【PR】2021年お金借りるアプリ
今すぐお金を借りることができる銀行スマホアプリ特集

高校生恋愛でデートの時のキスの頻度は多くても平気?キスの仕方も詳しく教えます

高校生 恋愛 デートキス 頻度 キスの仕方

高校生の恋愛のデートキスする頻度は多い方がいい?キスの仕方も詳しくご紹介していきます!

高校生で好きな人と両想いになれたら、したい事は山ほどありますよね!

デートはもちろん、一緒に勉強をしたり、登下校を一緒にしたり、付き合ってからでなければできない事はたくさんあります。

キスもそのうちの一つですよね…♪

最初の盛り上がっている時期は、特にキスをしたいと思う事も多いと思いますが、どのくらいの頻度でするものなの?どうやってするの?と迷う恋愛初心者さんも多いはず!

そこで今回は、高校生の恋愛での、デート・キスの頻度やキスの仕方について解説していきますので、じっくりご覧くださいね!

高校生の恋愛でデートキスの頻度・回数は多い方が良い?その理由とは?

高校生 恋愛 デートキス 頻度 キスの仕方

デートやキスの頻度には決まりはありませんし、目安となるルールブックもないので迷う所ですよね。

キスが好きな人もいますが、一方で「あまり好きじゃない」「する意味がわからない」という人もいます。

お互いに好きという感情を抱いているのは同じなのに、こんなにも価値観によって異なるんですね!

自分はキスをしたいと思っているけど、恋人はどうだろう…?と考え始めると、正解が分からず、悩んでしまう人もいるのではないでしょうか?

ではどのくらいの頻度でデートやキスをするのが調度いいのか?について考えてみましょう!

 

高校生同士の恋愛の理想的なキスの頻度は?

キスの頻度や回数に、目安や理想はありません。

2人にとってどのくらいキスをするのが調度良いのか?は、カップルごとに異なります。

そのため、回数を数えたりペースを気にするよりも、相手の反応をしっかりと見極める方が良いでしょう。

デートやキスが好きな人はたくさんしたいと思っているはずですし、そんなに頻繁にはしたくないという人もいるはず。

デートやキスをしたときの恋人の表情や、態度の変化は見落とさないようにしなければなりませんね。

 

恋人の価値観はどっち?

デートやキスをすることが好きな人がいる一方で、何でもない日にむやみやたらにキスをするのが嫌、という人もいます。

その心理として考えられるのは「特別感が失われていくから」というもの。

あまり交際の経験がなくて、あなたとするキスがファーストキスだった場合などは特に当てはまる場合がありますね。

少女漫画のようなロマンチックな恋愛に憧れていたり、理想となっている人は意外と多いものです。

そんな恋人に対して、あなたがキスをしすぎてしまうと、嫌だとも言い出せないまま気持ちにすれ違いが生じてしまいます。

そうならないためにも、恋人が嫌そうな反応や表情をしていないか?は必ず見落とさないようにしなければなりませんね。

 

キスの頻度は多い方が良い?

上記した通り、人それぞれキスに対する価値観は異なりますが、キスが嫌いというわけでない限りは、キスはほどほどにスキンシップの一環として行うのがオススメです。

というのも、長続きしているカップルの多くは、たくさんキスなどのスキンシップをとっている事が分かっています。

好きな人とキスをするのは特別ですし、それだけでも幸せな事ですよね。

好きな人に触れられて特別な事をしている、という事は脳内には「幸せ」という感情が芽生えます。

これこそが、ストレスのようなネガティブな要素を減らし、心を満たしてくれるというわけです。

また、女性の場合ホルモンバランスなどに変化が現れ、美容面にも効果的という見方もあるようですよ!

キスをすることで幸せが感じられる人は多いですので、コミュニケーション方法の一つとして、不足しないように心がけたいですね。

 

キスは「多すぎ」「少なすぎ」に注意!?

キスは恋人を最も近くに感じられるスキンシップの一つですし、恋人だからこそできる特別な行為。

しかし、ひとたび「多すぎ」「少なすぎ」とバランスが崩れてしまうと、2人の関係にヒビが入ってしまう可能性があります。

恋人の気持ちを無視して、自分の欲求のままにキスが「多すぎる」「少なすぎる」状況を続けてしまうと取り返しのつかない事になってしまうかも…。

そうならないためにも、恋人と一緒に話し合うシーンを作るのもオススメですよ。

 

多すぎで生じる問題は?

