【PR】2021年お金借りるアプリ
今すぐお金を借りることができる銀行スマホアプリ特集

社内恋愛で付き合う前のデートやLINEの適切な頻度は?毎日したらうざい?

社内恋愛 デート 頻度 付き合う前 line 頻度 毎日 うざい

社内恋愛で付き合う前のデート・LINEの適切な頻度とは?毎日したらうざい?という疑問についても詳しく解説していきます!

好きな人と付き合う前の、いわゆる良い雰囲気の時期は、相手との距離感が難しいと感じられる部分がありますよね。

どの程度プライベートに踏み込んでいいのか?どのくらい親しげにして良いのか?など、後から考えると「やりすぎだったかな?」と不安になった経験がある方も多いのでは!?

そこで今回は社内恋愛で付き合う前の相手に対して「デート」や「LINE」はどのくらいの頻度が適切なのか?について解説をしていきます!

本当は毎日したいけど、それってうざい?と疑問に思っている方も是非最後までご覧くださいね♪

社内恋愛で付き合う前の相手に毎日LINEをしたらうざい?

社内恋愛 デート 頻度 付き合う前 line 頻度 毎日 うざい

好きな人に対しては「毎日LINEしたい、できる事なら毎日会いたい」という方は多いですよね。

恋をすれば好きな人を常に感じていたいと思うもの。それは至極当然な事ですよ。

ただ、社会人ともなれば翌日の仕事や予定もありますし、相手が同じ気持ちだとは限りません。

自立している大人であれば、自分で予定を立てて行動をしている人も多く、ペースを乱される事が嫌いな人も多いです。

では、毎日LINEを送る場合、付き合う前の相手はどう感じるのか?について見ていきましょう!

 

温度感に男女差あり!?

性別による思考の違いって、意外と大きいですよね。

特に社会人で仕事がある人ともなると、脳内の優先順位には大きな男女差が生じると言われています。

恋愛をしている男女の脳内の優先順位や占領している割合を比べてみると、

  • 女性 → 恋愛7:仕事1:その他2
  • 男性 → 仕事7:恋愛1:その他2

なのだとか。

優先順位も、女性にとって恋愛は断トツ1番という人も多いのに対し、男性にとっては仕事が1番なのです。

そのため、女性から好きな男性に対してLINEを送る・デートに誘う時には特に注意が必要という事になります。

真逆と言っても過言ではないくらい温度差があるという事ですよね。

個人差はありますが、相手がどう感じているか?をしっかりと汲み取る必要がありますね!

 

毎日LINEが送られてくるとどう思う?

いくら好きな人からとは言え、帰宅直後から就寝前まで、毎日LINEを続けなければならないとなると少々負担に感じられますよね。

それについて、「ウザい」と感じたり「めんどくさい」と思われる可能性は否めません。

面倒な時は返信をしなければ良いはずですが、良い雰囲気の人ともなれば無視も簡単ではなくなりますよね。

その結果、好きという感情が徐々に減っていき、「めんどくさい人」というレッテルが貼られてしまうかも…。

また、付き合う前の言動で付き合ってからの未来を想像している人は多いもの。

そのため、交際前から「こまめにLINEしたい」「返信は早めにほしい」という事をほのめかしていると、交際後も面倒くさそう…感じられてしまいます。

それが原因で交際へ進展できない、となれば残念ですので、失敗しないように注意をしておきましょう。

 

どんなLINEを「うざい」と感じる?

好きな人からのLINEは嬉しいものですし、内容によっては毎日送られてきても「うざい」とは感じないはずです。

ウザいと感じるLINEとウザいと感じないLINEの境界線は「楽しさ」だと言えるでしょう。

送られてきた内容によって、受け取る側が楽しいと感じる事ができれば、それは負担でもなければ無駄な時間にもなりません。

しかし、

  • 「今日も疲れた~仕事がんばったよ~」などの日報LINE
  • 「今日Aさんが・・・」などの愚痴LINE
  • 「もうやだ会社やめたい・・・」などの暗いLINE

こんな内容が毎日送られてきてしまうと、返事をする事を「負担である」と感じてしまうのです。

毎日LINEがしたい、いつも好きな人をそばに感じていたい、と思うのであれば、「相手の負担にならない工夫をすること」が絶対条件ですね!

