【PR】2021年お金借りるアプリ
今すぐお金を借りることができる銀行スマホアプリ特集

LINEでの中学生テスト前に好きな人への話しかけ方&注意点

テスト前 line 好きな人 中学生 話しかけ方

中学生のテスト前に好きな人へLINEを送る時の注意点や、上手な話しかけ方についてご紹介をしていきます!

テスト前は、普段よりもみんながピリピリとした空気に変わっていきますよね。

勉強しなくちゃいけないというストレスや、悪い点数を取ったらまずいという危機感から、普段通りの生活を送れない人も多いはず。

そんな時に好きな人へLINEを送る事は迷惑?と頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、中学生のテスト前の時期に好きな人へLINEを送る時の注意点や、話しかけ方について詳しく解説をしていきます。

相手の迷惑や邪魔にならないようにLINEを送りたいと思っている人はぜひ参考にしてみてくださいね♪

中学生のテスト前に好きな人へLINEを送る時の注意点は?

テスト前 line 好きな人 中学生 話しかけ方

テスト前の時期は、いつも以上に勉強を頑張らなければいけないストレスや、テストで悪い点数をとれないというプレッシャーでイライラしがちですよね。

普段は明るくて優しい雰囲気の人であっても、テスト前だけは雰囲気が変わるという事も珍しくありません。

そんな人に対してLINEを送るとなると、普段よりも数倍慎重にならなければなりません。

好きな人へLINEをしたいという気持ちはわかりますが、好きな人の事もしっかりと考えてあげなければ嫌われてしまう可能性だってありますよ。

あなたは好きな人の事を意識していたとしても、相手は、LINEよりも勉強やテストを重視している可能性がある事は念頭に置いて忘れないようにしておきましょう。

「迷惑」「ウザい」などのネガティブな印象を持たれないように、できる限りの配慮は行うようにしてみてくださいね。

 

テスト前は好きな人へLINEを送るべきではない?

好きな人へLINEをしたいと思っても、テスト前に送るのは迷惑かな?邪魔にならないかな?と思いますよね。

テスト勉強にどれほど真剣に取り組んでいるかは人により違いはあるものの、高校への進学を目指す人なら誰でも少なからず気にしているはずです。

普段自宅では勉強していないという人も、テスト前だけは例外という人も多く、そこにLINEを送れば「邪魔」と感じる人もいるでしょう。

しかし、テスト前=LINEをしてはいけない期間というわけではありません。

内容やタイミングには十分に配慮をしてLINEを送れば、勉強の休憩中などに返信をくれたり、それが良い息抜きになるという人もいますよ!

相手がどう感じているかを見極めて、迷惑にならないように気を遣う事を忘れずにLINEを送るようにしましょう♪

 

LINEを送る時は「一言」にする

まず、テスト前の好きな人にLINEを送る時は、いつも通りダラダラと他愛のない会話をするためのLINEは避けましょう。

用件を見つけて、完結に一言で送るのがオススメです。

例えば、質問があるのであれば質問だけを送って、返事をしやすくしてあげるのが良いですね。

めんどくさい、邪魔くさいと思われない為には、できるだけ短く用件だけを送るのが相手への気遣いとしては最適です。

返信に対して無理やり会話を続けるような事はせず、短いやり取りで終了させるようにするのが失敗しないコツですよ♪

 

今じゃなくて良いLINEは避ける

あえてテスト前の時期に送らなくても良い内容であれば、時期をずらすのが良いでしょう。

例えば、「こないだ借りたCD明日学校に持っていくね~」という、普段なら問題がないLINEであっても、テスト前のピリピリした空気の中にはふさわしくありません。

逆の立場になって考えた時に「そんなこと今度でいいじゃん!」と思うような内容はテスト前には送らない方が良いですね。

普段は温厚な人であっても、テスト前の神経質な時は、表情が違って見える場合があります。

お互いが嫌な気持ちにならない為にも、テスト前に送らなくても良い内容は、落ち着いてからLINEするのがオススメです。

 

LINEの頻度は少な目が鉄則!

普段からLINEをしている人の場合は、1週間のうちに何度もやり取りをしている場合もあるでしょう。

しかし、テスト前の期間だけは別物として考えてみてください。

1度「しつこい」という印象を持たれてしまうと、それを払拭するのは大変な作業となります。

そういったネガティブなイメージを持たれる前に、リスクは最大限に減らしておく方が、テストが終わった後の関係を考えてみてもスムーズでしょう。

だからこそ、いつもよりも頻度を減らして、返信のタイミングにも気を遣うのがオススメです。

 

頻度は「返信スピード」で調節する?

返信のスピードは、個人差もありますし、LINEが来たらすぐに開く人とそうでない人もいます。

そのため、早い人であれば送信した直後に既読になり、1~2分の間に返信が来ますし、遅い人であれば、数時間後・翌日という人もいます。

返信スピードはどのくらいが良いという決まりはありませんし、人それぞれ心地よいと感じるスピードがありますが、オススメは、相手からの返信に時間を合わせるという方法です。

例えば、あなたから送ったLINEに対しての返信が来たのが2時間後だった場合、さらに2時間後にあなたから相手に返信を送信します。

そうする事で早すぎる・遅すぎると感じられる可能性は減るでしょう。

特に、相手からのLINEにすぐに返信をしてしまうと、早すぎる事で「しつこい」と感じられるリスクもあるため、テスト前などの忙しい時には返信スピードを意識的に遅くして、ゆっくりラリーをしていくのがオススメですよ。

 

無視されても追撃は厳禁!

テスト前ともなると、「LINEなんてしている場合じゃない!」と切羽詰まっている人もいるはずです。

特にクラスメイトに負けたくない!とプライドを持っている人は、ライバルに差をつけようとLINEにも応じず、ひたすら勉強しているという事もあるでしょう。

もしも、タイミング悪くあなたがそこにLINEを送ってしまうと、既読無視や未読無視をされてしまう可能性があります。

好きな人に無視をされるのはショックな事ですし、できれば返信が欲しいと思うのが当然です。

でも、相手は勉強を優先していて、LINEの返信は後で良いと感じているのです。

そこに「どうして返信くれないの?」などと追撃をしてしまうと、あなたの印象は最悪になり、テストが終わった後もそのひどい印象だけが残ってしまう事になります。

少し寂しいかもしれませんが、テストが終わったら元通りの好きな人に戻ってくれるはずです。

万が一無視をされてしまったら、追撃はせず、おとなしくLINEが再開されるのを待ちましょう。

 

タイムラインやひとことをチェックする

LINEには、画像などを付けて発信できる「タイムライン」という機能や、プロフィールの名前と一緒に表示ができる「ひとこと」という機能があります。

テスト前などのタイミングでLINEを控えたい場合に、上記の機能を使って「LINE放置中」「テスト期間中LINE見ません」などと書く人もいるようです。

あらかじめ「LINEをくれても返信しないけど悪く思わないでね」という事を公言しているようなものですね。

もし好きな人のLINEにこれらが表示されている場合には、送る事自体迷惑と取られる可能性がありますので、送信前にはチェックしてみてください。

LINEを見ないような事が書かれている場合には、送信を控えるのが良いですよ。

 

中学生テスト前・迷惑と思われない好きな人へのLINEの話しかけ方とは?

テスト前 line 好きな人 中学生 話しかけ方

では、テスト前の時期に、好きな人へLINEを送る時はどのようにして話しかけるのがスムーズなのか?について見ていきましょう。

普段からたくさんLINEをしているのか?テスト何日前なのか?などの状況にもよって、スムーズな話しかけ方というのは異なります。

しかし、教室で友達がたくさんいる中で話かけるよりも、1対1のトークで話しかける方が話しかけやすいというのは事実ですよね。

これをきっかけにして、今以上にLINEができる関係性になるためにも、上手にアプローチを開始していきましょう!

テスト前は相手が神経質になってピリピリしている場合もありますので、そんな時は無理してLINEを送らず距離を保つ事も大切ですよ。

 

テストまで1週間以上前の場合

1週間以上の時間が空いていると、まだそれほど勉強にも本腰を入れていないという人も多いですよね。

ただ「もうすぐテストだなぁ~」という思いはあるため、勉強しなくちゃいけないとは思っている状況でしょう。

実は、このタイミングが一番話しかけやすいタイミングと言う事も出来ます。

テストから1週間以上前の時期はテストの話でLINEが盛り上がりやすく、スムーズにやり取りできる時期でもありますので、勇気を出してLINEを送ってみましょう!