キスを最初から頻繁にしすぎてしまうと、すぐに恋人に対して「慣れ」を感じてしまう場合があるでしょう。

交際を始めてすぐの頃は、何をしていても新鮮で、付き合っている恋人に対してドキドキしたり、キュンキュンすることがたくさんありますよね。

しかし、最初からハイペースでキスをしていると、ドキドキする事が徐々に減り始め、関係自体がマンネリ化してしまう可能性があります。

マンネリ化してしまうと、付き合っていても楽しいと思えなくなってしまったり、恋人に対して無性にイライラしてしまう事があるでしょう。

どれだけキスを大切にしていても、いずれマンネリ化してしまう倦怠期と呼ばれる時期は、きっと訪れます。

それでも、キスを最初から頻繁にしていると、比較的早い時期に倦怠期が訪れる可能性が高いと言えるでしょう。

 

少なすぎで生じる問題は?

キスが少なすぎた時に生じる問題としては、2人の関係が円満でいられなくなる可能性が挙げられます。

というのも、本当はもっとキスがしたい!と思っていても、それを恋人に対して伝える事ができる人は少ないですよね。

キスができるシチュエーションに持って行ったり、少し努力はしてみるものの相手には伝わらず、我慢してしまうという事もあるでしょう。

このように満足ができない心境が長く続くと、いずれ不満となり、「もの足りない」「つまらない」と思ってしまう可能性もあります。

 

キスの頻度で重要なのは「バランス」?

キスの頻度を考えた時に基準となるのは、交際している2人の価値観のバランスです。

例えば1人がキスをしたい派、もう一人がキスをしたくない派、の両極端のカップルであっても、どちらか1人の価値観に合わせていたのでは、無理をしている状況が続きます。

我慢し続け、無理が続く状況では、長続きは難しいですよね。

そうならないためにも、2人の中間までお互いが歩み寄ってバランスを保つことが大切です。

どのくらいが中間なのか?の見極めは難しい所ですが、交際を続けていくと次第に見えてくるでしょう。

何気ない会話の時に聞いたり、気持ちを伝えても良いですね。

お互いが幸せになれるデートやキスの頻度を探ってみてくださいね♪

 

恋愛初心者の高校生でも失敗しないキスの仕方を紹介!

高校生 恋愛 デートキス 頻度 キスの仕方

キスがしたいけど、どこでどうやってキスをすればいいの!?って本気で悩んでいる高校生は多いのでは!?

「失敗したらどうしよう…」「嫌われたらどうしよう…」と不安な事も多いですよね。

しかし、基本をしっかりと頭に入れておけば、恋愛初心者・キス初心者の高校生であっても安心です♪

初キスのタイミングとして最も多いのは交際してから1ヶ月半ほどだと言われています。

そろそろ自分も一歩踏み出して、ロマンチックなキスをしてみたい…と思っている方は是非、キスの仕方について学習しておきましょう!

 

キスをする時の2つのポイントとは?

キスをする時に大切になるのが、

  1. シチュエーション・タイミング
  2. キスの仕方

となります。

まず、どんなにシチュエーションが良いと思っても、相手の心がここにあらずのタイミングでは失敗してしまいますよね。

そうならないためにも、2つのポイントはしっかりと意識して、慣れないうちは慎重にキスに臨むのがオススメです!

 

理想的なシチュエーション・タイミングとは?

高校生のカップルは、お互いまだ学生の身ですからなかなか2人きりになるチャンスが少ない方もいますよね。

しかし、周りに人がいると恥ずかしいだけでなく、学校で「○○と○○があそこでキスしてた!」なんて噂をされてしまうかもしれません。

そのため、シチュエーション・タイミングを計る時には、周りに人がいない事をしっかり確認する事も大切です。

 

部屋に二人きりの時

恋人の家に遊びに行ったときや、カラオケに行ったときなど、室内に2人きりになる事ができるのであれば、キスのチャンス到来です。

誰にも見られていないと安心できればキスに集中する事ができますし、「誰かに見られるかもしれない」という不安からキスに応じてもらえない事もなくなるでしょう。

「ファーストキスは恋人の部屋だった」と言う人も多く、高校生の学生カップルにとってどちらかの部屋というのは唯一誰にも邪魔されずに2人きりになれる空間といっても過言ではありませんね。

ただし、恋人の2人が部屋で二人きりになる事を心配する親もいます。

相手の家族にたいしてきちんと礼儀正しくあいさつをしたり、無礼な態度をとらないという人として基本的な部分です。

「高校生だから」と言い訳せずに、どちらかのお家に行く時はマナーも忘れずに♪

 

帰り道

デートや学校からの帰り道、自宅より少し手前の人通りの少ない場所でキスをするカップルは非常に多いですね。

家まで送ってもらう時に、自宅近くで軽くキスをして「また明日」…なんて漫画のような美しい展開が期待できますね!

ただし、家族や近所の人に見られてしまわないように、自宅の目の前でキスをするのは避けましょう。

高校生の年齢で恋愛やキスをしている事を不快に感じる大人もいます。

そのため、もしも近所の人に見られてしまって「お宅のお子さんこの間そこで…」なんて嫌味を言われてしまう可能性だってありますよ。

ご近所トラブルにならないようにするためにも、周囲の視線には十分に気をつけましょう!

