【PR】2021年お金借りるアプリ
今すぐお金を借りることができる銀行スマホアプリ特集

高校生の片思い男子が付き合うための恋愛テクニックは?付き合える確率も解説

高校生の恋愛で付き合う確率はどのくらい?片思い男子必見の付き合うテクニックも詳しく解説していきます!

高校生活を送っていると、自然と好きな人ができた、という方も多いのでは!?

それまでは好きな人ができても、ひっそりと片思いをするのが当然でしたが、高校生ともなると両想いになってカップルになるという人も増えてくると思います。

でも、よく考えてみると、好きになった人と両想いになって付き合う確率ってとても低いと思いませんか?

そこで今回は、世の高校生はどのくらいの確率で好きな人と付き合っているのか?について解説をしていきます!

また、アプローチする時のテクニックについてもご紹介していきますので、恋愛中の片思い男子は必見ですよ♪

高校生の恋愛で好きな人と付き合う確率は何%?

高校生 恋愛 片思い男子 付き合う 確率 テクニック

中学校の当時と比べて、高校生になってからというもの、カップルが多いと感じている人もいるのではないでしょうか?

「あの人達付き合ってるんだって~」という噂話を聞いたり、一緒に学校から帰っていく2人の後ろ姿を見る機会もあると思います。

中には、「周りの友人にはみんな恋人がいて、自分だけが取り残されている!」と焦っちゃう人もいるでしょう。

中学生の時は「まだ早い」と思って、好きな人ができてもひっそり片思いをしているのが当たり前でしたが、高校生になると交際へと発展して恋人になるケースも少なくありません。

では、高校生で好きな人と交際している・付き合ってるという人はどのくらいいるのでしょうか?

 

好きな人と付き合ってる確率は意外と低い!?

高校生に行ったとあるアンケートの結果によると「現在恋人(彼氏・彼女)がいる」と回答したのは、わずか約20%の人でした。

この結果だけを見れば、高校生のおおよそ8割は恋人がいないフリーであるという状況です。

これを受け、多いと感じるか少ないと感じるかは人それぞれ異なると思いますが、個人的には「たった20%!?」と感じました。

周りの友人を見ると、もっと多いような錯覚に陥りますよね。

クラスの半分くらいは交際をしているんじゃないか…という気もしていましたが、そう感じていただけで、実際には少ないのかもしれません。

実は10人のうち2人にしか恋人がいない、という結果ですので、現在恋人がいない方も恋愛をしていない方も、「自分だけ置いて行かれている!」などと心配する必要はありませんね♪

 

好きな人と出会ったきっかけは?

現在恋人がいる人は、どうやって知り合った人物と交際へと発展したのか?というと、

  1. クラスメイト
  2. 元クラスメイト
  3. 他校の同級生
  4. バイトや塾で知り合った他校の高校生

などがランクイン。

ごく少数ですが、部活の先輩・後輩など、少女漫画のような恋愛をしている人もいます。

やっぱり学校が同じで同級生となれば、そこから恋愛感情が芽生える事が多いですよね。

進級した時に残念ながらクラスが離れてしまった…という人もいるようですが、同じ学校内に恋人がいるのは楽しそうですね♪

 

好きな人と付き合う事になった経緯は?

どうやって交際にまで発展したの!?という経緯については、恋愛をしている人なら誰でも気になる部分ですね!

アンケート結果で多かったのは、

  • グループLINEから個別トークへ進展し、仲良くなった
  • クラスのみんなで遊びに行ってから仲良くなった
  • お互いにバスケ部で共通の話題が多かった
  • 修学旅行が同じグループで意気投合した

などなど、ある日仲良くなって、そこから恋愛関係へと発展していくケースが圧倒的多数でした。

クラスが同じであれば、修学旅行や席替えなどをきっかけに急速に距離が縮まるケースも。

それまで意識をしていなかった相手と、ある日突然仲良くなって、いつの間にか恋人になっていた…という未来もあり得ますよ!

 

好きな人と付き合える確率を高めたいなら?

上記をご覧頂いてわかる通り、まずは「仲良くなる」事がとても大切ですね。

付き合ったきっかけで「ある日知らない人から突然告白をされて付き合った」という人はいなかったように、仲良くなってから交際を申し込むのと、それほど親しくない関係で申し込むのでは、成功の確率に相当な差が生じます。

好きな人と付き合える確率をアップさせたいのであれば、まずは「仲良くなる」事を目標にしましょう!

 

「告白」のタイミングが重要!?