 

テストを口実にする

テスト勉強を味方につけて、LINEの話題にしてしまうのもオススメです。

「A君って数学得意だよね?教えてほしい所あるんだけど!」というように、質問や相談を持ち掛けてみましょう。

テスト勉強を口実にできれば、自然とLINEをする口実を作れるだけでなく、相手に返信をしなければならないという気持ちを与える事が出来ます。

また、翌日学校であった時も、「昨日はありがとう、助かったよ~」と、自然に話すきっかけにもなってくれますので、テスト勉強を口実に話しかけてみてくださいね♪

 

一緒にテスト勉強をしようと誘う

「Bちゃんって英語得意だよね?苦手だから教えてほしい」というようにLINEで勉強を教えてほしいと誘ってみるのも良いでしょう。

LINEで長々とやり取りを続けるよりも、早く話が進む上に、相手も勉強をしている気持ちになれるため、テスト勉強に誘う事はとても効率が良いと言えます。

ただし、勉強したい科目が違う場合や、あまりにも学力に差がある場合には断られてしまう可能性もあるため、じっくり見極めて計画を練ってみてくださいね。

 

テストが終わった後の計画をする

テストは誰にとっても憂鬱で面倒なものです。

どんなに勉強が得意な人であっても、テストが大好き!という人はほとんどいないでしょう。

そこで、「○○のアイスが食べたいんだけど、テストが終わったら一緒に食べに行かない?」というように誘ってみるのも効果的。

「点数が悪かった方のおごりで!」とゲーム感覚にしてしまえば、さらにやる気がアップするかも♪

目標や終わった後のご褒美がある事で2人とも勉強に意欲的になる上に、一緒に努力をしている感覚になれるため、とてもオススメですよ。

 

テストまで1週間以内の場合

テストまで1週間をきると、いよいよ緊張感も高まり、勉強にも熱が入ります。

その時期は、不要なLINEは控えて勉強に集中させてあげるようにしましょう。

でも、普段は1週間全くLINEしない事がない場合には、全くLINEをしないのも不自然になる事がありますよね。

そんな時は短く、簡単にLINEをしてみるのがオススメです。

相手の返信が遅い場合や、勉強している事がわかる場合には邪魔にならないように、遠慮する事も大切です。

 

思いやり・労う言葉をかける

勉強は自分自身のためとは言え、頑張っている事を褒められると嬉しくなるはずです。

この時大切になるのは、絶対に前向きで明るいLINEを送る事。

「勉強やだ~めんどくさい~」とネガティブな内容が送られてくるよりも、「A君はいつも頑張っててすごいなぁ。私も頑張るね!」というように前向きな内容が送られてきた方が気持ちが良いですよね。

「絶対負けないからね!」といった言葉はお互いのやる気を出す効果もあります。

一緒に壁に向かっている気持ちにもなれて、苦しい気持ちも共感できますよね。その結果、テストが終わった後にお互いを褒め合う事もできますよ♪

 

他人事にならないように声をかける

「頑張ってね!」という言葉は、一見応援しているように見えますが、一歩見かたを変えると他人事です。

テストを受けるのはあなたも同じはずなのに、どこか違和感を感じますよね。

また、「頑張って」という言葉はプレッシャーとして感じる人もいるので注意が必要なのです。

そこでオススメなのが「お互い」という言葉を付ける事。

「お互い全力を尽くそう!」と言われると、一緒に頑張ろうという意味に聞こえますよね。

さらに、ふと思い出した時に「あの人も頑張っているから自分も頑張らなくちゃ」と思えるようになるはずです。

伝えたい意味は同じでも言い方ひとつで受け取り方は大きく変わりますので、神経質になっているテスト前の時期だからこそ、一言一言を大切に送るようにしてみてくださいね!

 

まとめ

テスト前 line 好きな人 中学生 話しかけ方

今回は、中学生のテスト前に好きな人へLINEを送る時の注意点や、上手な話しかけ方についてご紹介してきました。

テスト前のLINEは人により応じ方や考え方が変わりますので、相手の反応を見極める事が大切になります。

もし上記でご紹介したような方法でコミュニケーションを取ろうとしても、迷惑そうな対応をされる事があれば、テストが終わるまでLINEは控えめにするのが良いでしょう。

落ち着いてから会話をした方がお互い気持ちよくコミュニケーションが取れるはずですよ♪

無理をして嫌われてしまうような事がないように、慎重に判断をして、相手の反応を見ながらLINEを送ってみてくださいね!