 

イベント

お祭りや花火大会、学祭やその打ち上げなどは、気分も盛り上がっているためキスするタイミングとしてもピッタリですね。

特に花火大会などに2人で行く事になれば、少なからず期待をしている人もいるのではないでしょうか。

周囲に人が多いため誰かに見られないように注意は必要ですが、「あの時一緒に行ったお祭りで隠れてキスをした」という素敵な思い出になりますよね。

絶対に失敗しないシチュエーション・タイミングの一つと言えるでしょう。

 

プリクラの中

今時の高校生で意外と多いのが、プリクラを撮影する機械の中でキスをするというもの。

学校帰りなど、フラッとプリクラを撮りに行く高校生はカップルは多いと思いますが、その機械の中で、寄り添った時にキスをすれば、カーテンが目隠しになって人に見られる心配はありません。

ただ、キスをしながら撮影するのは嫌な人もいますし、他人に見せたくないという人は多いはず。

その場合は撮影の前後にキスをするなど、恋人の気持ちを確かめながら臨むようにしましょう。

 

高校生のキスの仕方は「ソフト」が基本?

キスと一言でまとめても、様々なキスの種類がありますよね。

軽く触れるくらいのキスもあれば、もっと濃密に交わされるキスもあるでしょう。

しかし、高校生のキスで基本だと思っておきたいのが軽めのソフトなキス。

唇と唇が触れる程度の優しいキスがオススメです。

最初からディープキスをしようとすると、引いてしまう人もいますし、まだそこまで心の準備ができているとは限りません。

ソフトなキスから段階を経て進んでいく方が失敗知らずですので、まずは優しく幸せを感じられるキスを目指しましょう!

 

失敗しないキスの仕方のコツは?

キスの体験で特に多い失敗が、

  • 勢いがありすぎて痛かった
  • 歯がぶつかった
  • 唇に唇が当たらなかった
  • 鼻が先にぶつかった

などがありますね。

どれも可愛らしいエピソードですが、本人たちは恥ずかしく感じるはず。

そうならないためにも、まずは「焦らずに」「ゆっくり」近づいていくのがオススメです。

キスをする時に、男女両方が顔を近づけていくとぶつかってしまう可能性がありますし、鼻がぶつからないよう顔を傾ける方向が同じになってしまうというアクシデントも。

それを防ぐ方法としては、1人は動かず、1人が顔を傾けながら近づきキスをするのが、落ち着いてキスが出来る、良い方法でしょう。

相手にキスの心構えをしてもらって、動かずにキスを受け入れてもらう時には、体に触れる事でその効果が期待できます。

肩や腕、手などに触れてからキスに踏み切ってみてくださいね!

 

キスをする時の注意点は?

キスをする時に一番気を付けたいのが、恋人の気持ちです。

自分がキスをしたい、と積極的になりすぎて相手が引いていないか?は常に気にするようにしましょう。

特にディープキスに関しては不潔だと思っている高校生も多いです。

興味がある高校生が多い一方で、少なからず「汚い」「気持ち悪い」と思っている人がいる事も理解しておきましょう。

 

ゆっくりと優しくキスをする

勢いがつきすぎていると、痛みを感じる場合もありますし、唇に傷ができてしまい出血する場合などもあるでしょう。

歯は人体の中で最も固い部分とも言われている通り、ぶつかってしまうと「カツン」という音だけでなく、結構な痛みを伴います。

そうならないためにも、慣れないうちは「押し当てる」ではなく「触れる」とイメージすると良いですね。

優しく触れるイメージを持ってキスをすれば失敗する心配はありません!

 

口臭・唇のガサガサに注意

普段リップクリームを塗らない人も、キスをする可能性がある時にはしっかりとケアをしておくのがオススメ。

また、口臭も気になる人はしっかりとケアをしておくと良いですね。

女性の場合、口紅やグロスを使用している人もいると思いますが、男性の中には嫌がる人もいます。

相手の唇に移る可能性がある事も考慮して、デートの日はあまり濃いリップはつけないなどの配慮も大切ですよ♪

 

まとめ

高校生 恋愛 デートキス 頻度 キスの仕方

今回は、高校生の恋愛のデートキスする頻度や、キスの仕方について解説をしてきました!

キスは「うまい」「下手」などと言われる事もありますし、最初は緊張するものですよね。

しかし緊張しているのは相手も同じことですので、あまり心配せずにリラックスする事が大切です。

何よりも大切なのは「好きな人とキスをしたいという気持ち」です!

失敗する事を心配しすぎていると、必要以上に緊張して、失敗を招いてしまいますので、素直な気持ちを大切にして、素敵な思い出にしてくださいね♪