好きな女子と仲良くなれたからと言って、すぐに告白をすれば良いというわけではありません。

ここで大切になるのは、「タイミング」です。

タイミングを間違えてしまうと「ごめんなさい」「今は付き合うとか考えられない…」という返答が来る可能性が高まります。

特に、恋する男子高校生の失敗談で多いのは、

  • ライバルがいるとわかって焦って告白し、振られた
  • 好きな気持ちが抑えきれずに思い切って告白し、振られた

という経験。

「好き」と告白をする行為自体、遅かれ早かれ、交際を望むのならば踏み出さなければなら無い一歩です。

しかし、その一歩をいつ踏み出すのか?によって、成功する確率は変わりますので、しっかりと見極める事が大切です!

 

片思い男子必見!好きな人と付き合うテクニックを伝授!

高校生 恋愛 片思い男子 付き合う 確率 テクニック

好きな女子と付き合いたい、恋人になりたい、と思うのはとても自然な事です。

誰よりも彼女にとって特別な人になりたいはずですし、交際できたらデートをしたり、一緒に勉強をしたり、やりたい事もたくさんありますよね!

では、どうすれば好きな子と付き合う事ができるのでしょうか?

ここでは、今よりもっと好きな女子にアプローチするためのテクニックについてご紹介をしていきます!

いずれは告白したいけど、いつすれば良いのかタイミングが分からない…と悩んでいる男子もじっくりご覧くださいね♪

 

好きな人と付き合うテクニック【行動】

まずどんな行動を心がけていけばいいのか?というと、上記した通り、仲良くなることを目標にしましょう。

2人で会話ができる、LINEができる、という状況がベスト。

その中で、2人の時にしか聞けない話や相談が聞けるようになったり、2人で「今度○○行ってみよう!」なんて会話ができれば、付き合える可能性は高いですね。

男女関わらず、基本的に嫌いな人とは距離をとろうとして、2人きりになったり、深くかかわる事を避けるはず。

そんな素振りがなく、距離が縮まっていくようであれば、交際へ一歩近づけたと思って間違いありません!

 

LINEはマメに送る

交際前の期間は交際中の事を想像する機会も多いですよね。

LINEに関しても、この人と付き合ったらLINEはこんな感じなのか、と想像ができる部分でもあります。

その時にマメにLINEをくれる、と認識をしてくれれば女子は安心をします。

マメな男子の方がモテますし、交際してからも、連絡はなるべくマメな方が喜ばれますね。

毎日必ず「おはよう」「今日はこんな事があったよ」「おやすみ」とLINEをする必要はありませんが、何か話をしたいと思ったときにはこまめに連絡をしてみてくださいね。

 

共通点を増やす

好きな人に「話が合うな」と思ってもらうためには相手との共通点を持つことが大切です。

共通点の数は多ければ多いほど良く、似ている所が多い人に対しては自然にしていても楽だと感じる事が出来ます。

交際してから自然体でいられるかどうか、も女子にとっては大きなポイントですので、どんな些細な共通点でも見つけてアピールポイントにしていきましょう。

この時恋愛心理学で有効だと言われるのが『ミラーリング効果』。

ミラーリング効果とは、

心理学で使われる言葉で、「同調効果」といわれる。 ・親密な関係では相手と同じ動作をすることが多く、好意を抱いている相手と同じ動作をしてしまうことなどもミラー効果である。 ・逆に人間関係のテクニックとして相手に好感をもってもらうために、意識的にミラーリングを使用することもある。

(引用:weblio辞書

つまり、「鏡のように相手と同じ仕草や癖をして親近感を抱かせる」というわけです。

知っている人も多いテクニックだけに気付かれてしまう可能性があるので、ある程度の時間を一緒に過ごした後で自然に入れると◎。

「あれこの人と仕草がにてるかも?」と思わせることができれば成功ですよ!

 

さり気なく「女扱い」をする

「女扱い」と聞くとネガティブな印象が強い人もいると思いますが、女子は誰でも「女の子」として扱われる事を嫌がったりはしません。

例えば、重い物を運ぶ時にサッと手を出してやってあげたり、並んで歩く時に車側へサッと移動したり…女の子として扱われる瞬間はドキッとするものです。

男らしさをアピールできるタイミングですので、積極的に行動していきましょう。

ただしあからさますぎたり、ぎこちないのは逆効果。

スマートに自然に行うのがポイントですよ!

 

好きな人と付き合うテクニック【会話】

会話は一番のコミュニケーション手段です。

この「会話」を失敗してしまっては、どんなに行動でポイントを稼いでいても水の泡になってしまうので注意しましょう。

女子と話をする時のポイントは下記でご紹介していく2点。

これまで女心をあまり理解できていなかったという片思い男子はしっかりと意識して取り組みましょう!

 

気持ちよく話をさせてあげる

女子は話すのが大好き!という人も多いですが、それは聞いてくれる人がいるからこそ成り立ちます。

話を聞く時に相槌も打たず、スマホを触っている人が目の前にいると、話をしていても楽しいとは思えなくなってしまいますよね。

そうならないためにも、男子同士で話をする時よりも少し気を使って、しっかりとリアクションをとってあげましょう。

あなたが楽しんでいると思えば、彼女もきっと楽しく話をしてくれるはず。

前のめりになるくらい、彼女の話をしっかりと聞いてあげてくださいね!

 

結論を出そうとしない

女子と2人で会話をしていると、次第に愚痴や悩み事の相談をされる機会も増えるかもしれません。

悩み事を打ち明けられた時、男子としては「答えを出してあげたい」「結論を見つけられなくて苦しいから話してるんでしょ?」と感じる人が多いですよね。

しかし実は、女子から話した理由は全く違います。

答えや結論を求めているのではなく、本心を吐露する心境としては「共感をしてほしい」と思っているから。

そのため、結論を出そうとアドバイスをすれば「そんなことわかってるよ」と言い出す女子も少なくないでしょう。

こんなすれ違いを起こさないためには、「そうなんだ!それは大変だね!」「え~ひどくない?それ…」と、相槌と共感を混ぜて、気持ちに寄り添ってあげるのがGood。

「でしょ!?そう思うよね!?」と言われれば、共感の相槌成功のサインですよ♪

 

好きな人と付き合うテクニック【告白】

告白をする時は、

  • タイミング
  • シチュエーション
  • セリフ

の3つに気をつけなければなりません。

NOと言われる要素は、できるだけ事前に打ち消す事で成功の確率がアップします。

付き合えない理由としてカウントされそうな欠点や悪い部分は、告白をする前にできる限り無くしておきましょうね!

 

女子の態度でタイミングを見極める

女子は恋愛感情を抱き始めると、必ずと言っていいほど、態度や仕草にそのサインが現れる場合が多いです。

例えば、「○○君と付き合ったら楽しいんだろうな~」と前向きな発言をしたり、「○○君ってどんな子が好きなの?」と恋愛観などについての話題が増える傾向もありますね。

他にも、LINEが向こうからも送られてくるようになったり、普段通りの生活の中にも徐々に良い傾向が見え始めるはずです。

そんな女子のサインを見落とさず、タイミングを見極めれば告白が成功する確率はグンとアップします!

焦って何のサインもないうちから告白をしてしまわないように気を付けてくださいね。

 

告白にとっておきのシチュエーションを選んでおく

女子はロマンチストな人も多く、少女漫画のような恋愛に憧れを抱いているはず。

そこで、告白をするシチュエーションにも十分にこだわりたい所ですね。

高校生の場合、大人のように「夜景がきれいなレストラン」や「ドライブ中」などは難しいでしょう。

しかし、解放感があって季節的にもピッタリな公園があったり、一緒に帰る時にいつも通る話ができるスポットがあったりするはずです。

告白は結果に関わらず、ずっと記憶に残り続けるものです。

素敵な思い出を作るためにも、シチュエーションが良い場所は先に探しておきましょう!

 

セリフは「ストレート」が最適

告白の言葉って何を言えばいいのか迷いますよね。

「君の明るくて良く笑う真っすぐで素直な所に惹かれました」なんて長所を思い浮かぶだけ並べるような言葉を考える人もいるでしょう。

しかし、実際告白をする時には緊張している事もあり、思った通りに行かないケースも多いです。

長所やどこを好きになったのか?は余裕があれば伝えるとして、一番伝えなければなら無いのは「好きです」というストレートな一言ですね。

ズバッと気持ちを伝えられる事により、インパクトもありますし、女子としてもドキッとときめくはず。

まずは「好きです」をしっかり伝える事に集中をして、それが言えてから「付き合ってほしい」という事までしっかり告白するようにしてくださいね!

 

まとめ

高校生 恋愛 片思い男子 付き合う 確率 テクニック

今回は、高校生の恋愛で付き合う確率は何%なのか?や、片思い男子必見の付き合うテクニックについてご紹介をしてきました!

片思いを早く両想いにしたい、と思うとついつい告白に急いでしまう人もいると思います。

しかし女子は、男子が思っているよりも警戒心が強く、良く知らないという理由だけでNOと言われてしまう可能性もあるので要注意。

まずは少しずつ仲良くなることを第一に考えて行動をしていきましょう!

今回はテクニックについてもご紹介してきましたが、好きな女子の好みのタイプなども質問して、理想に近づけるようにアプローチをしてみてくださいね♪