結論としては、状況によって選ぶべき人が違います。

▼キャッシングを選ぶべき人
  • カードを増やしたくない
  • 頻繁に借りるわけではない
  • 少額を借りられれば良い
  • 突発的に必要になったときだけ現金を引き出したい

クレジットカード付帯のキャッシングは、カードローンと比べて金利が高いため、長期間返済ができる予定のない人には辛い返済プランになってしまうことが予想できます。

また、クレジットカード付帯のキャッシングの場合には借入できる上限が数十万円までであることがほとんどです。

クレジットカード付帯のキャッシングを利用すべき人は、少額を借入できればじゅうぶんな人や、短期的あるいは突発的に現金が必要になった場合だけキャッシングを利用したいという人です。

▼カードローンを選ぶべき人
  • 頻繁に借入がしたい
  • できるだけ金利を低くおさえたい
  • まとまった大きな額を借りたい
  • 長期プランで返済する必要がある

一方でカードローンを利用すべき人は、数十万円から数百万円の大きな金額をまとめて借入たい人です。

クレジットカード付帯のキャッシングでは不十分な金額を借入る必要がある場合に便利と言えます。

また、長期プランでゆっくりと返す必要がある場合にもカードローンを利用すべきであると言えるでしょう。
借入に必須である金利は、借入する期間が長いほど負担が重くなります。
カードローンでは金利が低めに設定されているため、長期的に借入をする場合にはクレジットカード付帯のキャッシングよりも有利であると言えます。

キャッシングとカードローンは違う!自分にぴったりな方を選ぼう

この記事では、キャッシングとカードローンが大きく違うことを詳しくお伝えしてきました。

普段からクレジットカードを利用している人にとっては、クレジットカード付帯のキャッシングサービスが手軽で便利だと言えます。

とはいえ、まとまった額を借入する必要がある場合には、カードローンを利用する必要があります。

「キャッシングサービスを利用したいと思っているものの、カードローンとどちらにしようか悩んでいる」という方が答えを導き出せていれば幸いです。

ぜひご自身にぴったりなものを選んでみて下さい。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる