【2021最新お金を借りる方法】おすすめのお金の借り方BESTランキング

【2021最新お金を借りる方法】おすすめのお金の借り方BESTランキング。高額融資から最短融資。即日融資。

一般的に働く事によってお給料を受け取りますが、「どうしても給料日までにお金を用意したい」「急にお金が必要になった」「今日中にお金を用意したい」など結構よくある話ですよね。

実は日本国内でお金を借りる方法はたくさんある事をご存じでしたか?

今回はそんなお金を借りたい人向けにお金を借りる方法をできる限りご用意いたしました。

この記事をぜひ参考にして自分にあったベストなお金の借り方で最速、最適な資金調達をしていきましょう。

暮らし子

今日中にお金が欲しいんだけど間に合うかしら?

暮らしの先輩

これから紹介するお金を借りる方法の中には30分~1時間で借りれる方法もありますよ

目次

お金を借りる方法【カードローン】

まずお金を借りたい方におすすめなのがカードローンです。

信用販売系のカードローンや銀行系のカードローンなど発行元によって金利や審査も違います。

信用販売系カードローンの特徴

信用販売系にはカードローンを発行している会社があり、JCBや三菱UFJ、クレディセゾンなどクレジットカードでもお馴染みの大手信用販売系会社が有名です。

信用販売系カードローンは主に高額融資に対応していますので、数百万円の融資が必要であれば信用販売会社からの融資も選択肢に入ります。

金利は3.5%~18.0%あたりで借りる金額によっても変動します。

融資金額が大きい分審査も慎重で申し込みから入金までに2~3週間くらいかかるとされていますので急ぎの方にはあまり向いていない商品かもしれません。

信販会社カードローン一覧
  • 三井住友カード ゴールドローン
  • オリコ クレジット
  • 三菱UFJニコス ローンカード
  • JCB ファーストローン+
  • ポケットカード Fマネーカード
  • クレディセゾン マネーカード
  • ジャックス プレミアビアージュ
金利融資までの期間融資可能金額
3.5〜18.0%約2週~3週間~800万円

銀行系カードローンの特徴

銀行系のカードローンは長期向けの融資になります。

無担保・保証人なしで借り入れができますし、金利も低めに設定されています。

利用目的も問わず、好きな時に好きなだけ、いつでもどこでも借り入れができるメリットがありますしメガバンクだと安心感があるのが特徴です。

デメリットとしては融資までに時間がかかる場合がります。

金利融資までの期間融資可能金額
3〜14.5%翌営業日~約1週間~800万円

ろうきんカードローンの特徴

ろうきんとは一般社団法人全国労働金庫協会の略称で銀行でも信販会社でもなく福祉金融機関となります。

安定した年収(150万以上)や勤務先に1年以上勤務しているなど一定の条件を満たしていれば融資を申し込むことができます。

銀行や信販系と違う部分はとにかく金利が低い事。

銀行や消費者金融では14%や18%まで上限金がありますが、ろうきんの場合は平均的に金利6%前後が多く利息を少しでも抑えたい方におすすめのカードローンです。

デメリットは審査機関が異常に長い事。

申し込みから1か月かかる場合も多く、急いでいる方には使い勝手が悪いと言われています。

金利融資までの期間融資可能金額
3〜9%程度1ヵ月程度~500万円

消費者金融系カードローンの特徴

信販系や銀行系に比べると最も審査期間が短い傾向があり、どちらも審査落ちてしてしまった場合は消費者金融のカードローンに申し込んでみましょう。

最短30分程度で審査が終わる消費者金融会社もあり、困ったときに強い味方になってくれます。

金利融資までの期間融資可能金額
4〜18%最短即日~800万円
暮らし子

でも、消費者金融ってなんとなく怖いイメージがあるけど?

暮らしの先輩

銀行グループの傘下に入っている消費者金融も多く、貸金業法改正で最大金利20%まで、融資金額は年収3分の1までというルールも徹底されているので、消費者金融と言っても銀行系や信販系の融資ルール、返済ルールはほとんど変わらないので安心です。

カードローン以外でお金を借りる方法

カードローン以外でお金を借りる方法。お金の借り方大公開。無職、専業主婦、審査なし、審査落ち後。

カードローンでお金を借りるのが一般的ですが、その他にもお金を借りる方法はまだまだあるので紹介します。

不動産担保ローン

不動産担保ローンとは「おまとめ」「借り換え」「まとまった資金の借り入れ」に有効なローンで名前の通り自分や家族の不動産を担保にして融資をする方法です。

資金用途は自由で、低金利ですので不動産を所有している人ならばかなり魅力的なローンになります。

金利融資までの期間融資可能金額
0.65〜9.8%程度3週間程度~5億円

年金担保貸付制度

年金担保貸付制度は、国民年金や厚生年金を担保にして融資を受ける制度です。

法律で認められた唯一の制度で、住宅改修や保険、急な出費などの為に小口資金を借りる場合に利用する事ができます。

独立行政法人福祉医療機構での貸し付け審査がありますが、生活保護を受給している、年金支給が停止されている、年金借り入れ残高がある場合などは利用できないなど制限がありますので注意しましょう。

金利融資までの期間融資可能金額
2.8%1ヵ月程度〜200万円

クレジットカードのキャッシングでお金を借りる

カードローンとは別にクレジットカードでもお金を借りることができます。

クレジットカードによって借入できる金額、金利は違いますが一般的にショッピング枠とキャッシング枠が別に付帯されているクレジットカードがほとんどです。

仮にキャッシング枠が50万円あれば審査なしですぐに50万円借りることができます。

金利融資までの期間融資可能金額
12〜18.0%程度即日キャッシング枠まで可能

質屋でお金を借りる

意外と知られてないのですが、質屋は物を売る以外に物を預けて借り入れることが可能なのです。

期間内にお金を返済すれば預けたものは返却されますし、返済しないと決めればお金を返す必要もないわけですね。

審査なし、取り立てもなし、預けれる物さえあれば誰でも借り入れできるのでおすすめです。

仮にキャッシング枠が50万円あれば審査なしですぐに50万円借りることができます。

金利融資までの期間融資可能金額
月4%程度即日預けた物の価値

生活福祉資金貸付制度

貸付対象が低所得者世帯、障害者世帯、高齢者世帯になりますが市区町村社会福祉協議会からお金を借りることができます。

金利も安く、連帯保証人を立てる場合は0%、立てない場合は1.5%になります。

意外と審査は厳しめで、少しでもお金に余裕、または資金を他から調達できるとわかれば審査落ちしてしまいます。

金利融資までの期間融資可能金額
0%~1.5%1ヵ月程度40万~60万

緊急小口資金

緊急小口資金も社会福祉協議会からの貸付で、原則として一世帯10万円まで借りることができます。

特別な条件を満たすと20万円まで借りることも可能です。

無利子で借りることができますので、本当にお金に困ったときに利用すると良いと思います。

生活福祉資金制度の審査に落ちても緊急小口資金の審査に通る人が大勢います。

金利融資までの期間融資可能金額
無利子2〜4週間程度10万円(20万円)

総合支援資金

こちらは失業された方向けの貸し付けで、生活費用という名目でお金を借りることができます。

単身世帯で月15万円、二人以上の世帯で月20万円まで借りることができ、保証人不要・無利子です。

金利融資までの期間融資可能金額
無利子2週間〜1ヵ月程度単身世帯月15万円以内(複数世帯20万円以内)

契約者貸付制度

契約者貸付制度とは生命保険を利用してお金を借りる制度です。

こちらは保険会社からお金を借りる制度ですので結構知らない方も多いと思います。

融資可能金額は解約返戻金によって決まりますので希望の金額を融資してもらう事は厳しいですが、審査なし低金利ですぐに借りる事ができるのがメリットです。

金利融資までの期間融資可能金額
2〜6%程度最短即日解約返戻金内

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度

20歳未満の子供を扶養している配偶者のない方向けの貸付制度です。

母子父子寡婦福祉資金貸付金制度
  • 事業開始資金
  • 事業継続資金
  • 修学資金
  • 技能習得資金
  • 修業資金
  • 就職支度資金
  • 医療介護資金
  • 生活資金
  • 住宅資金
  • 転宅資金
  • 就学支度資金
  • 結婚資金

基本的に無利子で月額単位でお金を借りたり、数百万円単位で借りる制度も中にはあります。

返済期間も長く、国からの借り入れなので信頼性と安心感はトップレベルですね。

金利融資までの期間融資可能金額
保証人あり無利子(保証人なし1%~1.5%)1ヵ月程度~287万円

【法人向け】お金を借りる方法

ビジネスローン

法人向けの融資に「ビジネスローン(個人事業者向け、法人向け)」がります。

どちらも総量規制がありませんので融資可能金額も大きく、運転資金から設備投資まで幅広く自由にお金を借りることができます。

金利融資までの期間融資可能金額
3.0〜18.0%最短即日1000万円

日本政策金融公庫

ビジネスローンの前に日本政策金融公庫で融資を受けるのが一般的で、創業融資や一般貸付、セーフティ貸付、環境・エネルギー対策貸付など幅広い貸付制度があります。

創業融資は基本的に資本金の2~3倍程度までしか借りられませんが、事業計画がしっかりしていれば1000万円程度借りれるケースもあります。

貸付の限度額は7億2千万円までと法人にとってなくてはならない存在です。

金利融資までの期間融資可能金額
制度により変化1ヵ月程度〜7億2千万円

【即日融資】おすすめのカードローン

プロミス

プロミス

CMでお馴染みのプロミスですがカードローン顧客度満足調査で1位になっているほどリピーターも多く信頼できます。

審査も最短15秒で結果がわかるので無駄な時間は一切ないのが良いですね。

初めての方だと30日間無利息になるので短期間の借り入れにもおすすめです。

プロミスのメリット
  • 審査が15秒
  • 24時間振り込み対応(土日祝日夜間もOK)
  • 審査結果からの着金が最速(最短10秒)
金利融資までの期間限度額
4.5~17.8%最短30分500万円

アコム(カードローンが初めての方におすすめ)

アコム(カードローンが初めての方におすすめ)

「初めてのアコム♪」とCMでもお馴染みのあの曲のカードローンです。

三菱UFJフィナンシャル・グループですので信頼性もありますし、アコムは借入可能か3秒で診断できます。

限度額が800万円と高額融資も可能で審査から即日振込も可能です。

融資までの流れ
STEP
ネットで申し込み

365日24時間で申し込み可能(スマホ・PCなど)

STEP
申し込み後メールに記載されたURLから書類をアップロード

ホームページ、FAX、郵送、店頭窓口、自動契約機から書類審査できます。

STEP
審査結果最短30分

審査は約30分程度で終わり、審査後は即入金となります。

スマホからの借り入れが約9割と全てWEB上で完結できるのでプロミス同様時間の無駄なく貸付が可能となっています。

全国5万台以上のATMや自動契約機「むじんくん」ですぐにカード発行も可能。

24時間365日振込対応ですのですぐにお金が必要な方はアコムを利用するの良いと思います。

金利融資までの期間限度額
3.0~18.0%最短30分〜800万円

アイフル

アイフル

アコム、プロミスに次いで大手のアイフル。

全国にある無人契約ルームでアイフルカードを発見する事ができ、ネット上では借り入れ可能か最短1秒で診断する事が出来ます。

デメリットとしてコンビニATMで手数料がかかってしまうので注意が必要です。困ったときでも24時間チャットでサポートしてもらえるのでいいですね。さらに女性専用ダイアルもあります。

金利融資までの期間限度額
3.0~18.0%最短30分〜800万円

まとめ

一般的なお金を借りる方法を紹介しましたがいかがだったでしょうか?

やはり一般的な借り方はカードローンで、スマートフォンの普及により必要書類もカメラですぐに提出できるので最短審査・即日融資がメジャーになってきています。

20万~50万程度であれば身分証明書(免許証など)があればすぐにお金を借りれることができますので、気になる会社がありましたがぜひこの機会に申し込んでみてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる