多様な借り入れ・返済方法で無理のない借り入れ計画を!三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」

急な出費・一時的な支払いのためにカードローンを利用したいけれど、

「利息や手数料が高そう…」

「返済を忘れないか心配…」

「そもそもカードローンを使うこと自体に不安を感じる…!」

という方は多いかもしれません。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、三菱UFJ銀行の提供するカードローン「バンクイック」。

借り入れ・返済ともに全国のATMを使えて便利なだけでなく、返済サポートやシミュレーションなどの制度も充実しており、より安心して利用できる優れものです。

今日は、そんな三菱UFJ銀行「バンクイック」について詳しくご紹介していきたいと思います。

三菱UFJ銀行「バンクイック」の基本的な特徴

まずは、バンクイックの基本的なサービス内容を確認していきたいと思います。

つかんでおくべきバンクイックの特徴は以下の6つ、

  1. 三菱UFJ銀行の口座が無くても申し込みが可能
  2. インターネットからなら24時間いつでも申し込み可能
  3. 金利は年1.8~14.6%と比較的抑えめ
  4. 10万円~最高500万円の利用限度額でさまざまな状況に対応
  5. 全国の三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行などの提携コンビニATMで利用可能
  6. 提携ATM利用手数料や入会金・年会費は一切不要

1.三菱UFJ銀行の口座が無くても申し込みが可能

カードローン「バンクイック」は、三菱UFJ銀行の口座が無い場合でも申し込んでサービスを利用することができます。

また、バンクイックの申し込み時に口座を作らなければいけないというわけでもありません。

バンクイックによる借り入れや返済には全国の三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行などの提携コンビニATMで利用することができるので別途口座を作る必要性はありません。

カードローンは利用したいけれど口座を作る手続きは面倒なので要らない、という方にピッタリな設計といえます。

もちろん、三菱UFJ銀行の口座があれば借り入れ・返済に口座振込サービスが利用できより便利にカードローンを使えるという利点が、そして申し込みに合わせて口座を作ることもできるので自分の返済計画や生活スタイルに合わせて口座を作るかどうか選択しましょう。

2.インターネットからなら24時間いつでも申し込み可能

バンクイックの利用申し込みはインターネットから簡単にでき、しかも24時間受け付けています。

カードローンを使いたいけれど、銀行の窓口に行ったり書類を手書きして郵送したりする時間はない…という方でも、バンクイックならインターネットでいつでもどこでも申し込みができるので便利。

本人確認書類や収入証明書などの提出も画像データのアップロードだけで完了します。

相談・サポートを受けながら申し込みをしたい場合には、電話やATMのテレビ窓口での申し込みという選択肢もあります。

申し込みの時点から利用者の事情に最大限寄り添ってくれるカードローンサービスといえるでしょう。

3.金利は年1.8~年14.6%と比較的抑えめ

バンクイックの金利は、利用限度額によって年1.8~年14.6%の間で設定されています。

利用限度額によって金利は大きく変わってくるものの、大手消費者金融の金利と比べると全体として抑えめの金利設定です。

下の表では利用限度額に対して幅のある金利設定がされており、審査次第ではより低い金利で融資を受けられる可能性もあり、特に500万円以下~400万円超の非事業性の借り入れでの金利最低1.8%はかなり低い金利といえるでしょう。

なお、金融情勢などによって金利は変わる可能性が大いにあるので、最新の金利は窓口等で確認するのが安心です。

バンクイック 利用限度額と金利

利用限度額借り入れ利率
500万円以下400万円超年1.8~年6.1%
400万円以下300万円超年6.1~年7.6%
300万円以下200万円超年7.6~年10.6%
200万円以下100万円超年10.6~年13.6%
100万円以下10万円以下年13.6~年14.6%

4.10万円~最高500万円の利用限度額でさまざまな状況に対応

バンクイックの利用限度額は10万円から最高500万円までと決められています。

日々の支払いにはもちろん、急な転勤による引っ越し資金や突然の入院・通院代、冠婚葬祭や家電の買い替えといった「突発的な支払い」にも対応できる金額設定です。

事業性資金でなければ用途も特に限定されていないので、あらゆる場面で活躍してくれます。

50万円を超える利用には収入証明書の提出が必要なものの、いざというときの資金として大いに役立ってくれるでしょう。

5.全国の三菱UFJ銀行・セブン銀行・ローソン銀行などの提携コンビニATMで利用可

バンクイックが選ばれる理由の1つが、全国の三菱UFJ銀行などのATMで借り入れ・返済の手続きができるという便利さにあります。

三菱UFJ銀行だけでなくセブン銀行やローソン銀行・イーネットのATMで借り入れ・返済ができるようになっており、かなり利便性が高いカードローンです。

借り入れ・返済の際はATMの利用手数料や時間外手数料がかからないので、無駄なコストを削減しながら利用することが可能に、便利さ・コスパの面からもおすすめできるカードローンです。

6.入会金・年会費も一切不要

バンクイックの利用に会費はかかるのでしょうか?

より低コストで借り入れをしたい場合にはこういった細かい費用についても確認しておきたいところです。

結論から言うと、クレジットカード等とは異なり、バンクイックの利用する際には入会金や年会費といった費用は一切かかりません。

思わぬ形での出費がありませんので安心して制度を利用することができます。

バンクイックなら借り入れ方法が選べる!

ここからは、バンクイックの仕組みについてより詳しいところを見ていきましょう。

まず、バンクイックならではのサービスとして評価できるのが借り入れ方法を2種類から選べるという点で、具体的にはATMから引き出すという形での借り入れと、口座への振り込みによる借り入れの2つに分けられます。

ATMを利用した借り入れの場合、1,000円単位で引き出しができるというのが大きなメリットの1つ。

その他、ATMから引き出す形で現金を手に入れられるので、すぐに手元に現金が欲しい場合にも活躍するでしょう。

口座への振り込みによる借り入れを選択した場合は、三菱UFJ銀行の普通預金口座へ借り入れ金額を入金してもらうことができます。

口座振り込みによる借り入れなら現金を持ち歩く必要がないので、防犯面も安心です。

三菱UFJ銀行の口座がない場合も、スマートフォンアプリ「スマート口座開設」を使用し最短1営業日で口座開設が簡単にできます。

返済方法も3つの選択肢から選択可能

バンクイックの返済方法は、状況やシーンに合わせて3つの返済方法が用意されておりそれぞれ好きな返済方法を選ぶことができます。

  1. 自動支払い(口座引き落とし)による返済
  2. ATMでの返済
  3. 振り込みによる返済

1.自動支払い(口座引き落とし)による返済

三菱UFJ銀行の普通預金の口座を持っていれば、口座からの自動引き落としで毎月の返済ができます。

毎月自動で引き落としされるので、返済のし忘れがなく安心。

利用申し込みはとても簡単で、カード発行時に「自動支払依頼書」に記入して捺印し、三菱UFJ銀行の第二リテールアカウント支店に郵送するだけです。

自動支払依頼書到着後1週間ほどで登録が完了され、自動引き落としによる返済が開始されます。

毎月の返済し忘れをできる限り防ぎたい人、毎月の返済の手間を減らしたい人におすすめの返済方法です。

2.ATMでの返済

三菱UFJ銀行やセブン銀行、ローソン銀行やイーネットのATMを使えば返済日に関係なくいつでも返済が可能です。

しかもATMの利用手数料や時間外手数料もかかりません。

手順は銀行によって多少変わってくるものの、

  • 「預け入れ」ボタンを押してバンクイックカードを挿入し現金を投入する
  • バンクイックカードを挿入して「ご返済」ボタンを押し現金を投入する

など簡単な操作で返済ができます。

ATMでの返済が利用できる時間帯は0:10~23:50で、毎週月曜日の1:00~5:00、毎月第2土曜日の21:00~翌朝7:00は除かれます。

3.振り込みによる返済

三菱UFJ銀行のインターネットバンキングサービス、「三菱UFJダイレクト」を使えばインターネット経由で返済をすることも可能です。

三菱UFJ銀行の口座を持っていない人も、口座の申し込みとともに三菱UFJダイレクトの申し込みもできるためすぐに使用を開始することができます。

三菱UFJダイレクトは便利なだけではなく、ワンタイムパスワードを使用した本人確認など第三者の不正アクセスを防ぐためのセキュリティー対策がしっかりされており安心して利用できます。

バンクイックには返済をサポートしてくれる制度が充実

急な出費のためいざ借りたはいいものの、毎回の返済を忘れてしまったり、そもそも返せない金額を借りてしまったりしては意味がありません。

そういった状況を回避するため、バンクイックには返済をサポートしてくれる機能や仕組みが充実しています。

下記のようなサポートをフル活用することで、借り入れによるトラブルをかなりの程度予防することができます。

  1. 返済期日を2種類のうちから選べる!
  2. 返済期日の3営業日前にEメールでお知らせ!
  3. 事前の簡易診断や簡易シミュレーションで適切な借り入れ金額を実現

1.返済期日を2種類のうちから選べる!

バンクイックの返済期日には2種類があり、より自分に合った期日で返済をしていくことができます。

指定がない場合にデフォルトで設定されるのが、35日ごとに返済をしていくという方法です。

この返済期日を選択した場合、初回の返済については借り入れ翌日から35日以内に、2回目以降は直近の返済から35日以内、というように35日ごとに返済をしていくことになります。

35日ごと返済では自動引き落としによる返済ができず、ATMからの返済になるため一見面倒な手続きにも思えますが、返済期日を自分である程度操作できるという利点があるため、毎月の収入が不定期な方は返済スケジュールをしっかり管理することで返済の負担を減らせる可能性があります。

もう1つの返済期日は、毎月の指定日に返済していくという方法です。

給料日やカードの引き落とし日などから見て自分にとって都合の良い日を指定し、毎月その日にATM返済をしていきます。

こちらは毎月の返済日が決まっている分返済スケジュールを操作することはできませんが、返済日を忘れにくい返済の計画を立てやすいというメリットがあります。

毎月まとまった収入のあるサラリーマンの方などは、毎月指定日による返済の方が合っている場合が多いでしょう。

2.返済期日の3営業日前にEメールでお知らせ!

バンクイックでは、Eメールを登録すると返済期日の3営業日前に返済日を配信してくれるというサービスを行っています。

また、万が一返済日での返済を忘れてしまっても、翌営業日に再度メールでの通知が来ますのでその時点でATM返済をすることができます。

その他、カードの利用に関する便利なサービスについてもEメールで配信されるのでぜひ登録するのがいいでしょう。

返済管理のため、ぜひ活用したい機能です。

3.事前の簡易診断や簡易シミュレーションで適切な借り入れ金額を実現

適切な借り入れ・返済のためには、借り入れる前に金額や借り入れ年数・利率等についてきちんと調べて検討することが大切。

三菱UFJ銀行のホームページでは、そもそもバンクイックの借り入れを利用できるのかという事前診断や借り入れ返済のシミュレーションを簡単に行うことが可能になっています。

事前診断では、自分の年齢や性別・他社での借り入れ状況を入力するだけで、その人が借り入れをできるのかが診断されます。

基本的にはアルバイト・パートなどでも定期収入があれば、借り入れ可能と診断されます。

また、借り入れ・返済シミュレーションでは、借り入れ金額と借り入れ年数・利率を入力して毎月の返済金額を算出することが可能です。

借り入れ金額と毎月の返済金額から借り入れ年数と全体の支払金額を割り出すこともできるので、自分がいくら必要で毎月いくら返せるのかといった視点から借り入れ金額を検討することもできます。

毎月の返済金額が少なかったり借り入れ年数が長かったりすると思った以上に利息部分が多くなってしまうので、ぜひ借り入れる前にシミュレーションをしてみてください。

バンクイック、よくある質問集

最後に、バンクイックの制度や利用について皆さんが特に疑問を持ちやすい点をご紹介します。

申し込み・契約時に自宅や勤務先へ書類は送られてくる?

テレビ窓口でのカード受け取りを選択した場合、自宅や勤務先への書類の郵送はありません。

郵送での契約・カードの受け取りを選択した場合は、自宅へ書類が送られます。

借り入れ金額の残高照会はどこでできる?

インターネットで会員ページにログイン後、「ご利用残高照会」を選ぶことで借り入れ残高を確認することができます。

その他、三菱UFJ銀行やセブン銀行・ローソン銀行ATMで残高照会ボタンを押す、専用ダイヤル(0120-76-5919、第二リテールアカウント支店)に電話をして音声ガイダンスに従うといった方法でも残高が確認できます。

一括返済することは可能?

バンクイックでは、まとまった金額を返済したり、残高の金額全てを一括返済したりといった返済が可能です。

残高全てを一括返済する場合は、利息などで毎日返済金額が変わってしまうので、必ず会員ページまたは電話等でその日の残高を確認してから返済するようにしましょう。

全額が返済できない場合でも、返済を早めれば早めるほど支払う利息を少なくできますので、まとまった金額を一括返済するのはおすすめです。

契約に収入証明書は必要?

50万円を超える利用限度額で申し込みをする場合は、収入証明書のコピーを提出する必要があります。

サラリーマンの方は直近の源泉徴収票や住民税決定通知書、個人事業主の方は納税証明書や確定申告書の第1表・第2表のいずれかを提出します。

50万円を超えなければ、本人確認書類だけでの申し込みが可能です。

その場合は運転免許証・健康保険証・パスポート・マイナンバーカードなどの中から2種類の書類を選び画像データをアップロードします。

まとめ

今日は、三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」について制度の内容や特徴、利用方法等について紹介しました。

急な入院や冠婚葬祭・引っ越しといった突発的な出費の他、今必要な自分への投資など様々な用途に使えるバンクイック。

事前の診断やシミュレーション、Eメールによる通知などを利用すれば、無理のない金額を借りて人生を豊かにすることができるはずなのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか?

絞り込み検索

絞り込み検索