 

相手がどう感じるか?を考えて送信する

好きな人とLINEをしたいなぁと思ったら、送りたい文章を作成したあと、一度自分で読み返してみましょう。

それを送られてきた側がどう思うか?について考えて、相手が返事をしやすい文章や、面白いと感じられる内容を選ぶ事が大切です。

本当は愚痴を聞いてほしい時や悩みを相談したい時もあると思います。

しかし、最初から暗い雰囲気の文章を送ってしまうと、相手も身構えてしまうはずですので、相手を気遣う姿勢を見せる事も大切です。

話ができそうな雰囲気であれば、本題を送るのもOKですが、あまりにも長く暗い内容が続きそうであれば、会って話を聞いてもらう方が良いかもしれませんね。

 

「うざい」と思われないために心がける事は?

付き合う前の相手にLINEを送って「うざい」と思われてしまうと、そこから恋人へ発展する事が難しくなります。

いずれは付き合って恋人になりたいと思っているのであれば、「相手の負担にならないようにすること」を必ず意識しましょう。

恋人になる人の条件として、

  • 遠慮をしなくて良い
  • 自然体でいられる
  • 負担がない

と居心地の良さを求める人は多いですよね。

そのためには、たかがLINEのやり取りであっても、相手に無理をさせてはいけません。

会話が長くなってしまった時には、「眠くない?」「忙しかったらLINEはまた今度にしよう!」と気遣いをみせる事で、相手はホッとするはずです。

 

なぜLINEをしたのか?を正直に伝えると急接近!?

あまり頻繁にLINEを送るとなると、「邪魔じゃない?」と聞きたくなりますよね。

でもそう聞かれて「邪魔」と答えるような人は珍しいですし、特に恋愛感情が芽生えているような好きな人であれば、尚更思っても言えませんよね。

それよりも、「○○の事考えてたらLINEしたくなっちゃった」と正直に伝えた方が相手はキュンとするはず。

恥ずかしくて言えない!という方は「今何してるかなぁ~と思って!」と少し言い方を変えると言いやすくなりますね。

もはや「これは…告白か!?」と取られてしまいそうなセリフですが、これがきっかけで、気持ちが確信できれば告白→交際と、関係が進展する可能性もありますよ♪

 

社内恋愛で付き合う前のデート・LINEの適切な頻度は週何回?

社内恋愛 デート 頻度 付き合う前 line 頻度 毎日 うざい

本当は毎日LINEしたいけど、うざいと思われたくない…と不安を感じる方は、頻度を調節して、相手の負担にならないようにすると良いですね。

ただ、どのくらいの頻度にすれば面倒・うざいと思われないのか?というのは、人それぞれの価値観によると言えます。

そのため、確実な頻度の目安は存在しないのが、難しい部分ですよね。

本当なら相手に聞いて確かめるのが確実ですが、それができない方は、一般的な良識と相手の反応で見極めるのがオススメ。

男女による価値観の違いなどもありますので、順番に見ていきましょう!

 

どのくらいの頻度でデートの誘い・LINEが来ると嬉しい?

デートに誘われたり、LINEが送られてくる事自体は本来はとても嬉しい事。

それも良い雰囲気の状況にある異性からであれば、尚更喜ぶところですよね。

しかし、あまりにもしつこいと感じてしまったり、なんどもタイミングが悪い事が重なると心から喜べなくなってしまいます。

そうならないためにも、相手に心から喜んでドキドキしてもらえる頻度というのはマスターしておきたい所ですね!

嬉しいと感じてもらえた方が、LINEのやり取りやデートをしている最中も楽しいはずですので、相手のペースを感じとる努力をしましょう!

 

相手が男性の場合

社内恋愛で付き合う前の男性に対して、女性からデートに誘ったりLINEを送ったりする場合には、

  • LINE → 1週間に1~2度
  • デートの誘い → 2~3週間に1度

くらいのペースが基本と考えましょう。

まず毎日LINEをすると社会人の彼のプライベートな時間を邪魔してしまう事になります。

また男性の中には、女性ほどLINEのような文字でのコミュニケーションを求めていない人も多いので、付き合ってからもこんなにもLINEを強要されるのか…と思われてしまうと、恋愛感情が冷めてしまう可能性もありますよね。

そうならないためにも、できるだけ相手に気を使える事をアピールしておきましょう。

もし毎日のようにLINEを送りたいという場合には、相手の反応をみつつ、あまり遅い時間まで引き延ばさないようにしましょう。

デートは毎週誘ってしまうと、彼が本当にやりたいと思っていることを妨げてしまうかも。

1週間前に「来週どこかに食事に行かない?」と誘うとスムーズでしょう。

 

相手が女性の場合

社内恋愛で付き合う前の女性に対して、男性からデートに誘ったりLINEを送ったりする場合には、

  • LINE → 2~3日に1回
  • デートの誘い → 2~3週間に1度

くらいのペースを基準にしましょう。

女性は男性に比べてLINEなどを好む傾向があり、こまめにLINEをくれる男性の事を「マメ」だと判断する場合が多いです。

また、女性は恋愛体質な人も多く、恋愛感情を抱いている男性からであれば毎日LINEが来るとしても嬉しいはず。

できるだけこまめに「今何してるの~?」など、女性とコミュニケーションをとると良いでしょう。

デートに誘う頻度は特に男女差はないと考えられますが、あまりにも何度も続けて断られる場合には、一度期間をあけてから誘ってみると良いですよ。

何か理由がある可能性がありますし、毎回断るのは女性としても心苦しいはずですので、配慮してあげましょう。

 

頻度よりも重要なポイントとは?

社内恋愛で付き合う前の好きな人をデートに誘ったり、LINEを送ったりする場合に、実は頻度よりも重要となるポイントがあります。

それが「タイミング」です。

タイミングが良ければ毎日であってもしつこい、ウザい、めんどう、というネガティブな事は感じられません。

しかし逆にタイミングが悪ければ、どんなに頻度を少なくしていても、配慮に欠ける・気が使えない人と思われてしまう可能性があります。

特に社内恋愛という社会人同士の恋愛であれば、この「タイミング」は非常に大切になりますので、注意しましょう!

 

相手が忙しい時は控える

同じ会社に勤めている特権とも言えますが、別々の会社に勤めているよりも相手の予定を把握しやすいという方も多いと思います。

翌日大事な会議がある、来週は出張、と忙しい日が分かっているのであれば、その前日の夜にLINEをしたり食事に誘うべきではありませんね。

集中させてあげられるように、その時期には少し我慢をして、落ち着くタイミングを待つのが◎。

1つのプロジェクトが終了した、プレゼンが通った!というタイミングでは、打ち上げのように食事に誘ったり、お疲れ様でした!と労うLINEを送ると良いでしょう。

相手の行動をさりげなく把握して、それに合わせると失敗するリスクがありませんね!

 

相手の変化を見落とさない!

会社の中で顔を合わせると、ゆっくりと会話する時間はなくても、相手の変化に気付く場合がありますよね。

例えば、落ち込んでいる・悩んでいる、など元気が無いように見える時には話を聞いてほしいタイミングかもしれません。

他にも「今日怒られてたなぁ」「失敗しちゃって落ち込んでるんじゃないかな…」という社内の出来事が見えるのも社内恋愛の良い部分ですね。

ただ、「今日怒られてたね?」と気持ちを逆撫でたりデリカシーのない発言はNG。

何気なく、その話には触れずにLINEやデートに誘って、楽しい話で笑わせてあげるつもりで臨むのが良いですよ♪

 

まとめ

社内恋愛 デート 頻度 付き合う前 line 頻度 毎日 うざい

今回は、社内恋愛で付き合う前のデート・LINEの適切な頻度とは?毎日したらうざい?という疑問についてご紹介をしてきましたが、いかがでしたか?

同じ会社とは言っても、仕事中にプライベートな会話はできませんし、意外と接点は無かったりしますよね。

そんな時プライベートな時間に会話がしたいと感じる方は多いと思いますが、相手の意志を尊重し、無理をさせない事を心がけましょう。

交際へと発展した後も、負担がない・一緒にいて楽な関係の方が長続きするはずですので、相手がどんなタイプの人かをしっかりと見極めると良いですね♪

どうしてもLINEしたい、会いたいという時には素直に気持ちを伝えて、アプローチしちゃいましょう~!!